ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

ワールドカップ予選 スウェーデンvs.フェロー諸島

6月11日

ワールドカップ予選 スウェーデンvs.フェロー諸島の試合を観戦してきた。(3日連続でサッカー見てるよ、なにやってるんだろう。。)

写真はこちら。

スタジアムの外観 https://twitter.com/MaggieQ2000/status/344479781443739649/photo/1

すたじあむのバー https://twitter.com/MaggieQ2000/status/344489873631240192/photo/1

キックオフ https://twitter.com/MaggieQ2000/status/344503154085347328/photo/1

で、弱いフェロー諸島相手に、たった2点しかとることができなかったといわざるをえない。
まあ最低限の満足度といったところか。

個人的にはズラタンの王様プレーを見ることができたので満足か。あとはラーション、シェルストロム、アンデシュスベンソンに注目していた。トイボネンは好きな選手なのだが、決定的チャンスを2回も外したのが痛い。

バーで試合前に1リットル、カールスバーグのビールを飲んだので気持ちよく試合観戦だった。やはり新しいスタジアムはいいねえ。買った席はゴール裏でネットが目障りだったので試合が始まってからは一度も座らず、しかし、立ち見の席でも十分いい眺めだった。

後、フェロー諸島の旗を初めて見た。観光地としてはどうなんだろうか?

というわけで、これからも激戦が続くヨーロッパのワールドカップ予選リーグです。

スポンサーサイト

PageTop

スウェーデン vs アイルランド

金曜日 FIFAワールドカップ欧州予選グループC スウェーデンvsアイルランド

いつものごとく近所のスポーツバーで。

この試合が退屈で、横のチャンネルのイングランドプレミアリーグの先週のハイライトの方が面白くそっちにめがいってしまった。

ズラタンというエースがいながら、結局中盤から攻撃を組み立てることができない。
チャンスといえば、シェルストロムの強烈なFKくらい。
前半の後半でズラタンからのセンタリングをヒセーンがボレーしたくらいか。

このヒセーン、2005年に私がこちらに来た年に応援していたユールゴーデンの主力選手。
その後、イングランドに渡り結局水が合わなかったのかヨーテボリに戻った。

後半も盛り上がるところは乏しく0-0.ホームのアドバンテージを生かせない押され気味の試合に終始した。
それでも試合後のインタビューでは監督は選手を誉めていたが。

その後、スポーツバーでは、オランダ対エストニアと、K-1の古い試合を流し出した。

オランダの攻撃の方がはるかに面白かった。
試合は後半に3点いれてオランダ圧勝。

K1では曙がぼろぼろにやられたり、若き日のピーターアーツやアンディフグの試合を見られて懐かしくてたまらなかった。

というわけで、スウェーデン、グループリーグで2位はキープだが、この先は険しそうである。

PageTop

サッカー親善試合 スウェーデン vs アルゼンチン

今日はスウェーデンの新しいナショナルスタジアムでスウェーデンvsアルゼンチンの男子サッカーの親善試合。前半はイブラヒモビッチとメッシがともにピッチにたつ。

で、8分にスポーツバーに入ったらすでにアルゼンチンが得点していた。DFがクリアーしようとしてシュートの軌道が変わった。

その後CKをヘディングで叩きこんで1-1に戻したが、その後2点を簡単に取られる。

ここで前半終了。

後半は最後にFKで1点を返して3-2で終了。

スウェーデンのディフェンスはアルゼンチンの多彩なゴール前のパスで簡単にGKと1対1となってたねえ。まあ、アルゼンチンの2点目はオフサイドだったけど、3点目はメッシのシュートをGKがはじいたところをおしこまれ 失点。攻撃もズラタンへのおしいセンタリングはあったけど、まあ、攻撃力での差はあきらかだったね。メッシの動きはさすがといったところ。ズラタンまであまりボールが回らなかったので見せ場も少なかった。

さらに、ひとり観客が終了まぎわに乱入してメッシに抱きついて頭をなでるという事件も発生。

実は数年前に前のナショナルスタジアムでブラジル対コロンビア、という試合があったのだが、その時も複数の人間がピッチにはいってロナウジーニョに向かって走って行った。その試合は生で観戦してました。

結局、この手のファンへの対策は相変わらず甘いということもわかった一戦だった。

PageTop

EURO2012 スウェーデンvs.フランス



画像の出典はhttp://www.thestar.com/sports/soccer/article/1213867--euro-2012-france-reaches-quarter-finals-despite-2-0-loss-to-sweden


すでに予選敗退が決まっているスウェーデンとフランスとの戦い、見事にスウェーデンが2-0で勝利。
一点目は写真のズラタンのボレー。2点目はセバスチャンラーションのロスタイムでのとどめのゴール。

もう一試合の結果がイングランド1-0ウクライナとなり、イングランドとフランスの決勝トーナメント進出決定。まあ、妥当なところか。

スウェーデンからベスト10にメルベリとズラタンが選出されております。メルベリは今大会で代表引退するとされておりますが、惜しい!との報道が相次いでます2002WCの練習ではユンベリを削ってとっくみあいとなり、その映像は今日も流れておりました。2002年にFKでアルゼンチンを沈めたアンデシュスベンソンも代表引退と大会前にはいってましたがこれは撤回という話もでてますがいかに?

まずはスウェーデン代表の目標は2年後のワールドカップへの予選突破。今回は期待しております。

PageTop

EURO2012 スウェーデンvs.イングランド



画像はDN.seより

前半を0-1のビハインドでおりかえすが
後半早々にセットプレーからメルベリのヘディングが相手のオウンゴールを誘い
そして59分にはまたもやセットプレーからメルベリのヘディングで2-1とリード
しかしながら、イングランドの反撃、ミドルとゴール前の技ありシュートで2点を失い2-3
その後もピンチを何度もしのいだが決定的なチャンスは作れず、結局2-3で敗北
予選リーグ敗退が決定。

セットプレーでの2得点はもちろんすばらしかったが、流れからのゴールの気配は乏しかった。
前半終了間際ではカウンターのチャンスもラーションへのサポートはなし
後半もズラタンのドリブルは止められ、外からのクロスもこれといったものはなし。
イングランドのスピードにディフェンスが対応していたともいえない。
敗戦やむなしといったところか。

この敗戦で、長年自慢だった、(最近のフレンドリーマッチを除いて)44年間イングランドに負けなし、という勲章も、北欧の強国という自負も全て地に落ちたといっていいだろう。
しかしながら、若い世代の成長も期待されるスウェーデン。ブラジルのワールドカップ予選突破に気持ちを切り替え、とりあえずフランス戦は経験をつませて、そして新たな戦いのステージに上がって欲しいです。

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -