ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ドレスデン

7月6日 月曜日

朝5時の電車でドレスデンへ7時過ぎに到着。なぜこんな早い時間帯の電車なのか?というと、ドイツ鉄道の切符はスウェーデンからネットで購入できるのだが、時間帯によって値段が違う。で、この早い時間のが安かったというわけ。

で、ドレスデン、小雨で肌寒い。。

で、10時までどの博物館もあいてない。さあどうする?と町を歩くと、旅人の見方、マクドナルドが見えた。底に入って朝食セットで時間までねばる。

で、10時に、アルテマイスター絵画館へ。

PICT0090_20100730035558.jpg

ツインガー宮殿

PICT0089.jpg

北の部分が絵画館

この絵画館は、素晴らしい作品が目白押しだった。やはり、フェルメール「やりて婆」と「手紙を読む少女」をみることが出来たのは嬉しかった。今年はオランダ、デンハーグ、彼の地元もいったし、寡作だった彼のひとつでも多くの作品をみられたのは大きい。
しかし、それらを一気にかき集めて日本でフェルメール展をやったのならば、やはりそれを見に行ける日本人は幸せな国民といえるだろうね。

ほか、ラファエロ、レンブラント、バンダイク、ルーベンス、エルグレコ、プッサンと見所満載であった。ラファエロの女性の絵の美しさもやはり一味違った。

で、この絵画館でもやはり疲れ果て、付属のカフェでランチ。ビールとえびオープンサンド。なんてスウェーデン人みたいなランチをくった。

で、目の前の武器博物館をさらっとみて、外へ。

で、交通博物館へ。乗り物が好きなので、あればかならずいってしまう。写真はそれらの一部

PICT0134.jpg



PICT0117_20100730040146.jpg



PICT0142.jpg

お約束のマネキンさん

で、博物館をでてぷらぷらして、待ち合わせの時間に、ストックホルム以来の知人のかえるさんと合流。ドレスデンに彼を訪問するのは去年の春以来である。(となりの、東欧ツアーのリンク参照)

で、一緒にひさびさのディナー

PICT0186.jpg

ザクセン料理の豚の煮物を食べる。甘酸っぱい味付けでなかなかいけた。

で、この後、かえるさんの家にまた泊めていただいた。今回は3泊もお邪魔させてもらうことになっている。それだけこの辺りに見所が多いわけである。

この日、オランダがウルグアイを下した試合を彼の家で見て、寝た。

続く

スポンサーサイト

PageTop

2010-07-29

  1. MaggieQ2000ブログ更新 ライフ イン スウェーデン まずは、ベルリンからキックオフ。 http://lifeinsweden09.blog65.fc2.com/blog-entry-710.html
  2. MaggieQ2000そうですね、おいしかったですよ。シーフードパスタも。RT@karaagesuki
  3. MaggieQ2000仕事に復帰してから一週間が長い!今日もがんばろう。

Powered by t2b

PageTop

まずは、ベルリンからキックオフ。

7月5日 月曜日

スウェーデン出発。この飛行機が結構早く飛ぶので、午前8時台にはすでにベルリン到着。

何故ベルリンか?スウェーデンからの飛行機代が安い、ということは大きいが、その後の動きにももちろん関係はある。

宿泊の安宿若者向けホステルでチェックイン、荷物を預ける。

そして、新博物館へ。この日は月曜日なのでここしか開いてない。


PICT0005.jpg

博物館の外観。

ストックホルム大学の学生として学割を効かす事ができる最後の旅になるだろう。で、学割で入場。

で、まずは充実のエジプトに関する展示。

PICT0008_20100729035055.jpg

PICT0014_20100729035030.jpg

などなど、

この博物館には、「王妃ネフェルティティの胸像」という素晴らしい胸像が、3000年の時を超えて、華やかな色彩を保ったまま展示されている。
そこだけ写真撮影が禁止されている。これは一見の価値があるといわざるをえない。そういった、歴史上の至宝をみるとしたら、やはりヨーロッパだろう。というか、エジプトの物品はそれこそスウェーデンからイタリアからロンドンどこにでもちらばってるのは面白いが。

ほか、パピルスコレクションもすごい。時間がかかりすぎて全てみるのはちょっと無理。というか、ベルリンの博物館のオーディオガイドは中身が濃すぎて、まさに体力勝負になる。

トロイの遺跡の物品もある。これも見ごたえが合った。

ちなみにベルリンで有名な博物館は、トルコの遺跡を展示するペルガモン博物館だが、これは前回いったので今回はパス。

で、しっかりおなかがすいたころに、ベルリンの大きな目的のひとつ、ラーメン屋へ。ラーメン餃子セットにビール。いやーまいうー。今回は醤油ラーメンを選んだ。店員さんも日本人、お客さんも日本人の割合が高い。

この日、ベルリンは猛烈に蒸し暑くて、汗だらだらかきながら食べることになったが。満足

で、街ぷらぷらして適当に夕食たべてはやめに宿へ。



PICT0081.jpg

夕方の宿に近くの風景。旧東ドイツ側である。

早く寝ようとしても、暑くてまた汗がだらだら。スウェーデンとは比較にならない暑さだった。

で、何故早く寝ようとしたか、というと、次の日が朝早かったからである。

続く。

PageTop

2010-07-28

  1. MaggieQ2000秋風の吹くスウェーデンに帰ってきたのは日曜日の夕方。月曜日から労働者生活に戻ってます。クロアチアの海での日焼けの皮がむけてぼろぼろ。
  2. MaggieQ2000誕生日おめでとうございます!すばらしい一年になるといいですね。 RT@Wakachan_2010
  3. MaggieQ2000今回の旅日記、また未完になりそうだな。去年のイタリア、ノルウェイの旅日記に続き。
  4. MaggieQ2000どうも~。今回7日連続で泳いだりしました。こんなに泳いだのは小学生中学生以来? RT@saki2524 お帰りなさい。
  5. MaggieQ2000アドリア海、島、そしてプリトヴィッツエ湖群国立公園と楽しめますよ。 RT@SWEDENJAPAN21
  6. MaggieQ2000どうも~。旅行、疲れるけどやっぱりいいもんですね。 RT@karaagesuki
  7. MaggieQ2000ブログ更新 ライフ イン スウェーデン 中欧の旅から帰ってきました。 http://lifeinsweden09.blog65.fc2.com/blog-entry-708.html

Powered by t2b

PageTop

中欧の旅から帰ってきました。

7月25日夕方、飛行機はアーランダ空港へ着陸。今年の夏休み終了です。
で、楽しかった旅なので旅日記を仕上げたいところですが、ちょっと時間がかかりそう。

で、待てない、というそんなあなたに、私の3年前の旅日記(楽天ブログ)をまず読んでいてもらいたい。

2007年7月、8月、私は中欧の旅にいっておりました。もちろん今回と全く同じコースではありませんが。

2007年7月の日記のバックナンバーはこちら

2007年8月の日記のバックナンバーはこちら

若干絵文字が多くてむかつく(笑)のですが、自分で今回プラハで読みかえしていてけっこう面白いとおもったのでおすすめです。
横の旅のリンクのまとめにもまだしていないものです。

この時、もちろんずっと旅行していたわけではなく、7月の最初の週はブダペスト1週間の旅、で、7月後半からの旅はブダペストークロアチアーモンテネグローブルガリアールーマニアーブダペストと回っております。

で、今回またブダペスト、クロアチアに来たのはもちろん3年前の旅が強烈だったからです。その記録も乞う御期待。


それでは、秋風吹くスウェーデンライフ2010再開!

PageTop

2010-07-24

  1. MaggieQ2000Praha friday night in heavy rain doshaburi!!

Powered by t2b

PageTop

2010-07-22

  1. MaggieQ2000Wien, Austria now!

Powered by t2b

PageTop

2010-07-21

  1. MaggieQ2000Youthhostel in Rijeka, Croatia now. Swimming in the Adriatic sea every day!

Powered by t2b

PageTop

2010-07-20

  1. MaggieQ2000Croatia, Pula now.

Powered by t2b

PageTop

2010-07-15

  1. MaggieQ2000クロアチア、スプリットの日本人宿、苫屋さんなう。11Fからの夜景最高!
  2. MaggieQ2000天気も海も最高です! クロアチア RT@kkuboi

Powered by t2b

PageTop

2010-07-12

  1. MaggieQ2000ショッピング、王宮、サッカーテレビ観戦で楽しみました。次はザグレブに移動です。 RT@munesasa

Powered by t2b

PageTop

2010-07-11

  1. MaggieQ2000ブダペストなう
  2. MaggieQ2000きっとドイツのことがきらいなんでしょう。 RT@orangeflower08
  3. MaggieQ2000スペインの圧勝でしたね。 今日もうすぐ3位決定戦です。RT @munesasa
  4. MaggieQ2000すみません主語とばして分かりにくい文章にしてしまって。主語はスペインが点を入れておおはしゃぎだったトルコ人のオッサン。 RT@orangeflower08
  5. MaggieQ2000なかなか面白い試合でしたな。 RT@munesasa
  6. MaggieQ2000Budapestの朝なう。今日はゆっくり市内うろつくかな。

Powered by t2b

PageTop

2010-07-08

  1. MaggieQ2000ドレスデン なう
  2. MaggieQ2000昨日は町のけばぶ屋でサッカー観戦。ドイツ人しょぼーん。試合後の街は静かでした。
  3. MaggieQ2000ありがとうございます。 RT @Wakachan_2010 素敵な夏休みをお過ごしください。
  4. MaggieQ2000試合前の盛り上がりはすごかったです。 RT @munesasa
  5. MaggieQ2000ケバぶ屋では、トルコ人のおっさんがスペインが点を入れて大喜びしてました(笑)

Powered by t2b

PageTop

2010-07-07

  1. MaggieQ2000ブログ更新 ライフ イン スウェーデン 2010-07-06 http://lifeinsweden09.blog65.fc2.com/blog-entry-698.html

Powered by t2b

PageTop

2010-07-06

  1. MaggieQ2000ブログ更新 ライフ イン スウェーデン 2010-07-05 http://lifeinsweden09.blog65.fc2.com/blog-entry-697.html

Powered by t2b

PageTop

2010-07-05

  1. MaggieQ2000ブログ更新 ライフ イン スウェーデン 2010-07-04 http://lifeinsweden09.blog65.fc2.com/blog-entry-696.html
  2. MaggieQ2000日付が変わって今日から夏休み。しばらくヨーロッパさすらいバックパッカーとなります。まずはベルリンへ!
  3. MaggieQ2000どうもありがとうございます。飛行機、朝早いのでそろそろ寝ます。RT@mhilano
  4. MaggieQ2000おはようございます。年間の有給休暇日数(たしか5週程度)が決まっていて、各自その範囲内で申請します。RT@toukan854

Powered by t2b

PageTop

2010-07-04

  1. MaggieQ2000ブログ更新 ライフ イン スウェーデン 2010-07-03 http://lifeinsweden09.blog65.fc2.com/blog-entry-694.html
  2. MaggieQ2000ブログ更新 ライフ イン スウェーデン ドイツvs.アルゼンチン スペインvs.パラグアイ http://lifeinsweden09.blog65.fc2.com/blog-entry-695.html

Powered by t2b

PageTop

ドイツvs.アルゼンチン スペインvs.パラグアイ

ドイツの試合は後半からテレビ観戦

1-0でドイツが勝ってる。アルゼンチンが追いつけばおもしろくなるなあ、と思っていたのだが。
テベスなどがボールを持ってゴールに迫るも厚い壁を突破できないという感じ。
一方、ドイツはアルゼンチンの守備のほころびをついてクローゼが折り返しをあわせる。これで2-0
その後、アルゼンチンの選手は、そしてマラドーナも覇気、追いついてやろうという気迫を感じなかった。
それだけ、攻めあぐねて疲れた、といこともあるだろう。3点目とられて万事休す、そしてだめおし4点目まで。
マラドーナの悲しい顔が象徴的だったが、ブラジルとアルゼンチンの敗北に南米ファンはがっかりだろう。
いけいけのときはいいが、後手に回ってからの余裕はどちらもなかったね。

スペインの試合。
この試合の審判はちょっとひどかった。
たとえばスペインのPKのときに他の選手が早く動いてエリアに入ったということでやり直し、しかしリプレーでは直前のパラグアイのPKのときのほうがもっと早く中に入っている。こっちのほうがやり直しだろう?そして、スペインがPK2回目ではじいてから詰めたファブレガスの足めがけてGKがつっこんでてこれでPKだろう?
ま、結果的にVillaの素晴らしいゴール、その前のイニエスタのパス、ペドロのシュートなど、スペインファンにしたらオッケーの試合か。パラグアイ7番が試合後泣いてた。彼がPKをきめていたら試合はわからなかっただろう。数日前、PKで笑った彼らだが、今日はチャンスをいかせなかった。終了間際のサンタクルスもGKと一対一だが、リプレーでみてもカシアスが詰めていてちょっとむずかしかっただろう。

というわけで、アルゼンチンが負けたのは残念だが、ドイツとスペインの戦いには興味しんしんだね。

ウルグアイとオランダはオランダが勝つのは予想できるが、ドイツとスペインは難しいねえ!勢いでドイツと予想しておこう。となると優勝はドイツかな。

PageTop

2010-07-03

  1. MaggieQ2000南アフリカからの中継にも人工美ちっくな方うつってました。RT @SWEDENJAPAN21  かなり手を加えた外観だと思われる
  2. MaggieQ2000サッカーやってること知らずに魚屋いってきたあるよ。後半スタート #wc2010
  3. MaggieQ2000いきなりダイビングからのFK,そしてゴール! 1-1 #wc2010
  4. MaggieQ2000GKは取れないねアレでは。RT@munesasa オウンゴール
  5. MaggieQ2000逆転のヘッド!!! #wc2010
  6. MaggieQ2000この大会ではナイジェリアの選手につぐ無意味な暴力行為レッドカード #wc2010
  7. MaggieQ2000さあ残り10分!目が離せねえ! #wc2010
  8. MaggieQ2000よかったですね。助けてくれる人がいて。日本も怖いなあ。 RT@saki2524
  9. MaggieQ2000敗因はあの一発レッドでしょう。 自爆。さようならブラジル #wc2010
  10. MaggieQ2000まあ、ブラジルファンとしたらあのロッベンのダイビングからのフリーキックからの失点は納得できないでしょうけど。 #wc2010
  11. MaggieQ2000まあ、ブラジルファンとしたらあのロッベンのダイビングからのフリーキックからの失点は納得できないでしょうけど。まあ、サッカーってそれも含めてるからね。 #wc2010
  12. MaggieQ2000ブログ更新 ライフ イン スウェーデン 2010-07-02 http://lifeinsweden09.blog65.fc2.com/blog-entry-693.html
  13. MaggieQ2000おうんごーるも同じ選手だし、1人でこの試合を決めてしまいました。 RT@munesasa  あれはいらんかった
  14. MaggieQ2000夜道は最新の注意を! RT@saki2524 秋吉久美子さん
  15. MaggieQ2000後半ウルグアイが追いついて面白くなってきました。 #wc2010
  16. MaggieQ2000ブログ更新 ライフ イン スウェーデン ブラジルvs.オランダ、ウルグアイvs.ガーナ http://lifeinsweden09.blog65.fc2.com/blog-entry-693.html
  17. MaggieQ2000スウェーデンは晴れ。今23度です。 RT@Hayakawa_Yukiko 大雨
  18. MaggieQ2000私の朝食は昨日のカレーの残りでした。朝から米食べるというとびっくりされたことがあります。 RT@bindeballe 北欧の朝食
  19. MaggieQ2000スウェーデンでは自動車運転中の携帯電話使用が合法で、よくバスの運転手も携帯ながら運転。結構怖いですよ。 RT@bindeballe 携帯ながら運転
  20. MaggieQ2000晴れるとからっとしてますよ。洗濯物はすぐ乾きます。ただ、曇りや雨の日も多いですが。RT@SNOWPEAKER  スウェーデンは、湿度は低いんですか
  21. MaggieQ2000今日はストックホルムで日本人のみなさんとBBQ,最高の天気。それではいってきます。

Powered by t2b

PageTop

ブラジルvs.オランダ、ウルグアイvs.ガーナ

待望のWCベスト8の対決

ブラジルが負けた試合は後半から見た。
オランダがロッベンのよく飛ぶダイビングでFKをえて、そこからつないでセンタリングをF.メロがオウンゴール
その後、試合の流れはやはりオランダだっただろう。西村主審が笛を吹くと文句をいう選手が多く辟易した。
とくに、ロビーニョの態度はみていて不快だったし、多くの人がそう思っただろう。
で、コーナーからカイトがつないでスナイデルが押し込んだ。
これで面白くなるな、と思ったらF.メロが倒れたロッベンのオシリのあたりを踏みつけてボールを取ろうとした。一発レッドカード。これで試合は決まった。
それから先のブラジル監督の采配も、選手のプレーもみるべきものはなかった。3点目を取られなかったのがよかった、というくらいか。完敗といっていいだろう。
ブラジルが自爆したようなもんだ。

追記、西村主審の毅然とした態度は非常に好感がもてたし、なにより、かっこよかった。笛も妥当だと思う。

次の試合、ウルグアイ対ガーナ
前半、ロスタイム、このまま0-0だろうと世界一周ブログをみていたら、アナウンサーがでかい声だしたので顔を上げたら丁度、ゴールにボールがつきささるところ。リプレー見たらすごいミドルがぐいんとカーブしてGKから逃げていった。これがアフリカンの身体能力!というプレー
ウルグアイはスアレスのシュートはあいかわらず鋭かった。
後半、ウルグアイが見事なFKをいれて、1-1となり試合が面白くなった。といっても両チーム攻めきれず、後半終了。延長前半もおわり延長後半が終わりかけのところで、ドラマが起こる。ゴール前の混戦でガーナのシュートをスアレスが手ではじき返す。そしてレッド一発退場。
そして、ここでキッカーはこの大会非常にめだっているアサモア。アメリカ戦では延長に決勝ゴールを決めた男。
そして、彼のキックは、まるで日本の駒野選手のキックを思い出させるかのように、浮いて、バーを叩いてゴールからはるか遠ざかる。
このPKを決めたら試合は終わっていたのに。スアレスがその外したシーンを見て歓喜。
歓喜のウルグアイGKと選手たち。そのまま延長後半終了。

そしてPK戦へ。
あとだしじゃんけんみたいだが、ウルグアイが勝つだろうと予想した。
南米の修羅場をくぐりぬけてきたチームの底力。後は、ガーナの動揺だろう。
ノーヒットノーランを続けていて9回2死でヒットを打たれたような状況か。
PK戦。ガーナのひとりめはアサモア。右に蹴るだろうなと思ったらやはり右だったが、ゴールネットをゆらした。
両チームそのあと決めていく。
しかし、ガーナ3人目が、助走が短いなと思ったら右側それもGKのほぼ正面にけってしまう。止められる。
しかし、そのあと、ウルグアイの選手もえらい空高く打ち上げた。
そして、ガーナ4人目が、右に蹴るもGKが蹴るまでじっくりまって、勢いのあまりないそのボールをはじきだした。
ウルグアイ5人目、クールに決めて、ウルグアイが絶体絶命の淵から勝ちあがった。
起き上がれないアサモア。同僚が抱きかかえる。

日本のPKの敗北の時、日本人も真っ白になったが、ガーナ人が今日は真っ白になっただろう。アサモアがヒーローとなるべき大会が、一本のキックが浮いたために、多くのものを失うことになった。スポーツのドラマである。

オランダとウルグアイが準決勝へ。なかなかおもしろそうであるが、ここはオランダだろう。

PageTop

旅の終わりと危険な出会い

6月27日日曜日

チェックアウトしてから、野外博物館(Zorns gammelgard) を目指して歩き出した。



塔とポール

その後、バーサに関するモニュメントの建物にいったが、オープンは6月末からでしまってた。

そう、この地域、ダーラナがスウェーデンの心のふるさと的な場所である理由は、グスタフバーサがデンマーク王にたてついて蜂起した場所だからである。

で、野外博物館。あるけどあるけどたどりつかない。地図を宿のかばんのなかにおいてきた。
結局、道を間違えていて、ずんずんと南へ進んでしまった。
この旅、何回目かのまぬけ。


PICT0365.jpg

しかしながら、気分のいい散歩道が湖の横につづき、そこを歩いた。



PICT0369.jpg

ま、なので気分は悪くはなかった。

今回の旅では、野外博物館も、ダーラヘスト製作工場も、トムテランドもいけなかった。
ま、次の楽しみとしておこう。

ランチはケバブ。その後、電車が出るまで時間が中途半端にあり、またアンティーク市へ。

なんか、数十年単位の古さのものはヴィンテージというらしいが、看板にantikと書いてあった。実は、体育館で入場が有料の市があり、そこから数十mはなれたテニスコートで無料の市があり、私は無料の市に2回とも行った。

で、今回、まさに、素敵でかつ危険な出会いがあった。

この市で買って、持って帰ったもの。

PICT0008_20100701070217.jpg

おまえはだれだ?




PICT0007_20100701070202.jpg

にゃー

Lisa Larsonという陶芸家の作品。
やばい、はまってしまいそう。。今まで北欧雑貨に興味を持ったことはなかったのだが、こう1つ買うと、コレクションみたいに欲しくなってしまう。危険な第一歩を踏み出したかも。。


今回の旅でたまたまもうひとつの出会いがあった。
というかちょっとおそすぎるんじゃない?とつっこまれそうだが

Gosta Knutssonという童話作家の Pelle Svanslos (しっぽがないPelle)という作品。

このねこ、実は私が住んでる町に住んでるんだな。

PICT0011_20100701070235.jpg

で、この作品では、PelleもミッドサマーでLeksandに遊びにきていた(笑)。
先日の写真の玉葱教会も登場。しっぽがないねずみいろのねこがPelle

で、この国では有名な作品なんだが、いままでまともに読んだこともなかった。で、読んでみると知らない単語もあり辞書が必要でなかなかてごわかった。
私の自転車通勤の帰り道、お城の横を通るのだが、そこにPelleのお家がある。いつかいかないとね。

というわけで、時間切れでポールが立つのもダンスも見られなかったけど、Zornの作品、サーカス、自然の中の散歩、そしてLisaLarsonやPelleとの出会いもあった、という旅となった。

PageTop

Mora観光

6月26日土曜日

Mora観光、といってもちっちゃい町だが、この町にゆかりのAnders Zornというスウェーデンでは有名な画家の昔住んでいた家のガイドツアーから。

PICT0274.jpg

これがその家。中は多くのゲストが快適にすごせるすばらしい部屋や装飾。大きな部屋もあり、45分間のツアーはなかなか楽しかった。この作家はフランスで名前をあげてアメリカでも巨額の富を稼いだので、彼の部屋とかはちょっとした宮殿の寝室みたいだった。

商店街でピザの昼食

zornの家の横にZornの作品を集めた美術館がある。別料金だが、多くの人が訪れていた。
で、彼はまず水彩画で名前を挙げたのだが、その作品群はまさに名作で、感動した。

ネットで探したら、何枚か彼の作品があったが、こんな感じ。

anderszorn.jpg

この作品はストックホルムのユールゴーデンのプリンスエウシェン美術館に展示してあるのを見たときから気になっていた作品。今回特別展でこちらでも展示されてた。



20080323231507s.jpg

この作品もいいよね。これらが水彩画ってのがすごい。

その後、彼は油絵の画家となるのだが、そちらももちろんすばらしいのだが、個人的には衝撃は水彩画の方が大きかった。
Moraにきて、これらの作品をみることができたのは、得した気分だ。

美術館から歩いて、キャンプ場の方向へ歩く。

PICT0279.jpg

この景色もなかなかだった。

で、テニスコートで有料無料のアンティーク展、やってて、見に行った。

で、ま、手ぶらで帰るのもあれなので、お皿を買った。GustavasbergのStig LindbergのFestongを6枚。葉っぱの絵柄。

で、この日の夕方には楽しみな催し物がある。


PICT0291.jpg

そう、サーカスが19時からあった。
内容を書くと、スウェーデン在住の人の迷惑になるから感想だけ。
心臓に悪いのもあるし、すげえのもあるし、とにかくびっくるするのもあった。
満足。

最終日日曜日へ続く

PageTop

2010-06-30

  1. MaggieQ2000どこで最後のカードをきるか?矢野か森本か?延長戦も胸がどきどきだろうな。
  2. MaggieQ2000いいチャンスでしたね。 開始早々 RT@munesasa  RT@AsaomiK
  3. MaggieQ2000駒野選手を叩く気にはまったくならないのだけど、延長後半残り数分でゴール前での人のいないところへの横パスは残念でした。角度がないけど勝負してほしかったです。もちろん、川島の好プレーがなければ負けてたでしょう。 RT@papabubble
  4. MaggieQ2000ブログ更新 ライフ イン スウェーデン ミッドサマー イン ダーラナ http://lifeinsweden09.blog65.fc2.com/blog-entry-689.html
  5. MaggieQ2000数少ないチャンスをものにできるかどうかが勝負の分かれ目になりますよね。 RT@saki2524

Powered by t2b

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。