ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

和-Yasuragi Hasseludden

今回泊まった宿は、和-Yasuragi Hasseludden

スウェーデンの日本式風呂のあるホテルです。

http://www.yasuragi.se/

Tripadvisorでのクチコミはこちら

http://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g189852-d497649-Reviews-Yasuragi_Hasseludden-Stockholm.html

まあ、最近のコメントは辛口(笑)のものが多いです。中には18個の項目をあげそのうちほとんどが減点というのもありました。私が日本人で行ったことがある人から聞いた情報では、食事が、、というものでした。
検索すると、正社員で日本人は一人だけ。
なにはともあれ、ストックホルムの和式風呂のあるホテル、体験してみました。

297_convert_20110801023335.jpg

坂を上っていくと、横に長い建物が見えてきました。



300_convert_20110801023434.jpg

部屋からの眺め。ちなみに部屋は畳でその上にふとんのようなマットレスが置いてありました。風呂もあり。難点といえば冷蔵庫がないことでしょうか。それ以外は申し分なし。
後、海水パンツ、ゆかたとごむの草履はお持ち帰り可能。これは日本人以外には喜ばれそう。(日本人ならその分コストを下げろといいたくなるでしょうけど。)マイ草履は衛生面でグッドでしょう。

軽く休憩しておやつを食べた後で、水着に着替えて下へ。


hasseludden_spa_sweden2.jpg

写真の出典はこちら。http://www.sweden.se/eng/Home/Lifestyle/Sport-leisure/Reading/Spas-in-Sweden-an-adventure-in-wellness/
写真は冬っぽいですね。ちなみに室内に大きなプールがあり、屋外にこのように露天風呂がありました。
正直、私にとってはちょっとぬるい温度でしたが、子供やなれてない人たちにはこれくらいがいいかも。
景色は木々が茂っておりそれを通してですが、海も見えて悪く無かったです。
で、更衣室の横は、日本式の屋内の風呂と体を洗う場所とサウナがありました。ここは水着ははずします。ここの風呂もぬるかったので、サウナを楽しみました。

で、ひととおり楽しんだ後、アトラクションへ。ただいま、Yasuragi KIDSという子供が喜びそうなイベントがいろいろスケジュールが組まれてました。17時からのKENDOを見に行きました。


314_convert_20110801023519.jpg

子供も大人も楽しそうに剣道の体験レッスンを受けてました。レッスンの後、写真の日本人の剣道の先生とすこしお話。



322_convert_20110801023602.jpg

隣の部屋は折り紙の部屋。



334_convert_20110801023713.jpg

3階のテラスからの眺め



345_convert_20110801023820.jpg

SAKE BAR

この後、夕食でした。レストランTOKYOというところで、私は前菜が鮭のあえもの、メインはとんかつでした。これ、あえものはもうひとつでしたが、とんかつは温かくおいしかったです。ネガティブなコメントをみると、ひたすら待たされたあげく醒めた料理がでてきたということでしたが、そういうことはありませんでした。
ただ、このレストランは「本格的な日本料理のレストラン」ではないです。とんかつも日本のパン粉を使ってなかったし。見てたら魚料理はフランスかどこかの料理みたいでした。

そうそう、最高に嬉しかったのは、部屋のテレビでNHK BSが流れていたこと。日本のリアルタイムのニュースを見ることが出来たのと、週遅れでしょうけど、NHKスペシャル、未解決事件、グリコ森永事件を取り上げた回でしたが、非常に楽しめました。金魚倶楽部という若者向けのレンどらも。

そして寝て起きて、7月31日日曜日

朝食。実はきちんと調べずに日本式の朝食を期待していたのですが、米も梅干も味噌汁も漬物も魚も干物もなにもない、パンとチーズとハムとキューリとかその他ヨーロッパのよくあるホテルの普通の朝食ビュッフェで、個人的にがっかりでした。とあるコメントが「朝食はよかった」と書いてあったので勝手に期待してたのですが、それを書いたのは日本人ではなかったです。もちろんみなさん普通に楽しんでおられました。

その後、またプールにいって軽く泳いで、屋外の風呂につかる。日差しがあたるところは気持ちよかった。
そして、この後は、私が楽しみにしていた、部屋の風呂

066_convert_20110801061804.jpg



このような風呂につかることは、スウェーデン在住の日本人のひとつの夢でしょう。それをかなえてきました。お湯も熱くして、ゆであがりました。

チェックアウトの後バスで乗り継いで40分くらいでスルッセンです。バスは1時間に一本なので時間注意。

という感じの宿でした。私の評価は高いです。思っていた以上に大きな宿泊施設でしたし、私はくつろげました。飯も夕食は満足でしたし。こどもは走り回ってましたが、かわいいもんでしたよ。

ただ、誰に勧めるか、というと、日本から短期での旅行の方は「はなしのねた」以上ではないでしょう。日本に帰って普通に温泉にいくほうがいいでしょう。
日本に本格的にいれこんでいる日本お宅な外国人には、ちょっとうけないかもしれません。外国人のクチコミのコメントにも、日本を再現しようとしてるがチープさが目立つ、なんて書いてましたし。私からしたらそんなことないのですが(笑)
スウェーデンで子供がいる家族で、たまには変わった趣向で、という人にはいいでしょうね。ストックホルムのホテルは素泊まりでも安くないので、この宿は夕食付きの料金として特にむちゃくちゃ高いとは思いませんでした。

研究者女性お一人様、ぜひチャレンジしてください。スウェーデン人女性おひとりさまもいました。料金は宿のサイトの料金表をチェックしてください。

このホテルへのアドバイスとしては、本格的な日本人の料理人をひとりかふたり雇ってメニューを変えたほうがホテルの方向性とはあってるとは思いました。さしでがましいですがそれではそういうことで。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

クリックよろしくお願いします!




スポンサーサイト

PageTop

船の旅 イン ストックホルム

7月30日土曜日

ストックホルムの30分の船の旅。船といっても中型の木製。
こちらに来た年の夏、よく週末、日帰りでストックホルムの島に船であちこち行ってきた。
島に何があるというわけではないのだが、船の旅と島の自然の中での散歩が楽しかった。
ちなみに今回は一泊旅行


136_convert_20110801012025.jpg

グランドホテル前を出発



142_convert_20110801012321_20110801013535.jpg

水の上からみるストックホルムもまた一興。写真はユースホステルの帆船と美術館。



164_convert_20110801012531.jpg

天気もよし



199_convert_20110801012905_20110801013534.jpg

ボートの向こうにはこちらの遊園地が見える。



202_convert_20110801012730_20110801013534.jpg

オランダからの船の横を通る。バイキングラインの船着場の横も通る。



210_convert_20110801012953_20110801013533.jpg

建物をみるのもまたよし。



221_convert_20110801012619_20110801013533.jpg

気分はタイタニック



234_convert_20110801012645.jpg

Nackaの船着場。激しい噴水がいつも目を引く



252_convert_20110801012822.jpg

大きな船ともすれ違う



271_convert_20110801013043.jpg

そして楽しい船の旅も30分で終了して、目的地へ。



285_convert_20110801013159.jpg

去っていくボート。歩いて目的の宿へ。

その宿とは、和-Yasuragi

続く

PageTop

2011-07-31

  1. MaggieQ2000ブログ更新 ライフ イン スウェーデン 2011-07-30 http://lifeinsweden09.blog65.fc2.com/blog-entry-1274.html
  2. MaggieQ2000Yasuragi now!

Powered by t2b

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。