ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スイス旅行記最終回 チューリッヒ散策

チューリッヒに戻って散策

6067_convert_20111126004234.jpg

大学のある高台へ。夕暮れ前の町。



6075_convert_20111126004300.jpg

チューリッヒ湖畔



旅の最後の晩餐は、タイベトナム料理屋でおいしくいただきました。

最後の日の午前、チェックアウトをして荷物を置いて町を散策

6081_convert_20111126004331.jpg

教会



6085_convert_20111126004411.jpg

橋の上から



旧市街などを歩く。

6096_convert_20111126004436.jpg

こんな看板もありました。ブラまで見えてますが、アナタ日本人デスカ?



6119_convert_20111126004502.jpg

高台より。



6124_convert_20111126004529.jpg

町のお土産屋



6130_convert_20111126004600.jpg

そう、町にはポルシェだのフェラーリだのが走りまくっていて、金持ちの町という印象を強く受けました。


思い残すことは殆どなく、空港に向かいました。そして、スウェーデンにもどりました。

6145_convert_20111126004635.jpg

中央駅の看板。スイスの政治や社会問題に関してはまた改めて書いてみたいと思います。



というわけで、12月になりましたがやっと8月の旅行記を書き終わりました。
スイスはその半端ない物価により、観光地としてなかなかハードルの高い場所でしたが、何とか乗り切りました。
山や山歩きが好きな人にはちょーお勧めです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

もし、楽しんでいただけましたら、ついでといっては何ですが
下をぽちっとクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

スイス旅行記 バーゼル散策

翌日、まずチューリッヒのスイス国立博物館に行きました。

見所満載でした。残念ながら写真撮影できませんでしたが。
歴史の説明のビデオを見たり、中立国としていかに振舞ってきたか、そして現在の政治的な問題も提示されてました。

そして、ランチは隣の中央駅の中の魚料理屋。

その後、電車に飛び乗っていった先は、バーゼル

バーゼルはスイスの北西部にあり、フランス、ドイツとの国境があります。
この町のサッカーチームには、中田浩二選手が所属してましたね。

電車でついて適当に路面電車に乗りました。市街地と逆方向にいったらどうしよう?と思いましたが運よく町の方向、川の方向へ。

川沿いで降りて町の散策


6018_convert_20111202034656.jpg



6023_convert_20111126003942.jpg

変な噴水



6026_convert_20111126004014.jpg



6035_convert_20111126004101.jpg

虹が出来てました。



6046_convert_20111126004127.jpg

大聖堂。写真眺めてて、ああ、自分の町にもう帰ったんだな、と思いましたがよく見てみるとまだ帰ってませんでした(笑)。



6051_convert_20111202034756.jpg

川ではここでも流されるように泳いで楽しんでました。



6056_convert_20111126004153.jpg

バーゼルの駅。夕方、チューリッヒに戻りました。

続く


クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村


PageTop

スイス旅行記 ラインの滝の花火

満員のバスでまた滝の町へ移動。
屋台がでててお祭りモード。
私もビールを飲んだ。

そして、滝が見える場所へ。

スイスに来て、まず建国記念日の花火、ジュネーブの花火、
そしてこのライン川の花火と楽しむことが出来た。

何が凄いか、というと、やはり、「金持ちの花火」短時間にまさに嵐の如く打ち上げられた。

5858_convert_20111126003533.jpg

水面に映る花火がすばらしい。



5881_convert_20111126003603_20111202031753.jpg

赤系の花火だとまさに赤く染まる。



5945_convert_20111126003628_20111202031753.jpg

派手に打ち上げる



5953_convert_20111126003659.jpg



5964_convert_20111126003743.jpg

なんか、市街地戦という感じの迫力。



5980_convert_20111126003812.jpg

花火を見ながら、スイス旅行もこれで〆だなあ、としみじみとしておりました。

ドリカムのあの夏の花火、という歌が好きなのですが、子供の頃から、日本の色々な町で、
そして、夏に冬に、ニューイヤーに世界の色々な町での花火を見てきました。

今回のこのスイスでも「滝と花火」も忘れられない思いでになるでしょう。



クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

PageTop

スイス旅行記 シャフハウゼン

ラインの滝から電車でシャフハウゼンに移動しました。






5802_convert_20111126003329.jpg

ベンチに座って、Coopで買ってた惣菜だのパンだのバナナだのを食べました。
目の前にはいい感じのレストラン。
家族連れ、小さい子供がおいしそうなピザを食べてました。
人生とは不公平なものだなあ(笑)と思いながら子供達を眺めてました。



5803_convert_20111126003410.jpg

広場の反対側



5804_convert_20111126003439.jpg

町の散策、気合の入った壁絵。



5816_convert_20111126003505.jpg

高台に登り、そこからの眺め
太陽が沈みかけてます。
そう、沈むのを待っているのです。

そして、バスで再びラインの滝に移動。

続く



クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

PageTop

スイス旅行記 ラインの滝

ベルンは一泊でチェックアウト
翌日の午前はベルン美術館で絵画の鑑賞。
そして昼すぎ、電車で移動した場所は、そう、チューリッヒ。

スウェーデンへの帰国も近い。

安宿まで移動してチェックイン、そして駅に戻り、スーパーでパン飲料惣菜など買い込み、電車へ。


5775_convert_20111126002858.jpg

駅前の景色。見覚えのある旗が。




電車でシャフハウゼンという町へ。
地球の歩き方によると、ライン川沿いの魅力的な古都。
そこからバスで移動して、ラインの滝へ。

5778_convert_20111126002925_20111129083119.jpg



5779_convert_20111126002954_20111129083118.jpg

上の建物はユースでした。実は泊まろうと予約を試みたけど満室。これには理由があります。



5780_convert_20111126003018.jpg



5781_convert_20111126003040.jpg

橋を渡って建物のほうへ。
川の中島にはボートで渡ることが出来ます。


5798_convert_20111126003232.jpg

近くから見ると結構な迫力の滝でした。



クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。