ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

女子サッカー オランダ代表

FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015のベスト16が出そろいました。
なでしこは24日にオランダと対戦となりました。
また、スウェーデンも生き残り、ドイツと対戦です。

日本の対戦相手のオランダ。
グループリーグ 初戦 ニュージーランド 1-0で勝利、次の試合、中国に試合終了間際に得点され0-1、そして、主催国カナダとの試合では-終了間際の87分に得点をあげて1-1の引き分けに持ち込み、勝ち点4、グループでは得失点差で3位ながらも、ベスト16に進みました。

下は、カナダ戦での得点シーンです。

11108663_1613897828894714_7546053322336523654_n_convert_20150619100019.jpg




出典 http://www.theglobeandmail.com/sports/soccer/canada-battles-netherlands-at-fifa-womens-world-cup/article24973400/

この選手、Kirstenは語学学校のクラスメートでした。
彼女の試合は何度か見に行きましたが、その時のブログのひとつはこちら


IMG_8648_convert_20150619095651.jpg

Tyreso在籍時のKirstenのプレー

彼女は現在はマルメのチーム、FCローセンゴード所属ですが、以前はストックホルム南部のチームTyresoでプレーしていました。その破産して消滅したTyresoは、世界各国の代表選手をかき集めた野心的なチームで、ブラジル、スペイン、アメリカ、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク代表などがプレーしておりました。彼女たちは今大会でも各国の主力として活躍しております。
レベルの高い試合を観戦し、その後近くのスポーツバーで彼女とスペイン代表の9番の選手と一緒に会食するというような今思えばすばらしい機会に恵まれておりました。スウェーデン女子サッカーリーグのレベルは高く、Tyresoは去年の女子チャンピオンズリーグ決勝まで進みました。ドイツのエースもスウェーデンの去年の優勝チーム、FCローセンゴードでKirstenやブラジル代表マルタとプレーしております。日本元代表MF山口麻美選手がチャレンジしたリーグでもあります。ちなみにKirstenと山口選手はフロリダ州立大学でともにプレーしておりました。
Kirstenはオランダ代表11年目のベテランで、国際試合デビューは2004年の日本戦。この10年ずっと主力で背番号8もしくは7をつけて、チームを引っ張ってきました。大柄で突破力、突進力のあるウイングそしてアタッカーです。この大会では背番号19のサブとしてプレーしていたのですが、カナダ戦の後半72分に出場、87分に同点ゴールを挙げて、オランダの3位グループでの決勝トーナメント進出を決定づけました。最近は故障がちで苦労も多かったみたいですが、一躍オランダの救世主になった彼女を祝福したいと思います。
朝のテレビのスポーツニュースでもゴールが報道されていたとショートメールで教えたら喜んでいました。

ちなみにオランダ代表は、2013年の女子ユーロでは、優勝国ドイツを後一歩まで追い詰めて結局引き分けでした。決定的なチャンスがあり、それを決めていたら勝っていた試合でした。その試合ではKirstenは大活躍でした。今大会、中盤でのディフェンスが甘いところがあり、他のブログでも紹介されてましたが、シュートまで持ち込まれる回数が多いです。中国戦も個人技でやられてました。しかし、攻撃力、カウンターは素晴らしいものがあります。日本のディフェンスは注意が必要でしょう。そして、失点も3試合で2点。日本攻撃陣にとっても楽な相手とは思えません。

という感じで 日本対オランダ戦、目が離せません。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

マルメ優勝 など

以前こちらで紹介したマルメが今年のスウェーデンサッカーリーグ1部の優勝チームとなった。これで17回目の優勝で、18回のヨーテボリにあと1回で並ぶ。
ただ、ヨーロッパの中での位置というと、だいたいスウェーデンの優勝チームでもUEFACLのプレーオフ、国内優勝チーム予選で消えるのであるが。スウェーデンリーグの優秀な選手はオランダなどに飛び出し、そこからステップアップする。そう、マルメ出身のズラタンイブラヒモビッチのコースはまさに、スウェーデンーオランダーイタリアースペインーイタリアーフランス、と絵にかいたようなエリートコースそして給料も爆上げ。スウェーデンのチームの給料は大したことないし、税金高いしね。
なにはともあれ、優勝おめでとうございます。2位はストックホルムのAIK.今年は夏前は積極的に見に行っていたのですが、夏休み後は女子リーグだけ観戦となりました。

U-17の大会で、スウェーデンが日本を破りました。こちらでもゴールシーンや試合後のインタビューは流れてました。

この時期、サッカーといえばやはりUEFA CL.ヨーロッパの強いチームの対戦はやはりどきどきしますね。後は、こちらのスポーツバーではイングランドプレミアリーグ、ドイツブンデスリーガ、スペインリーグが流れるのですが、先週末はクラシコ、バルセロナ対レアルマドリッドを観戦。バーは満員でした。というか、それしか楽しみがないんだよね。

日曜日に夏時間から冬時間になり、夕方5時には真っ暗となりました。そして日没時間はこれから冬至までどんどんはやくなります。スウェーデン北部では雪景色みたいですがまだこちらは降ってません。同僚はウインタータイヤに履き替えるため仕事を抜け出しました。

スウェーデン南部は昨日は暴風雨でかなりの被害があったそうですが、首都圏は大雨だけで済んだみたいです。私も傘を忘れ、帰宅時にずぶ濡れになりました。

テレビのニュースは、アメリカの盗聴、中国のテロなどが流れてます。

後、小学校のトイレなどが汚い、というような報道を最近よくみます。
映像ではまじで汚いトイレが映ってました。
業者が手抜きなのと、子供が汚く使うからでしょう。
子供たち自身で掃除する、ということはあまりないみたいです。(してるところもあるみたいですが。)
自分が日本で小学校中学校高校とトイレ掃除当番ありましたけどね。
ま、国が違えば学校での子供の扱いも変わりますからね。何がいいかはおいといて。

PageTop

スウェーデンサッカーリーグ2部 Hammarby IF vs Varberg

6月10日

スウェーデンサッカーリーグの2部、スーパーエッタンの試合を観戦した。
Hammarby IF vs. Varbergs BoIS FC

このハンマビーがストックホルムの南部にあり、人気チームなのだが現在2部でプレー。
私がはじめにストックホルムにいた2005~2008は1部の強豪だったのにとほほである。

サポーターのがらの悪さも有名。何度も問題を起こしている(それに関してはほかのストックホルムのチームもあまり大差はないのだが)

で、その2部の試合をわざわざ見に行ったのは、ハンマビーの本拠地がこのスーデルスタジアムから近くに新しく作ったスタジアムにとってかわられるため、ここでやる試合があと2試合だけ、そしてその最後の試合のチケットは売り切れ、ということだったからである。

以前ここで見た試合のブログはこちら

あのころは代表クラスの選手もいて強かった(遠い目)

IMG_0316_convert_20130611063135.jpg

今日は雨が仕合前降っていたのだがラッキーにも試合前にやんだ。

無題
試合の途中もう一度降り出して、それが止んだ時のレインボー

IMG_0329_convert_20130611063254.jpg

試合は2-0になったにもかかわらずそこから立て続けに点を取られてドロー。

ハンマビーには元代表のKennedyという選手がいて彼を見るのも一つの目的ではあった。
10番の彼は2点目をフリーキックで叩き込んだ。
しかしながら、そのあとはよく言えば不動のパッサー、ようするに地蔵プレー。
他の選手のレベルも低く、クロスの精度も悪いわ意味不明なパスを出すわ、走力も大したことなく、で、ファンの嘆きの声にあふれていた。最後8分は相手が一人少なくなっていたのに、チャンスをものにできず、ドロー、ブーイングが場内へ。順位もリーグど真ん中、昇格はすでに黄信号。
熱狂的なファンは試合中も馬鹿でかい声で叫んでいました。

IMG_0332_convert_20130611063519.jpg

試合後、バックスタンドからの写真。後ろの多目的ドーム、グローベンが面白いよね。

さあ明日はスウェーデン代表の試合。

PageTop

女子サッカーリーグ Tyreso FF vs. Kristianstads DFF

6月9日日曜日

夕方キックオフの女子サッカーの試合、観戦。



試合前の練習風景

IMG_0244_convert_20130610071507.jpg

試合は2-0と先制したあと拙攻が続いて逆に1点返されて後半へ
後半の様子。後半3点追加で5-1でTyresoの勝利。
得点は、アメリカ代表が3点、スペイン代表1点、そしてスウェーデン代表1点。
ブラジル代表マルタも相変わらずキレのあるプレー。他の選手もいつも通りの重厚な攻め。

ここまで10試合で8勝2分け、得失点28 ポイント26の1位
しかし2位のマルメは7勝1敗2分け、 得失点差 17 ポイント23と続く
この2チームが水曜日に試合で、女子ヨーロッパ選手権のためにしばらく休みとなる。


IMG_0248_convert_20130610071146.jpg

これがそのヨーロッパ選手権のトロフィーである。私も触ることができた。まあ、持ち上げたりはしなかったが。このトロフィーをかけてのヨーロッパの強豪の戦い、楽しみである。
この席で試合後、プレスカンファレンス、この試合とヨーロッパ選手権に関してのインタビュー。
スウェーデン女子サッカーチーム監督も来てコメントしていた。
終わったあと彼女のサインもゲット。他数人の選手のサインもゲット。

そして試合後いつものごとくまずサポーター4人でスポーツバー、しばらくして元クラスメートも合流。
今日のプレーは、勝ったし彼女もいいセンタリングにシュートを打ってたので満足していた。

次はアウェイで試合、その後すぐナショナルチームに合流、練習と練習試合があり、7月にヨーロッパ選手権。次に会うときはその会場となりそうである。

PageTop

スウェーデンサッカーリーグ Brommapojkarna vs Malmo

スウェーデントップリーグ アルスベンスカン 第11節 Brommapojkarna vs Malmo at Grimsta IP

ブロンマポイカルナはブロンマというストックホルムの西のはずれにある町のチーム。
このチームの試合は、以前ストックホルムに住んでいるときに何度か見に行ったことがある。
その時このチームは2部で、一部に上がれそうだったので応援にいっていた。
その後あがったりさがったりで今年はトップリーグ。残念ながら降格候補の一角。
そして、マルメはスウェーデンの強豪。ズラタンがいたチームとしても有名。
今年も優勝候補の一角。この試合もマルメの圧勝が予想された。
このチームの日本語の情報に関しては、こちらのブログが詳しい。
私のブロンマポイカルナの以前の観戦記はこちら。写真の日付は2005年7月10日となっている。月日は流れる。


Grimsta IPへは地下鉄の駅を降りてから歩いて15分くらい。

IMG_8785_convert_20130603011808.jpg

入り口入ってすぐの場所。すでにキックオフ。


IMG_8806_convert_20130603011841.jpg

赤と黒がブロンマポイカルナ、略してBP、水色がマルメ。


IMG_8814_convert_20130603011909.jpg

ほぼ最前列で観戦。以前はいなかったのだが、今回は小規模ながらもサポーターの集団らしき一団がいて、時折声をだしていた。ピッチの反対側にはマルメのサポーターがいたが、今回はどうもこじんまりとしていてあまり激しくなかったという印象。
私は別にどちらを応援していたわけでもないのだが、マルメの攻撃に注目。

そうそう、私は実は昨年の公式戦最終戦、AIK vs Malmoの試合を今は取り壊されたロスンダスタジアムで観戦した。AIKが勝って優勝の望みのあったマルメの野望を粉砕した日。

トップには29番、10番が張っていた。その下に7番のモヒカン。



IMG_8833_convert_20130603011943.jpg

マルメの選手を見渡すと、一人だけ背番号の上に名前を入れてもらえてない選手がいた。この39番の選手。
期待の若手なのだろうととりあえず連写。

IMG_8834_convert_20130603012018.jpg


IMG_8835_convert_20130603012049.jpg

この選手については後で紹介。
彼のプレーはチームの連動性の中でも何の問題もないそつのないものだった。


IMG_8859_convert_20130603012228.jpg

モヒカン君の名前はMagnus Eriksson 今年からマルメでプレー。


IMG_8869_convert_20130603012315.jpg

目の前でコーナーキック。
彼はスウェーデン代表歴もあるスウェーデン人選手。Jiloan Hamad


IMG_8870_convert_20130603012409.jpg

ちなみに応援は、時折、ビエルスカBP(我々はBPを愛する)と声をだしたり、とか、このようにコーナーを蹴るときに大きな声を上げるとか、まあ、普通のおとなしいものであった。子供たちもたくさんいて、配っていた風船で遊んでいた。

IMG_8875_convert_20130603012559.jpg

アフロのマスコット。望遠レンズでとったのでどアップになった。

試合は前半0-1。フリーキックを直接決めた。

ハーフタイムにホットドッグとコーヒー。


IMG_8902_convert_20130603012648.jpg

後半は場所を変えて、またマルメの攻撃がみられる方へ。

しかし、後半早々、カウンターからブロンマポイカルナが得点。1-1となる。

マルメがせめて、ボールを奪ったらそこからカウンターを組み立てていて後半開始後は何度かボールを持ったが、結局この後右サイドから崩されてゴールを決められ1-2、その後も劣勢でとどめの中央からのミドルシュートを決められて1-3の敗戦。まあ、チーム力からいっても妥当な結果と思われた。

そして、この日はここからが楽しかった。

控室からマルメの選手の勝ったぞーという大騒ぎの声が聞こえた。

IMG_8997_convert_20130603012719.jpg

このふたりのイケメンが試合後ずっとみんなの相手をしていた。マルメの彼もBP出身。
子供も大人も寄って行って写真とサイン。私もサインをもらった。


IMG_9024_convert_20130603012750.jpg

選手が控室からバスや車に乗り込むのだがみんな目の前を通った。子供たちが寄って行ってサインをねだる。私もひとりおっさんながら子供の後でサインをもらった。
モヒカン君に、いい試合だったね、と声をかけたら、俺自体はあまりよくなかったんだ、でもまあ勝ったからいいか、といっていた。
はっきりいって、服を着替えたら誰が誰だかわからない。一人の選手に、サインをもらい、番号もよろしく!といったら、ああ、といいながら39と書いた。慣れてないのだろう。そうしてたら、写真右のちょんまげが寄ってきて、彼にインタビューを始めた。その内容で、彼にとってこの試合が、アルスベンスカンリーグのデビュー戦だった、ということを知った。
で、帰って調べたら、なんと17歳。だからマルメの公式サイトでもまだ選手として載ってない。
Erdal Rakipという選手でまだプロ契約をしていない若者。ニュースでは、このままでは海外のクラブにもっていかれる可能性もあると指摘してあった。彼自体はマルメでプレーしたいそうだけどね。

このまま成長して数年後、彼のデビュー戦を見てその時もらったサインがこれだ、と自慢したいものだ。


他、8番、10番、33番の選手や4番の元スウェーデン代表ダニエルのサインももらっていい気分になった。
ストックホルムの他のスタジアムでこれほどマルメの選手が観客に近く接することができる場所はない。AIKもユールゴーデンもヨーテボリマルメをライバルとして敵視しているので馬鹿なサポーターが危険である。その点、こののどかなスタジアムでこんな感じでトップリーグの選手と話したりサインもらったりできて、このBPの試合を見る勝ちはあるな、と思った。ぜひとも残留してほしいものである。

あ、マルメの監督もみたな。でかかった。


IMG_9027_convert_20130603012828.jpg

ほのぼのとしたスウェーデンのストックホルム近郊でのサッカー観戦でした。

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。