ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

01/30のツイートまとめ

MaggieQ2000

実際下のRTの動画ほど緑には見えないけどね。オーロラ。肉眼では。写真撮るには10秒以上開放しないと撮れないし、そうすると緑になる。しかし動的なのはよくわかる。http://t.co/KDNkJhBH
01-30 08:31

スポーツニュースでドルトムントの香川選手のゴールシーン。うれしいねえ!
01-30 07:50

ICAで買出ししてマクドでコーヒーFIKA。ここのコーヒーは癖もなく12SEKで私のお勧め。4時回っても明るくなってきたのがうれしいね。
01-30 00:29

スポンサーサイト

PageTop

01/29のツイートまとめ

MaggieQ2000

スウェーデンの子がんばったけど5位。
01-29 06:22

スイスで買った秘蔵の赤ワインをあけた。うまい!
01-29 06:17

tvではフィギュアスケートのヨーロッパ選手権放映中
01-29 06:15

PageTop

スウェーデンはなぜ生活大国になれたのか 竹崎 孜

スウェーデンはなぜ生活大国になれたのか 竹崎 孜

商品の説明
地域自治体コミューンによる在宅介護など,スウェーデンが「生活大国」たる理由,政策を分析
高齢,少子化社会にある日本。「経済大国」とはいうものの,国民の生活が豊かであるとはいいがたい。一方スウェーデンは同じく「高齢,少子化社会」でありながらも,「生活大国」である。
地方分権化が進み,小規模の自治体コミューンが住民の生活サービスを担う責任を持つ。地域を中心にした在宅介護,グループ・ホーム,ナーシング・ホームなどが充実し,「寝たきり老人」はいない。「保育居住隣近型」,労働環境の整備により,高出生率が保たれ,出産後も働く女性が活躍する。
元在スウェーデン大使館専門調査員,ストックホルム大学客員教授も務めた著者がスウェーデンの超高齢化社会,女性の社会進出の実態を伝える。そして,問題を国民が共有するための公的情報の公開原則,スウェーデン発祥の国会オムブツマン(オンブズマン)制度といった行政の独自性から国民の健康と労働を支える税制,保障制度という仕組みのほか,生活は現実であることをモットーとする自治体コミューンの活動状況を分析した。
生活基盤が不十分である日本が生活大国スウェーデンから学ぶべきことは大きく,日本国民自らが選ばねばならない,と示唆する1冊である。 (ブックレビュー社)
(Copyright 2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)

内容(「BOOK」データベースより)
社会高齢化は本当にどうにもならない問題なのであろうか。それに対する答えのひとつが北欧のスウェーデンにあるのではないだろうか。スウェーデンをみると、比類ない勢いで進んだ高齢化にもかかわらず、安定した定年後の生活や女性の社会進出に加えて、出生率も先進国では最高であり、それに企業や公共財政も健全となれば、わが国における現状とはきわめて対照的といわざるをえない。
商品の説明をすべて表示する




以上アマゾンの説明より

今日は晴れた日だったので町にでかけた。
何度もいってますが私の町は私にとっては「退屈を具現化した町」なので行く場所といえばスーパーマーケットと公営酒屋の二箇所。で、今日は公営酒屋はやっていない(そう、スウェーデンでは日曜日に酒屋でワインを買えないのですね。)のでICAのみ。
で、ICAの後で図書館へ。
そう、酒屋はやってなくても図書館はやっております。きれいです。
で、日本語の本を何冊か借りて、その後マクドナルドでコーヒー飲みながら最初に開いたのがこの本。
で、帰宅後も読んで夕方読み終わりました。

感想。
最初から最後まで「生活大国って何?」という疑問が晴れませんでした。
読み終わった後もういちど生活大国への発展、という章に戻りましたがそれでも生活大国が具体的に意味するところがわかりませんでした。
本の説明文を読んでもそれでもわかりません。分かる人教えてください。
国民の生活が豊か、ということでしょうか、貧民層がいない、医療費安い、福祉充実、老後が安心、ということでしょうか。まあきっとそこらへんなのでしょう。
しかし、日本とスウェーデンどちらが国民の生活が豊か?と聞かれると、私はまあ、どっちも豊かだけど日本が下と思ったことはないですね。で、どっちが「安心して暮らせる?」といわれても、日本ですね。やはり。こちらの年金たいしたことないですよ。医療費の心配があまりないのはメリットですが。

個人的には生活レベルが日本にいたときよりも収入の激減とともに激減したわけですが(笑)

スウェーデン人に趣味は?と聞くと、散歩、というのがあります。

休日、雪の小路を散歩している人が多くいます。

日本で散歩が趣味の人がいるでしょうか?いるとしてもスウェーデン人ほどではないでしょう。

じゃあなぜ日本人は散歩しないのでしょうか?たぶん、他にもっと楽しいことがあるからでないかと思います。

この国の生活は基本、質素といっていいでしょう。

さておき、この本は1999年1月に発行されたもので、すでに13年たちました。福祉の歴史の話や政策の流れ、男女平等などの説明はよくまとまっていると思いました。

この本で違和感があったのが例えば行政サービスをべたぼめしていること。

2012年、スウェーデンの行政サービスは当時と比べ低下しているのではないでしょうか。

人口の増加にあわせたサービスの要求の増加に対応できてないのです。こちらに住んでいればそのことで頭にくることはたくさんありました。

住宅事情もそうでしょう。私の町も、人口が増え続けているのに住むところが足りない、毎年大学入学のころ大きな問題が発生します。また今年もかよ、行政なにやってんの?と思い続けて4年です。

この本でまったく触れられていないことがあります。そう、移民問題です。99年の段階では現在ほどではないとしても、ある程度の問題にはなっていたはずです。意図的にはしょったのではないでしょうか。移民が増えればそれにともなう行政サービスも増えます。この国の移民局は移民申請をさばくので大変な状況です。そして、彼らの教育問題も。もちろん、言葉さえままならない彼らの生活の補助や住居などなど、そういった問題がこの本が発行されてからの間に深刻化しました。

まあそういったことを除けば、スウェーデンの社会のしくみの大枠を知るにはいい本だと思います。私はこれにひきつづいてスウェーデンパラドックスを読みたいなと思いました。

そう、生活大国について。この国は確かに中流層は多いです。が、いわせてもらうと努力した人間はそれだけ得られるわけではなく、やはり、努力しない人間に甘い社会だと思ってます。結局だれも努力しなくなるわけですねそうなると。国際競争力に関して、私はグローバルなマクロな専門分析はできませんが、なぜボルボが中国企業傘下に入ったか、なぜサーブがつぶれたか、そしてなぜエリクソンの経営が悪化しているか、などは、やはり競争力がないのではないかと思います。いつもいいますが、この国に住んでいるとイメージするのがありときりぎりすでした。キリギリス君は寒い冬を迎えるのですが、私はこの国がずっと豊かでいられるかどうかというと?をつけておきたいと思います。

最後にアマゾンで☆3つをつけた人のコメントを引用します
「スウェーデンが抱える問題についてはあまり言及されていないので、
「きれいな部分」だけがライトアップされている。
学者の立場から書かれた本ではあるが、実際スウェーデンに住んだ
ことのある人間からすると、疑問が残る内容だった。」

ちなみにもうひとりは☆5つです。

後、住んだことがある、といっても、日本から給料を貰ってる人とこちらで貰ってる人では見える景色は異なります。



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

PageTop

映画 ドラゴン・タトゥーの女 ネタバレあり

今日、映画館で、デヴィッド・フィンチャーのハリウッドリメイク、ドラゴン・タトゥーの女を見てまいりました。原作への感想はこちら、(ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 ネタバレあり)ネタバレ全開でいきますので、原作を読んでない、日本で2月公開の映画を見る予定の方は今日はここまで。
日本のオフィシャルサイトはこちら




で、映画ですが、私の町の映画館で初めて見ました。
感想、スクリーンが小さい。席は70なのですが、日本の場末の映画館ばりのスクリーンの大きさに開始前から萎えました。まあ、映画を見てる間は気になりませんでしたが。
で、チケットかってヘムショップという近くのスーパーにポップコーンを買いにいったら、なんと、ない。しょぼいポテチやスナックはいっぱいあるのに、ポップコーンは家で電子レンジで作るタイプのみ。仕方なく、カールチーズ味ぱくりの小さい袋とKEXとドーナツを買いました。コーラは家からペットボトル持参。席は9割がた埋まってました。

で、この作品。映画ですが、スウェーデン製の作品は見ておりません。で、このリメイクを先に見ることになりました。デヴィッド・フィンチャーの作品は1995年のセブンのオープニングの土砂降りとラストのほうはトラウマになるくらいに覚えております。
で、デヴィッド・フィンチャーのドラゴン・タトゥーの女、基本的には原作通りに進みますが、ディテールがもちろん異なります。主役ミカエルには、007のダニエルクレイグ。リスベットにはソーシャルネットワークのなんとかさん。私その映画を見てないのでその女優さんを見るのは今回初めてです。面白いところで、ドラガン役にERのルカが登場です。
ダニエルクレイグはやはり007の印象が強くて、この作品のミカエルの私のイメージとはちょっと違ってました。リスベットはばっちりです。ドラガンはまったくイメージと違うのですが、端役に近いのでどうでもいいです。ヘンリックもばっちりで、マルティン役のスウェーデン人俳優さんの最後の山場での演技が光ってました。
原作との違いをいくつか書いていきますのでやっぱり見たくない人は今日はここまで。




まず、原作ではミカエルが牢屋に入るのですがそれがないです。ミカエルの自慢の海辺のコテージもなしです。
ヘーデスタでセシリア・ヴァンゲルとミカエルが前後の脈絡なくやるのですが、この作品ではそれがカット。それがないのでミカエルのもてっぷりの一部が省かれた感じです。セシリアの女優さんのふけっぷりを見た瞬間これはないな、とわかりましたが。
そして一番重要な点としては、ハリエット・ヴァンゲルが原作ではオーストラリアで発見されるのですが本作品ではロンドンです。オーストラリアの広大な自然の中でミカエルとハリエットが出会うシーンが映像的にも見たかったので残念です。若き日のハリエットお嬢さんは素敵でした。映画でハリエットが本人と認めるシーンはあっさりしすぎですね。

で、リスベットの母がなくなるという設定もシーンもドラガンとの心理的交流シーンもありませんでした。まあ、仕方ないでしょう。
後、細かいですが、物語の山場、リスベットがマルティンをゴルフクラブでしばくシーンですが、原作ではまずリスベットが名乗りを上げてから格闘開始なのですがそれがありません。そしてゴルフクラブでの攻撃が3発のところが映画では1発だけでした。これは原作のほうがよりドラマティックですね。後、マルティンの死ぬ場所も違いました。マルティンの会社がこけかけているという原作での設定が映画ではなかったので、原作では自殺ですが映画では事故死ですね。

後は、リスベットの心理描写。ニルスエリックビュルマンとの対決シーンはばっちりですが、ミカエルと寝るにいたる部分は、映画の時間の関係でとても駆け足でした。見ればわかりますが、ミカエルのいたいのいたいのとんでけー、って感じ。しかし、もうひとつの山場のチューリッヒの変装シーンも、そして、涙がまじででてきたラストシーンも好演だったと思います。ただ、ハッカーとしての能力や映像記憶能力はむしろ小説のほうが迫力があったようにも思います。
そして、おっぱいを何度か拝ませてもらったのは予想外で楽しめました。
しかし、おなじくらいグロいシーンもありますので暴力や死体が苦手な人はご注意。おしおき刺青のシーンは秀逸です。

ミカエルに関して。原作ではあまり好きではないのですが、映画版のダニエルクレイグの演じるミカエルのほうがイメージは違うとはいえより好きかな。エリカは重要な役ですがあまりでてきませんし、女優さんとしてもあまり好みではないなあ。

それはそれとして、この映画はスウェーデン人やスウェーデン在住のわれわれにはより面白いシーンがあります。
ストックホルムの町の景色もそうですし、地下鉄のエスカレーターやスウェーデン鉄道の車両も。そして、田舎の冬の景色も。ヘーデスタという架空の町もヘーデビー島も、原作をうまく映像化してくれたと思います。
そして、背後に見えるICA(スーパー)の袋や、KEXというお菓子の自販機などの小物も効いてました。
後、ずっと英語なのに、乾杯だけスコール!とスウェーデン語になったり、ヘイヘイという挨拶の言葉やタック、ありがとうもでてきます。

そして、この映画には私の町の住人には特別な楽しみがありました。

そう、私の町でも映画のロケをやっていたのです。
その頃、語学学校の先生が「ダニエルクレイグとICAでばったりあったりしたら素敵ね」いったのが印象的ですが、実際ロケ中に彼らハリウッドスターが町を歩いたかどうかは不明。
で、映画開始からずっと待っていた私の町の映像が、ハリエット失踪の謎の鍵を握る重要なシーンに登場したのです!
このとき、映画館の中が、ここのシーン、このシーン!あそこよあそこ!!といっせいにザワザワしました。
私の町にきたことがある人ならすぐわかります。是非映画を見て探してください。
さらに、最後の殺人が行われた場所としてもでてきますのでそれも面白いです。

映像も、テンポよい展開も、俳優さんたちの演技も、猫も、スウェーデンの風景も町なみもすべて楽しめる私にとってはお得なハリウッド映画でした。日本の皆さんは楽しみにしていてください。
帰りのバスから撮影ロケ現場をまたみてうれしい気持ちになりました。

余談、最後に映画館で見た映画がノルウェイの森。去年の元旦イン京都。最悪の後味でした。



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

PageTop

01/28のツイートまとめ

MaggieQ2000

さあ、自分の仕事に戻るんだ!
01-28 17:49

成人の日の朝日の尾崎豊を知っているか、というトンデモ社説は、おじさんの私の心の何かに火をつけた、という効果があった。しかし、ネットでつぶやこうがブログにかこうがそれで日本の政治がかわるわけでない。具体的なアクションとしては海外在住者としての国政選挙への投票行為だね。
01-28 17:41

昨日KeyholeTV、朝生の後続けてみてたらフジのスポーツ情報である投手の結婚に関する話題がだらだらと。それはスポーツの情報ではないだろと思うが。こちらでは有名スポーツ選手が私生活でどうしようがあのようなインタビューをテレビで各社揃って流すことは無い。それはゴシップ誌のエリア。
01-28 17:33

19年前に宮沢首相が政治改革でこけた時などはもっと国民は怒っていた。彼を嘘つきだとなじり。今の野田首相のほうがもっと悪質だ。どんな詐欺で誰がだまされたかは学者さんの研究対象らしいから彼らにまかせ、騙されたと思う国民としては、詐欺政党に選挙でクリアーにNOを叩き付けたい。
01-28 17:30

Reading:NHKニュース 山口代表 議事録の問題追及を http://t.co/C5XKl3li 東日本大震災に関連する政府の重要会議で議事録が作成されていなかった、てな政府が21世紀の先進国に存在するのが驚きなんだが。尾崎豊ばりに国民には怒って欲しい。
01-28 17:22

最後の捨て台詞を許さない橋下さんかっけー #asamadetv  #tvasahi
01-28 04:23

田原さんはなんで一市長が核保有についてノーコメントできれてるの? #asamadetv  #tvasahi
01-28 04:20

CMおわったら話がきりかわったよやっぱり。 #asamadetv  #tvasahi
01-28 04:08

大阪で越境入学(地域差)の問題はいろいろやばいでしょう。 #asamadetv  #tvasahi
01-28 04:05

毎年連続でどうしょうもない評価のだめな教員は、やはり教育現場から退場していだだき他の仕事に就いたらいいのではないでしょうかね。 #asamadetv  #tvasahi
01-28 04:01

続きを読む

PageTop

01/27のツイートまとめ

MaggieQ2000

ホテルといっても夜はフロントしまってたし、とりあえずメールをホテルとカードの銀行へ。明日朝電話しよう。
01-27 08:32

アビスコのホテルのレストラン、夕食2回分を食後すぐカードで払ったのに口座チェックしたら二重に引き落とされてた。ホテルがそれくらいのチェックもできないのか、情けない。。
01-27 08:29

手許にある最新のNumberのお題は、対話術。コミュニケーションについてまじめに考えてみた。聴く、発信するスキルどちらにもだめだしされている(笑)ので、いい年だがどちらも改善しないとね。ちなみに日本人からとスウェ人からとでは私の印象は大きく異なる。これは言葉の問題が一番大きい
01-27 06:36

不思議なのはtwitterのfollowers,交流があるのは片手くらい。ブログ更新したという情報を流してもきてくれるのは片手以下(笑)じゃあ残り1350人は何を期待してfollowしてくれてるのか?
01-27 06:28

腹がもたれてたけどあまり遅くなるのもあれなので、今日日本食材屋で買ったうどんを食べた。13分ゆでるタイプ。うまいね~
01-27 05:43

ウェートレスや奥のコックさんに、これは偽日本料理で、東京駅の横に同じ店を出店したら1ヶ月でつぶれるレベルです、と正直に教えてあげたとしても意味ないでしょうね。うちは繁盛しててうはうはですわ、といわれそうだし、彼らからしたら少数の在住日本人がどう思おうがノープロブレムでしょう。
01-27 04:07

連れが食べたチャーハンは、見た目、イカ墨ごはん?て感じのクロさだった。味は、うーん、自分でつくった方がいいかなって程度。えび餃子は一番まともだったが、いかんせん63SEKは高いぞなもし。それでも可愛いウェートレスさんにお食事いかがですか?と聞かれるとほほえんでOK!と言ってあげた
01-27 04:01

コペンハーゲンのWagamamaで行列ができてたのが今回試してみた大きな理由だろう。店内にはカタカナでワガママという文字がどんと掲示され料金も高めに設定されていて、ヨーロッパでチェーン店として成功していることはビジネスとして見ると興味深いが、海原雄山が食べると卒倒してしまうだろう
01-27 03:47

Wagamamaのチキンラーメンは、噂どおりだった(笑)特に麺が悲惨。スープも飲む気すらおこらず。ぬるくなかったのが救いか。トッピングのチキンの味付けはアジア料理風で、店の名前もメニューも無国籍アジア料理みたいにしてくれたら日本人は頭にこないとは思う。そして興味ももたないと思う。
01-27 03:42

HotorgetのSushi Ishiさんが場所を地階に移して営業再会、を前を通ってたまたま知った。知ってたら駅横のWagamamaで(話のネタとして)食事なんかしなかったのになあ(笑)
01-27 03:29

PageTop

ミレニアム2 火と戯れる女 原書 ネタバレあり

背中にドラゴンのタトゥーを入れた女性調査員リスベットにたたきのめされた彼女の後見人ビュルマン弁護士は、復讐を誓っていた。ビュルマンはリスベットの過去を徹底的に洗い、彼女を心の底から憎む人物を探し出した。彼はその人物と連絡を取り、リスベットを拉致する計画が動き始める。その頃、月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルらは、重大な決断をしていた。ジャーナリストのダグとその恋人ミアが進める人身売買と強制売春の調査をもとに、特集号を刊行し、書籍を出版することを決定したのだ。ダグの調査では、背後にザラという謎の人物がいるようだった。旅行先から帰ってきたリスベットもダグの調査を知り、独自にザラを追い始めた。だがその矢先、彼女の拉致を図る者たちの襲撃を受けた!
話題沸騰! 今世紀最大のミステリ『ミレニアム』三部作、激動の第2部に突入!

\\\\\\\\\\\\\\\

以上がアマゾンでの日本語版の紹介文

ミレニアム2 火と戯れる女 上下 が日本語訳ででているが、私はその原書を読みました。日本語訳は手元になし。前にも書いたけどこの原書の2が手元にあって読み始めたが当然わからないことだらけで1と3の原書を購入、1だけが日本語訳がありとっとと読めたが2以降は時間がかかった。

ちなみにスウェーデンで製作された映画は1も2も3も見てない。テレビシリーズもみてない。

今回もネタバレ全開でいきますので、本を読む予定の方、スウェーデン製の映画をみる予定の方は今日はここまで。映画を見た後もしくは本で読まれた後にまたのお越しを。




まず、Amazonの評価を見ても分かるように、結論から言うと、1ほどの面白さもインパクトもない。続編の悲しさというところか。しかしながら、1で謎とされた点の答えがだいたい2で示されてます。

まず、リスベットが富豪から不当にぱくった金で世界を豪遊、ならびに、海外で豊胸の手術を受ける。この手術を受けたところに彼女の自分の身体への大きなコンプレックスがうかがえた。顔はかわいいらしいががりがりで小さい彼女の。で、旅行先で数学の問題を解きつつも、やはり「女性を憎む男」を見つけ出し、ハリケーンのどさくさにまぎれて殺します。

正直言うと前にも書いたとおり、主人公、ミカエルにも彼女にもあまり入り込めません。ミカエルはどういう倫理観なのかリスベットの巨額の横領は笑ってすませてますし、女性をいたぶる男性は死んで当然みたいな作者の思想には正直ついていけません。

で、リスベット。帰国後は豪邸をストックホルムに購入。だいたいの場所がわかるのが元ストックホルム在住者のこの小説の楽しみ。彼女が食べるしょぼい食事もイメージばっちりです。

「キャラはドラゴンタトゥー女のリスベットが一番立ってます。社会や組織への親和性は0で、その理由は本人の性格や特質にもよるが、もっと詳しいことはこのシリーズの2にならないとわからないようになってます。」

と1の書評で書きましたが、「最悪の出来事」というのが彼女の身に12歳のときに起こります。母を暴力で廃人とした父にとんでもないことをしでかすわけです。痛快ではありますし、その後も生き残った父の不気味さがひときわ光ります。

全部かくと面白くないので一部ふせます。
その父の経歴がまた、この国ならありそうでなさそうでという面白いものです。

余談、ちょっと前にKGBからお金を昔貰っていたスウェーデン人ジャーナリストが名前をばらされていました。私からしたら売国奴なんですが、その後もメディアに彼は出てたのでこの国ではそういうのは寛容なのかも。ストックホルムは冷戦時はスパイ天国だったそうです。まあ、日本もそうだったみたいですが。

で、今回もミカエルは正義感を振り回し、売春がらみである人物を追い詰めていきます。

で、リスベットはある殺人事件の容疑者となってしまいます。

で、彼女がその殺された人の家に乗り込んでお話をしたタイミングやモチベーション、内容が小説ではもうひとつ描かれてませんでしたし腑に落ちないところです。しかしながらそこにいかないと容疑者にならないのですが。

そして1でおなかに素敵な刺青を彫られた弁護士は2では散々なめに会います。

で、リスベットが警察から隠れていたのは町のど真ん中といっていい場所の豪邸という設定です。ちょっとなんだかなーです。

そして、今回でてくる二人の悪人が2,3で重要な役割を占めます。

この2で話題になったのは、元ボクサーがでてくるのですが、それが実在の人物、実在の元ボクサーであり俳優のパオロロバート、という点です。
で、気になって検索したら、この元ボクサーと作家はまったく面識がなかったとのこと。しかし、この本があほみたいに売れて映画化され、この元ボクサーは自分の役柄で映画に登場しました。彼はこの本のことで毎日のように質問されたそうですが、彼からしたら、架空のほかの登場人物のことをきかれて面食らったらしいです。しかししっかりテレビにも映画にも本人役ででて、ある意味たなからぼたもちだったでしょう。この本の前後では彼の注目度は大きく変わったとのことなので、この本のヒットが彼の人生をある程度変えてしまったわけです。反人種差別的な活動をしたこともあるから自分が作品内に登場したのかなと本人が推測してました。

話題性を向上させたのは作者の作戦があたったということでしょう。

で、この作品の盛り上がりは、誘拐シーン、そのボクサーとニーダーマンという怪物とのタイマンシーン、そして、別の男2人とリスベットの戦い、そしてリスベットとニーダーマン、ザラの最後の格闘シーンでしょうか。
それ以外にもグロイ殺人シーンは何箇所かでてきます。

このニーダーマンの特徴として、巨漢で力持ち、そして、痛みをまったく感じないという特徴があります。生まれつき痛みをまったく感じないダーティーヒーローといえば、久坂部 羊という作家の無痛という作品が面白いですのでお勧めです。

で、この2の感想。

読み終わってから数ヶ月たつのですが、まあ、1と3にはさまれたつなぎ、謎へのの回答という感じでしょうか。まあ、思い返せば格闘シーンは素手の暴力、拳銃スタンガン目潰しスプレーそして斧をふりまわしたりと刺激的ではありました。映像としてもいけるであろうハーレー疾走シーンもあります。

しかし、アマゾンでは25人中7人が星1か2でした。

日本の推理小説を楽しんでる人からしたら、冗長な前ふりと、推理する場面すらない面白くない作品と評価されて当然でしょう。そもそも推理小説のジャンルとはいいがたい、娯楽作品です。

小柄な天才ハッカーとその仲間たち、元スパイと、その息子の怪物くん。そして、なぜかおいしいところに登場するミカエル。だめだめな警察、警備保障のワル、いまいちなマスコミ、などなどのキャラが登場するけど、メインのストーリーが弱い、というところでしょうか。

売春や東欧からの人身売買がどうのこうのという設定は、スウェーデンの社会問題の一部なのでしょうけどまあ日本人読者からしたらあまり興味のもてないところでしょう。
余談ですが、この国では買春した人は逮捕されます。外国からの売春婦が立っているストリートがストックホルムにある、らしい、です。そして、タイマッサージが買春の温床になってて去年くらいに逮捕者がでました。ネットを使った売買もさかん、らしい、です。そして、ふつうに賢くて金がある年寄りスウェーデン人男性はあえて国内でリスクは犯さず、ドイツにいったりタイにいって人生を楽しんでくるそうです。で、タイ人女性をお持ち帰りして彼女たちが結構町にあふれているのは在住者みんな知っているところです。

はなしを戻して、結論としては、1から3まで日本の皆さんには翻訳本を全部読んでいただき、もう新しい作品を書くことがないラーソンが提示した世界をとりあえず堪能してもらいたいと思います。



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

PageTop

01/26のツイートまとめ

MaggieQ2000

今からおでかけなのだがよー雪がフットル。
01-26 18:59

今日は素人の料理対決の番組の日だな。
01-26 03:39

去年12月に投稿した論文にreview1から21、reviewer2から8のcriticismsが付いて返ってきた。ネチオさんですのう。読むだけで頭が痛くなったけど、しらみつぶしに直さないとねえ、。2ヶ月以内に再投稿せねばなりません。
01-26 02:49

PageTop

01/25のツイートまとめ

MaggieQ2000

帰宅して一息ついたところ。テレビで錦織選手の試合の最後を見た。全豪オープンベスト8、すばらしい結果だと思う。
01-25 15:53

スウェーデンの電車の中で全豪オープンの錦織選手のプレーを見ながら応援。すごい時代になったもんだねえ。
01-25 13:55

夜行列車なう。30分遅れ。快適に眠れました。
01-25 13:42

PageTop

アビスコ オーロラスカイステーション

休暇を利用してオーロラをみるためスウェーデン北部の町、アビスコに行きました。

まず夜行列車でアビスコへ。いきなり出発が1時間おくれたのはまあいつものこと。

昼前に到着予定が午後に到着。アビスコツーリストステーションというホテルにチェックイン。

そのエリアにはまさに駅とホテルしかなく、夕方まで部屋でだらだらして、夕食をたべて、オーロラスカイステーションへ。営業は20-24時
ふもとでお金を払って貸し防寒着を着こんでリフトで山の上に登り、そこでオーロラを見る。その2人乗りリフトが結構距離が長くてゆっくりで寒くて怖かった。

で、21時くらいに頂上へ。

で、何が困ったかというと、そう、デジカメ一眼レフをどう使いこなしていいかさっぱりわからなかった。
そう、マニュアルモードなんぞやったことがなく、おまかせで勝手にいい写真とってくれるだろうと高をくくっていたらシャッターすら押せなかった。
このまま写真0で終了か、という恐怖を氷点下15-20度の山の上で味わいつつ、あれこれいじってやっとシャッターが推せるようになった。



なんか月面って感じがいいね。



459_convert_20120125060255.jpg

ふもとのアビスコツーリスト、という町とアビスコ東、という町の灯り。



で、オーロラの写真はというと、散々な結果となった。まあ、雰囲気だけ伝えるために恥ずかしながら2枚。

538_convert_20120125060534.jpg



543_convert_20120125060437.jpg

実際肉眼で見た色が緑か、というとかなり白に近い。

24時ぎりぎりまでねばって、そしてリフトでまた寒い中山を下りた。

そしてその時間帯がまさにオーロラが活発に動き始め、縦の筋がまさにビロードのカーテンのように右へ左へ動いてその色も緑から赤っぽいものまで見えた、このリフトからのオーロラ観測が最高の瞬間だった。どのみち写真ではその躍動感を伝えることはできなかっただろうから、しっかり自分の脳裏に焼き付けた。

という、オーロラ観測初日でオーロラを見るという目的を達成するというラッキーな滑り出しだった。

続く



にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

クリックよろしくお願いします!

PageTop

01/17のツイートまとめ

MaggieQ2000

浜崎あゆみさん、離婚へ…「日本離れたくない」 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://t.co/ZaXorbBO
01-17 01:37

PageTop

野田総理 マニフェスト 書いてあることは命懸けで実行

野田総理 マニフェスト 書いてあることは命懸けで実行

Youtubeの動画はこちら

彼の街頭演説の内容はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・

マニフェスト、イギリスで始まりました。
ルールがあるんです。
書いてあることは命懸けで実行する。
書いてないことはやらないんです。
それがルールです。

書いてないことを平気でやる。
これっておかしいと思いませんか。
書いてあったことは四年間何にもやらないで、
書いてないことは平気でやる。
それはマニフェストを語る資格がないと、
いうふうにぜひみなさん思っていただきたいと思います。


その一丁目一番地、税金の無駄遣いは許さないということです。
天下りを許さない、渡りは許さない。
それを、徹底していきたいと思います。

消費税1%分は、二兆五千億円です。
十二兆六千億円ということは、消費税5%ということです。
消費税5%分のみなさんの税金に、天下り法人がぶら下がってる。
シロアリがたかってるんです。
それなのに、シロアリ退治しないで、今度は消費税引き上げるんですか?
消費税の税収が二十兆円になるなら、またシロアリがたかるかもしれません。
鳩山さんが四年間消費税を引き上げないといったのは、そこなんです。
シロアリを退治して、天下り法人をなくして、天下りをなくす。
そこから始めなければ、消費税を引き上げる話はおかしいんです。
徹底して税金の無駄遣いをなくしていく。
それが民主党の考え方です。

・・・・・・・・・・・・・・・

この動画に関して、山崎元氏(経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員)のJMMでのコメントはこちら

「マニフェストと消費税について触れた部分が紹介されていて、先ず、書いてあることは命がけでやり、書いてないことをやるのはおかしいというのがマニフェストであり、書いてないことをやるような人はマニフェストを語る資格がない、と言っています。消費税率引き上げに関しては、官僚をシロアリに譬えていて、税金の無駄遣いを削減してからやらないと、増税した財源にまたシロアリがたかってしまうので、鳩山党首(当時)が消費税増税は4年間やらないと言っていると、当時の野田氏は強硬に訴えています。  
政治家の考え方が変わることはあって構わないと思うのですが、これだけはっきり約束と違うことをやるのなら、消費税率引き上げを含む政策パッケージを掲げてもう一度総選挙をやってから堂々と税率を引き上げるのが民主主義の政治の常道ではないでしょうか。租税に関しては「代表なくして課税なし」という言葉が有名ですが、代表が嘘をついた場合は、どうしたらいいのでしょうか。代表を選び直して課税に至るのが普通でしょう。  
また、民主党政権は、前回総選挙時の野田氏が言うように、消費税率引き上げよりも先に、行財政のムダの削減にもっと取り組むべきでした。消費税率の早期引き上げに賛成の方でも、この点には少なからず同意されるのではないでしょうか。先日の内閣改造で、通称「仕分けの女王」こと蓮舫前行政刷新担当大臣がさしたる業績を残せないままクビになりましたが、この経緯は象徴的に見えます。」

私も山崎氏の意見に賛同です。
私は消費税引き上げには賛成なのですが、その議論より前に解散総選挙でしょう。

政治家は嘘つきの始まり、なのでしょうか?
それで本当にいいのでしょうか?

別にスウェーデンの肩を持つわけではないのですが、こちらの首相はもっと真摯で、国民もナイーブで、このような動画がでたら当然マスコミが政権を激しく叩くでしょう。

日本はというと、もともとマスコミは自民党政権をああだこうだとネガティブキャンペーンを張って、民主党はマニフェスト詐欺で国民をだまし、そして政権交代したら国民が幸せになる、なんてことはちっともなかったことはもういうまでもないでしょう。

鳩山首相
菅首相
そして、この野田首相

もう沢山だ、といいたい。野田首相にいたっては、マニフェストのルールを熟知しておりながら平気で破る確信犯。政治を語る資格すらないでしょう。次の選挙で落としてしまいましょう、こんな恥知らずな日本人男性は。



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

PageTop

01/16のツイートまとめ

MaggieQ2000

ここでNYGがほぼとどめのTD!
01-16 09:45

残り4分きってNYGが10点差でリード。思ったより強い!!
01-16 09:43

NYG20-10GBPでハーフタイム。最後のTDはしびれた。
01-16 08:12

インテルの勝利をみとどけてチャンネルをNFL,NY Giants vs GB Packersへ。まあGBが勝つだろうけど。
01-16 06:44

イブラ! ロビーニョ!そしてナガトモ!!
01-16 06:32

このミラノダービーで日本人が活躍するというのは数年前は夢のまた夢だったよなあ。
01-16 06:28

いきなり長友のシュート!
01-16 06:21

TexansはあのルーキーQBでは勝てる感じがなかったな。デロームだせばいいのに。。で、次の試合の開始までインテルvsミランへチャンネルを変える。
01-16 06:20

Absolut Vodka 700ml一本を空けるのに半年かかった。まあ、飲みすぎてもろくなことはないのだが。
01-16 06:18

NFLプレーオフ、レイバンズvsテキサンズ。後半残り2分!山場です。
01-16 05:55

PageTop

01/15のツイートまとめ

MaggieQ2000

結局49ersが劇的な勝利をあげた。パトリオッツは怒涛の勝利。今日の試合も楽しみ。
01-15 19:32

49ers FGで 20-14.しかし最終的にはセインツが勝つんじゃないかと予想。
01-15 08:43

北大の複数教授が「預け金」か : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://t.co/pBKh3EKW
01-15 08:36

前半を17-14で折り返す。面白い試合だ。
01-15 08:20

セインツTDで17-7と10点差につめる.これで面白くなった!
01-15 07:36

予想に反してホームの49ersがいきなり2TDで14点差!!
01-15 07:13

ヒューイルイスのアメリカ国歌斉唱。さあ、NFLプレイオフ。49ersとセインツの試合開始!
01-15 06:34

PageTop

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 ネタバレあり

月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルは、大物実業家ヴェンネルストレムの違法行為を暴露する記事を発表した。だが、名誉毀損で有罪になり、彼は『ミレニアム』から離れることになる。
そんな彼の身元を大企業グループの前会長ヘンリック・ヴァンゲルが密かに調べていた。
背中にドラゴンのタトゥーを入れ、特異な風貌をした女性調査員リスベットの働きで、
ヘンリックはミカエルが信頼に足る人物だと確信し、兄の孫娘ハリエットがおよそ40年前に失踪した事件の調査を彼に依頼する。
ハリエットはヘンリックの一族が住む孤島で忽然と姿を消していた。
ヘンリックは一族の誰かが殺したものと考えており、事件を解決すれば、ヴェンネルストレムを破滅させる証拠資料を渡すという。
ミカエルは依頼を受諾し、困難な調査を開始する。

全世界で2100万部を突破、2008年度世界書籍売り上げランキング第2位!世界中に旋風を巻き起こした驚異のミステリ3部作の第1部。映画化され、ヨーロッパを中心に各国でナンバー1の大ヒット。

\\\\\\\\\\\\\\\

以上がアマゾンでの紹介

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上下 早川書房を読み返した。

この作品は、日本語版が手元にあり、原書を買って並行して読んだ。最初は原書を数ページ読んでその後で日本語で確認、だったが、だんだん面倒になり(笑)最後のほうは先に日本語で読んで後でスウェーデン語で読んだ。

ミレニアムシリーズは3まであり、私の手元には日本語版は1しかない。で、2と3を原書で先日読み終えた。

そして、1の日本語版上下をこのたび読み返した。
そう、ハリウッド版の映画を見る前にもう一度読み返しておきたかったわけである。
ちなみにスウェーデンで製作された映画は見てない。

まずネタバレなしの書評を書くようにトライしたいところですが、面倒なので諦めました。

ネタバレ全開でいきますので、映画をみる予定の方は今日はここまで。映画を見た後もしくは本で読まれた後にまたのお越しを。




まず、結論から言うと、非常に楽しく読める娯楽作品であることは間違いないと思います。
さらに、この作品は、ストックホルムと、スウェーデン北部の架空の島と町が舞台なのですが、ストックホルムの様子はわかるし、他の実在の町の様子や彼らの食事の内容や実際の味も手に取るようにイメージがつくのがスウェーデン発の小説の楽しめるところでしょう。

私が読んで思い出したのは、シドニーシェルダンの「ゲームの達人」です。ゲームの達人は日本語で読んで、英語の吹き込み版を図書館で借りてカセットに落として、それを聞いて英語のヒアリングの勉強に昔励んだことがあります。今回の場合は二つの言語で読んで楽しみました。スウェーデン語の本で日本語に訳されているものは今まで読んだことがなかったので、どのように訳されるか、というのも興味がありました。そして、スケール感やスリル感もよく似ているなあと思いました。

作者ラーソンにかかわるエピソードはネットでもたくさんヒットします。作者は大ヒットしたときにはすでに亡くなっていること。サンボ(内縁の妻)の女性が遺産や売り上げの利益を引き継ぐことができないこと、など。
ちなみに、原書での1の題は、「ミレニアム、女を憎む男たち」、で、第一章の前には、「スウェーデンでは女性の18パーセントが男に脅迫された経験を持つ。」第15章の前に、「スウェーデンでは女性の13パーセントが、性的パートナー以外の人物から深刻な性的暴力を受けた経験を有する。」という文章が入ってます。作者ラーソンがジャーナリストで差別問題への意識が高く、女性への暴力への関心も高かったのでしょう。
(私の印象では、この国の女性が他の世界の国の女性に比べて酷い迫害をうけているとは到底思えないがそれはおいといて)

この日本語の本には、登場人物一覧表の書いた紙がはさんであります。まあ確かに多いとは思うが、まあ、それほど混乱するほどではないです。
で、主要人物は、ミカエル・ブルムクヴィスト、エリカ・ベルジェ、そしてリスベット・サランデル。ちなみに私の一番好きな登場人物はドラガン・アルマンスキーというリスベットの上司です。彼が一番人間味があるといっていいでしょう。
キャラはドラゴンタトゥー女のリスベットが一番立ってます。社会や組織への親和性は0で、その理由は本人の性格や特質にもよるが、もっと詳しいことはこのシリーズの2にならないとわからないようになってます。
ミカエルは「典型的なスウェーデン人男」とはとてもいえない、正義感倫理観に満ちたジャーナリストです。もちろん、典型的な人物を主役にすえてもドラマが面白くなるわけないのであたりまえといえばあたりまえかもしれませんが。

ま、正直あまり好きにもなれないし、感情移入もできないキャラです。

エリカとミカエルの関係もわかるようでわからない。同志であり、同僚であり友達であり愛人である。ちなみにエリカは人妻でその旦那グレーゲルがふたりの関係に関して苦情をいわないからなりたってます。そこはあまり倫理的ではありません。

ミカエルは女性からしたらとても魅力があるようで、若い頃からの遍歴もおさかんで、そして、この作中でもふたりの女性が自分から彼を誘惑してきます。
他の人の書評をネットでみると、さすがスウェーデンの作品、セックスに関する登場人物の意識や描写があっけらかん、みたいなものもいくつか見受けられました。

残念ながら(笑)、スウェーデン人の恋愛意識やセックスへの意識の情報には疎いのでこれに関しては的確な評論ができないのですが。

まあ、女性から積極的に迫る人もいることはいるのでしょう。

とにかく、第一印象からして、寝てみたい、と思わせる男、一緒にいても、違和感がない、いやな感じがない、抱かれてみたい、というスーパーな設定です。

しかし、登場人物のそこらへんの心象説明は小説としてはあまりうまくありません。

で、この小説は、ミカエルとエリカのストーリー、謎めいたリスベットのこれまでの人生と、リスベットの後見人ビュルマンとの間の確執、実業家ヴェンネルストレムとミカエルの対決、そして、ヴァンゲル家の長年の謎とその内部の驚くべき人間関係という複数のストーリーが織り成されてます。
で、これが彼の小説処女作ということを考えると、やはりたいしたものである。
ミカエルがヴェンネル家の長年の謎を見事に解決します。ネタバレ全開といえどもそこを書くのは控えておきます。
詳細をつきつめると、やや現実感がないとは思いますが、まあ、見事な推理過程とからくりだったとはおもいます。

すこしだけネタバレをだすと(核心なので改行します。やはり知りたくない人はここまでで)、


重要な暗号解析に聖書がからんできます。これはミッションインポッシブル1でもでてきたし、西欧の謎解きではよくある共通の暗号解析書類ということになります。

しかし、いかれた殺人鬼親子とその犠牲者の心象描写はまあ、もうひとつかな。

あと、ヴァンゲル家の問題の最終解決、そしてヴェンネルストレムに関する問題の追及に関しては、もはや推理小説とはいえません。

なぜなら、リスベットの特殊能力、画像記憶能力や記憶力、他人のコンピューターへのハッキング能力、そして複数の優秀なハッカー友達が解決するからです。そのための発明品もでてきます。ようするに、SFの世界といっていいでしょう。

そう、この作品は娯楽作品で、各シーンの映像イメージもスリルもなかなかのレベルでしょう。だからこそ世界的にヒットして映画化されるわけですが。
それに作者の暴力を受ける女性への視線があり、リスベットの生い立ちの謎は先送りされます。
結論としては、訳者のあとがきにあるようにわざとミカエルは「美しくセクシーだが賢いとはいえない典型的な「女性キャラクター」の男性版としてかかれて」おり、それがまあ、正直感情移入できない理由かもしれませんが、スウェーデン独自の新たなヒーロー像ともいえますし、物語の後半の展開はうまくいきすぎではありますが、楽しむことができました。
ま、一番面白いところは、リスベットのビュルマンへの逆襲の刺青シーンです。
(実は、小説、原書で2が手許にあって、それから読み始めて何のことかわからず、1をあとで買ったというのが実情です)

ちなみに原書でも比較的すいすい読めましたが、単語レベルで分からないところはもちろんわからずストップして辞書ひきひきです。そうやって読むとやはり状景がクリアーにイメージできないところが第二外国語の語学力の限界といったところでしょうか。

正直、スウェーデン社会の問題点や暗部を暴いた、という感じはなく、ああ、そういうことに神経質な人は女性だけでなく男性にもいるんだな、といったところでしょう。作中では女性の男性に対する暴力は痛快に表現されてますがなんだかなといったところです。
ハリウッド映画はチョー楽しみです。




クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

PageTop

01/14のツイートまとめ

MaggieQ2000

テレビでロッキー3、そして今からロッキー4.ロッキーはやはりスポ根ものの原点として感動してしまう。
01-14 07:07

PageTop

イッタラのアウトレットにイッタラ

北欧関係二大だじゃれとして

イケアにイケア

そして

イッタラにイッタラ

がある。今日のブログの書きたいことの9割はここで終わり。

今日土曜日、イッタラのアウトレットにいってきた。ストックホルムの郊外にもあるが、私の退屈な町の郊外にもある。話のねたに行って来た。バスで降りたその町は超さびれてて、こんなところに本当にあるの?と思ってしばらくあるいたら店があり、店内は大盛況だった。みんな車できてた。

イッタラ(Iittala)、というのは北欧の食器ブランドである。
IKEAで揃えたほうがはるかに安いのだが、やはりそれ以外を求めるひとも多く、人気である。
一応私も臨時「北欧雑貨」ブログをやったことがあるので、まあ、興味が無いことはないことはない(笑)。
ま、食べる中身のほうに興味がよりあるのだが、美しい食器での食事が気分が悪かろうはずは無い。
数年前、ドイツのマイセンにいってマイセンの工場に行ってきた。付設の店で欲しい物は沢山あったがこれは高すぎた。12月のロイヤルコペンハーゲンではイヤープレートを一枚買った。

ところでイッタラ、日本人に特に人気がある(だろう)のは、ムーミン関係のマグカップなど。日本での値段をみたら、やはりこちらのほうが安い。で、アウトレット、他の人を見てたら豪快に皿だの色々大人買いしている。こちらではパーティーなどに人を招く場合、食器は統一したほうがいいそうな。そういえば、ロイヤルコペンハーゲンの店でも、様々なホームパーティーの卓上の食器のアイディアが提示されていた。

ちなみに、アラビアというブランドの陶器メーカーが2004年にイッタラグループに買収されたので、アラビアの食器もありました。

今回はリュックでお皿をひっかけて割って弁償、という事態にならないようにびくびくして店を見て回りました。

日本で北欧のイメージがいいのはいいことですが、このような食器メーカーもそれに貢献しているのでしょう。

317hOm+6X7L__SS400_.jpg

写真の出展はhttp://www.amazon.co.jp/iittala%E3%82%A4%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%A9-ARABIA%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%93%E3%82%A2-%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3Moomin-%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97/dp/B002ST9ZZC/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1326576909&sr=8-1
買おうかなと思いましたが買ってません。




クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




PageTop

01/13のツイートまとめ

MaggieQ2000

勝ち抜けなかったスウェーデン人が泣いてる。よくがんばった。戦いに敗れても君は美しい。
01-13 04:41

残念!今日のお題の鶏肉料理で勝ち抜けませんでした。焼き鳥作ればよかったのに。
01-13 04:38

730pmからのコメディがやけに古臭いなと思ってたら、1998年のものだと。まあ、別の局では風雲たけし城流してるからおどろくほどではないが。
01-13 04:08

TV4でアマチュア料理人の番組で日本人がでてる。がんばれ!
01-13 04:07

PageTop

COOPにて

金曜日の午後、職場での挨拶はいつも、「素敵な週末を」である。

今日は仕事で、午後に町のはずれにあるxxxxビジネスパークに行った。自転車で。ビジネスパークの敷地は鉄条網つきのフェンスに囲まれており、入り口には警備員のオフィス。予め来客の予約がないと入れないシステム。大した警備がされてあるエリアである。企業スパイやテロ対策だろうか。

そこに自転車でたどり着くまでが大変だった。氷点下の粉雪まじりの強風、路面は所々凍っていてその上に軽く雪が積もる。周りに遮るものもなく、まともに走れなかった。

町の南側になるが、何もない土地がいくらでもある。ここ数年住宅難で大学生が住むところを確保できない状態が続いているのだが、政治家は何をしているのだろうか。

で、午後4時に訪問先をでて、帰り道にあるIKEAへ。正確には、IKEA食料売り場へ。そこで、ウインナーソーセージ2袋とホットドッグ用パン1袋とマスタードを買う。

その後、IKEAの隣、同じショッピングセンターエリアにあるCOOPという大きな郊外型スーパーマーケットへ。

そこで、冷凍えび1袋、冷凍いか2袋、そしてKEXというお菓子1袋を持ってレジへ。暗くなってきたし劣悪な自転車走行環境なのでそれほど買えない。

で、レジで、COOPカードを読みこんで、クレジットカードで支払いした後、レジの女性が話しかけてきた。

その、リュックサック、開けて中を確認させろ、と。

スウェーデンでリュックサックをレジで開けろと言われたのはこれが2回目である。一回目は学生が住むエリアの近くの小規模のICA.その時は、なぜだ?と食い下がったが、店を出るところで、リュックは確認すると張り紙があった。今回はそのような張り紙があったかどうかはわからない。

で、リュックの中身、先ほどIKEAで買ったパンとウインナーを見せた。

そしたら、なんと

IKEAのレシートを見せろ。

といわれた。え?これIKEAで買ったんだが、これ(IKEAブランドの食品を)ここで売ってるのか?と聞いたが、そのパンはいいから、ウインナーのレシートをみせろ、と意味不明なことをいわれた。その前に一文なにか言われたがきちんと覚えていない。

文句を言うのも面倒なので、財布からIKEAのレシートを出してレジの女性にみせて、リュックにいかとえびとKEXをいれてまた氷点下の外へ。

彼女が何を言ったのかきちんと思い出せないが、IKEAと共同で(万引き対策)してるとか、それもここで売ってるとかなにか言ったのかも知れない。売ってないと思うが。

とにかく、万引きしたのではないか、と疑われたのは間違いない。

COOPのレジの女性にどのような指令が下っているのかは分からない。
ただ、上下黒の防寒着とニットの帽子のいでたち、そして、この切れ長の一重の目で、あやしい男、と判断されたことは間違いないだろう。

そして、そのことは、これまでに、そのようなアジア人が怪しい行動をとってきたり実際万引きしているから私も疑われた、という可能性が高いだろう。彼女はマニュアルに従って要注意人物に確認作業をしただけである。

ちなみに、このようなことは、バルト海フェリーを降りてスウェーデンに戻った時に2回も体験している。通常、パスポートチェックはないのだが、一回目はなんと、リガから戻ってストックホルムのフェリーターミナルをでてしばらく歩いた交差点で警察官にパスポートを見せろ、といわれた。もちろんそのような尋問をうけたのは周りを見渡しても私だけだった。入国時からずっと行動をチェックされていたのだろう。最初は偽警官かと思った。
そして、2回目はヘルシンキからの帰り、連れと一緒に私達ふたりだけがパスポートを見せろ、と言われた。

こちらのほうはバルト海を渡って来るアジア人(いうまでもない、中国人だ)は要注意、という入国に関するチェック項目があるのだろう。

で、通算2回の入国時の特別審査にくわえ、スーパーでの万引き要注意リストにアジア人としてリストアップされており、通算2回目のリュックの中身チェックをされた挙句、横の店で買ったもののレシートまで提示しろ、といわれた。これはさすがに気分が悪い。

この気分の悪さは、いままで悪さをしてきたアジア人(いうまでもない、中国人だ)にも向かうし、こちらを窃盗者扱いするスウェーデンのスーパーにも向かう。そんなに移民が疑わしいのなら移民を入れなければいいのではないだろうか?そして、そのように勘違いされた自分の身なりにも向かう。

そして、これが、日本以外で生きるということの現実、でもある。私の見た目は中国人にしか見えないだろうし、この国では移民は貧しい犯罪予備軍として見た目で最初に「区別」される存在だろう。まあ、職場での名札をつけて外を歩くわけにもいかないし、車で乗り付けてかっこいいコートきてリュックでなくてブランド物のかばんを持っていたとしてもその中身を見せろといわれるかもしれないが。
以前、知人の日本人女性が移民街にバスで降り立ったところで白人に「あなたいくら?」と聞かれたことがあるのだが、移民は男は犯罪者予備軍、女性は売春婦扱いといったところか。

日本以外、海外で暮らすということはこういうことであり、スウェーデンで暮らすということはこういう屈辱も受け流さないといけない。何度も言うが私は別にこの国が好きだから7年も暮らしているわけではなく、クリアーな目的があるからここで仕事をしているだけである。氷点下をまた自転車で走りながら、やっぱ寒い国は最悪だ(笑)と改めて思った。



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

PageTop

成人の日の社説読み比べ

朝日の社説だけ読んでdisるのはフェアでない、と思い、成人の日、社説 2012で検索して何社かの新聞の社説を読み比べました。みなさんも時間があればどうぞ。
結論、朝日の社説の酷さが突出している(笑)

で、それらで知ったことといえば、今年の新成人は122万人、新成人の人口(総務省の推計、1968年に調査開始)は95年から年々、減少を続け、ピークだった70年の半数を初めて下回った。ということ。

若者と取り巻く状況は厳しく、「 明るい未来を想像しにくくなっている。加速する超高齢社会。積もる国の負債。壊れかけの社会保障。人を使い捨てにする不安定雇用。就活だ婚活だと、何もかも競争や成否を強迫する「カツドウ」に仕立てる消費社会…。 (愛媛新聞)」

そして、怒れとか行動にでよ、とかいう意見から、「“復興元年”の新成人には、幅広く職業観を培い、人生を切り拓(ひら)いていってもらいたい。(読売新聞)」という無難な意見までありました。

後、毎日新聞が取り上げていた石川啄木が26歳で亡くなったことを知りました。そう、尾崎豊と同じ年ですね。偶然ですが。

若者の立場が大変なことはよくわかりました。で、すでに出来上がっている社会を、自分達にとってより良い社会にする方法は、とういと、やはり、ネットでの活動やデモや破壊活動ではなく、選挙による政治への参加が一番効果的だと思われます。一票一票は軽いし、年寄りの人口が多い分彼らの意見を組み入れる政治家が多いのも当然。そこで、若者のこれからのことを真剣に考えている政治家を選び、彼らに集中して投票するしかないでしょう。
もしくは、そのような大志をいだいて政治家を志すのもいいでしょう。中東じゃあるまいし、デモをしたところで内閣が辞職することはないでしょう。(岸内閣を退陣させたころの人たちのノスタルジアは無視しましょう。)
賢い人は、勉強して官僚組織の中に入っていくのもひとつのチャレンジでしょう。

ひとつだけはっきりしていることは、一人の力で社会が変わる、ということは絶対ありません。
変えようという意思を表明することは大切ですが、現在の社会でいかに生きていくか、という具体的なストラテジー、短期的長期的目標がないと、社説のとおり、厳しいでしょう。

そして、大人の社会で、自分を救ってくれるのは自分だけです。努力もしない人間を周りが助けてくれるほど世の中は甘くないでしょう。さらに追い討ちをかけると「努力したらなんとかなると思ったら大間違いよ(by私の恩人)」です。努力もきちんとした戦略の上のものでなければ効果が十分でないことがあります。自分の才能を過大評価して貴重な時間をつぶすこともあるでしょう。
自分自身への客観的評価、自分の目標、夢、そこまでの距離、それを可能にするにはどのような方法があるか、遠回りでもそこに達する可能性があれば進むべきでしょうし、より近道があれば険しい道でも選択してもいいかもしれません。そして、その道程には当然予定外想定外の障害が起こります。それも予め出来る限り考えておかないと方向修正が困難になります。

と、このブログを読んでいるのはおっさんおばさんがほとんどなのでこれ以上熱くなっても仕方ないですが、それでも、世界の多くの国で20歳になる人たちに比べると日本の新成人が圧倒的に恵まれている、さらに、日本の今までの長い歴史の中でもやはり恵まれている方だろう、とうい相対的な事実も指摘しておきましょう。

私の結論は、尾崎豊ではなくて、やはり、徳川家康でしょう。



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

PageTop

尾崎豊を知っているか?  はい。知ってます。

昔、大学生の頃、私は朝日新聞を購読していた。卒業するまで。
そして、朝日新聞の権威はまだ当時は有効で、私も思考停止でその意見を取り入れてたと思われる。

懐かしい。

社会に出て、朝日新聞がいかにとんでもないか、がわかった。ま、若い頃は読んでもいいかもしれないが、年を取ってからはまたなにか面白いこと(訳のわからないこと)を書いてるか?くらいの気持ちで読めばいいかもしれない。

で、その朝日新聞が、成人の日の社説に、

成人の日に―尾崎豊を知っているか

という文章を書いた。
あえてリンクは張らない。朝日のサイトの社説、1月8日付けをクリックすると全文がでてくる。
まさに親父のたわごと以上でも以下でもないゴミのような文章がでてきて、中年の私も筆者に対して憐憫の情を抱かずにはいられないのだが、若者からしたら、なにこのキモイ文章、てな感想かと思うがどうであろう?

で、ブログで、尾崎豊はどこにもいなかったと言うのを見つけた。こちらだけ読めばいいと思われる。

私は尾崎豊の数歳下だが、彼のデビュー当時から死ぬまでよーく知っている。途中勢いがとまってアメリカいって薬やって帰国して覚せい剤でつかまって、その後復活してやっぱり薬のオーバードースで死んだ。死ぬ前数年の歌も悪くは無いが、彼が自分で「うたいたくも無いうたを歌わされた」といっているので、それを評価することは彼にとっては嬉しくはないかもしれない。そして、彼が死んだ後もカラオケでよく歌ってた。
死後、教祖とまで言われて人気がでた。レジェンドになった。私としては生きてる頃のほうがもちろんインパクトがあった。15になる前から知っていたので、早く、15歳になりたかったし、17歳になりたかった。しかしなったところで別に社説に書いてある「大人や社会への反発、不信、抵抗。恵まれていないわけじゃないのに、「ここではない、どこか」を探し、ぶつかり、傷つく。その心象が、若者の共感を呼んだ。 」ほどの共感はなかった。

ブログの方の結論
「要するに尾崎豊というのは、登場した時から若者の感覚とズレていたのです。」

という指摘は、当たっているといっていいだろう。しかし、虚構の世界として、「盗んだバイクで走り出す、行く先もわからぬまま、暗い夜の帳の中へ」というその物語は同時代の若者の心をある程度つかんだことは確かだと思う。「覚えたてのたばこをふかし 星空を見つめながら 自由になれた気がした 15の夜」
そう、あくまでそんなやんちゃをしても「自由になれた気がする」以上の世界にはたどりつけないのは誰でもわかっている。家出してどうやって飯をまともにくっていくのか?
しかし、心にうかぶ映像としては、悪くない。
「夜の校舎窓ガラス壊して回った」というような学校での若者の暴力は確かに昭和の時代、存在した、しかし、実際壊して回ったのは、単なる破壊者、愉快犯であり、尾崎のような心の葛藤からではない、とはいえるだろう。

しかし、たまには現実と虚構の区別がつかなくなった実例もある。

私の知人が尾崎に心酔して、結構きちんとした私立の高校を中退して、その後新宿でギターを弾いてた。大学の数年、年賀状などでやり取りしていたが、そいつがその後どうなったかは知らない。彼がオザキに出会わなかったらどうなったったか、という仮定の話は意味がない。

で、解釈としては、尾崎とその時代の支持者、実際の尾崎の歌を好きだった連中みんなが盗んだバイクで走り出したわけでなく、くわえタバコのセブンティーズマップをきどっていたわけでなく、ただ、彼が歌った、自分とは縁が無い世界を歌のなかである意味楽しんでいたのだと思う。私は尾崎のテープを高校時代は勉強の合間の息抜きに聞いていた。同時に聞いてたのは、渡辺美里のMy revolutionやBoowyの歌などである。

後何度自分自身卒業すれば、本当の自分にたどりつけるのだろう?
やら
この支配からの、卒業
という歌詞を聴いても、何いってるんだろう?と思っていたことは確かである。社会に出てからのほうがもっと大変なことくらいは普通、わかる。

そういう意味で、この朝日の社説を書いた人もその社説に登場する香山リカもいかれているとしかいいようがない。さらに、新進気鋭の社会学者、古市憲寿さんの文章も引用しているが、結局社説をかいた中年のおっさんがなにをいいたいのかさっぱりわからない。

社説の最後の数行を引用

「尾崎豊はどこへ行ったのか。

 あの時の尾崎と同じ26歳、気鋭の社会学者、古市憲寿さんには「オヤジよ、放っておいて」と言われそうだ。

 近著「絶望の国の幸福な若者たち」では、20代の7割が現在の生活に満足している、との調査結果を紹介している。過去40年で最高だ。

 将来の希望が見えないなか、未来を探すより、親しい仲間と「いま、ここ」の身近な幸せをかみしめる。そんな価値観が広まっているという。

 なるほどね。いくら「若者よもっと怒れ」と言っても、こんな社会にした大人の責任はどうよ、と問い返されると、オヤジとしても、なあ……。

 でも、言わせてもらう。

 私たちは最近の社説でも、世界の政治は若者が動かし始めたと説き、若者よ当事者意識を持てと促した。それだけ社会が危うくなっていると思うからだ。

 だから、くどいけれど、きょうも言う。成人の日ってのは、そんなもんだ。

 ともあれ、おめでとう。」


このおっさんはその前の世代のように学生運動に参加できなかったトラウマでもかかえているのか?と勘ぐりたくなる。

私は天声人語を100字に要約して学校の国語の先生に添削してもらう、とういトレーニングを積んで国語力をアップさせた。おかげで大学に入れた。まあ、最近はまた日本語が不自由になってきたのは情けないところだが。

そういう恩のある新聞ではあるが、この社説を要約すると、どうなるだろう?

そう、最初の一行
「ああ、またオヤジの「居酒屋若者論」か」

これで終わりである。



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





PageTop

01/10のツイートまとめ

MaggieQ2000

3年B組金八先生の杉田かおるを思い出すのは私がおっさんだからか?
01-10 02:55

40代後半の同僚がいきなりMormor(おばあさん)になったと衝撃のニュースが職場に。娘さんは15歳。みんな言葉を失った。さすがこちらでもそれだけ若いお母さんは珍しいそうな。同僚には今日会ってないが、やはりおめでとう、と言うべきか。その同僚もおととし出産してる。
01-10 01:19

PageTop

01/09のツイートまとめ

MaggieQ2000

さ、あたらしい一週間がんばろう!
01-09 14:58

デンバーのTebowというQBがスターダムにのし上がったその瞬間を見ることが出来た!
01-09 10:15

新成人に贈る言葉、やはり、しっかり勉強してしっかり本読んで友人と交流して、町にもでないとね。ネットはほどほどに。きちんと食べてきちんと睡眠とって。Followerに何人新成人がいるのかわかんないけどとりあえず。
01-09 08:58

エルウェイが現役の頃はむちゃくちゃ強かったよなあ、デンバー。
01-09 08:51

予想外の展開、デンバーが優勢で前半終了。
01-09 08:18

セーフティーの2点だけじゃあ勝てないよね。さらにモメンタムも逃して、残念でしたとしかいいようがないアトランタ。NYGは次の試合GB戦が楽しみ。
01-09 05:56

今日もありがたいことにNFLテレビ観戦。アトランタなぞのプレー、ギャンブルで自爆。NYGのTDという流れ。
01-09 05:14

PageTop

変見自在シリーズ 高山正之

前回の「異見自在 世界は腹黒い 高山正之」のブログはこちら

今回は、変見自在シリーズを読んだ。手許にあるのは以下の五冊
『サダム・フセインは偉かった 変見自在』(新潮社、2007年)
『スーチー女史は善人か 変見自在』(新潮社、2008年)
『ジョージ・ブッシュが日本を救った 変見自在』(新潮社、2008年)
『オバマ大統領は黒人か 変見自在』(新潮社、2009年)
『偉人リンカーンは奴隷好き 変見自在』(新潮社、2010年)

Wikiでの彼の解説では、経歴は、1965年、産経新聞社に入社。警視庁クラブ、羽田クラブ詰、夕刊フジ記者を経て、産経新聞社会部次長(デスク)。1985年から1987年までテヘラン支局長を務め、1980年代のイラン革命やイラン・イラク戦争を現地で取材。また、アジアハイウェー踏査隊長としてアジア諸国を巡る。1992年から1996年までロサンゼルス支局長。さらに本での説明では2001年から2007年まで帝京大教授。
さらに、「コラムにおける批判対象は国外においては中華人民共和国、大韓民国、北朝鮮のみならずアメリカ合衆国をはじめとした欧米諸国にも批判的で思想的には保守に近い。また、国内では官僚とマスコミ、とりわけ朝日新聞社に対して批判を展開することが多い。」

というわけで、私とも考えが非常に似通った人で、当然、面白く読みました。
で、この5冊には同じ国や地域、人に対して同じエピソードが何回もでてくるのが特徴で、そこに折々の問題人物をからめて一回のエッセーとなってます。私としては面白いけど、まあ、わざと下品な書き方をしているのは損をしている部分かな、と思います(それは私のブログも似たようなもんでしょうけど)

世界は腹黒い、という前作から一貫しているのは、他の国の歴史や行動、プロパガンダを見るといかに彼らが腹黒い、えげつないことをやってきたか、そして偽善か、という指摘です。そして、朝日新聞をはじめとする、国内の反日因子の理不尽な過去や現在の日本への因縁がいかに理不尽かもわかります。

私はもちろんバックパッカーのみなさんほどは世界中を巡っているわけではないのですが、海外生活はもうすぐトータルで10年となり、いちおう、北米中南米南米オセアニアアジア小アジア北欧中欧東欧そして北アフリカを訪れており、世界のみなさんと笑顔だけで接してればオッケーではないことはわかっております。
そして、国際政治の舞台では、彼のいう、「周りの国が嫌がることをするのが外交の要」というのはまさにそのとおりで、友愛などとは口でいうのは構わないが、それだけで押し通すとしたらほんまもんのバカである。で、日本は確か数年前そんな首相がいたわけですよね。

そして歴史に関して、例えばアメリカの歴史、オーストラリアの歴史、彼らが先住民をどう扱ったか、スペインイギリスオランダなどが中南米アジアアフリカの植民地でなにをしてきたのか、は何度かでてきますが、心に留めておくべきポイントでしょう。中国の国の成り立ちについてももちろん。そして、現代のアメリカ、とくに民主党政権下でいかに日本企業がえげつなく金をまきあげられたか、も、アメリカという国を知る上で重要でしょう。

また、知らないこともありました。例えば、永世中立国スイスがなぜかあくどく日本から第二次世界大戦の賠償金をゲットしていた、とか、東ティモールの歴史的経緯など。

そう、そして、彼らは他の国がなにかあれば当然のようにつけこんできます。日本人として悲しいのは、国内のそういった連中と連動するマッチポンプ反日分子と、日系反日アメリカ人の存在。

日本人がこれから重要なのは、理不尽な海外からの因縁にはきっちりNOということ、無駄な金はださない、ということでしょう。特にアジアの問題は、河野洋平など過去の政治家の失点があり、これらをきちんと総括する事も必要でしょう。

後、彼の過去の話で面白いのは、アフガニスタンでの危険な移動や、戦時中のテヘランでの話。特にアフガンでは無知な日本人がその後も被害にあっているので、情報は重要だと思われます。

などなど、読みどころは沢山ありますので、お勧めのシリーズです。



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


PageTop

01/08のツイートまとめ

MaggieQ2000

アメリカの番組で、Breesの正確無比なパスコントロールの特集を見たことがある。やはりものが違うと言う感じだった。7点ビハインドでLionsの攻撃もすごいか、どうなる?
01-08 11:15

しかしLionsがすばらしいドライブでいきなりTD!
01-08 10:15

Lions vs Saints 始まる。Saintsが勝つだろう。
01-08 10:01

とどめのタッチダウン!
01-08 09:19

Texansが勝ちそうだね。
01-08 09:14

そっか、成人式の日か今日は。夜に4人で焼肉屋にいったのが楽しい思い出。式自体は退屈だった。まあ、そんなもんだろうけど。
01-08 09:14

Houstonのすばらしいインターセプトからのタッチダウン。
01-08 08:07

油揚げ、 豆腐、厚揚げ、こんにゃく、ちくわ類、これらが切れてます。先週のおでんで終了してしまった。豆腐はBlue dragon brandのものは高すぎて買えない。
01-08 07:58

脂肪分35%のチーズを(まちがって)買っていて、ビールのあてとしてくったら、きっつー
01-08 07:38

NFLのPlayoffが今から2試合TV観戦できる。すばらしい!
01-08 06:45

続きを読む

PageTop

Mission Impossible 1,2,3

テレビでMission Impossibleを1,2,3と3夜連続放映したのでみました。。
これはMission Impossible 4の前フリだと思われます。

トムクルーズとのラッキーなご対面はこちら

で、こちらのTV4の放映の仕方。午後9時30分から30分放映して、なんとニュースを10時から20分ながして、続きを0時過ぎまで流す、というぶちぎり放映をしてくれます。緊張感もとぎれるし、映画にたいする冒涜以外の何者でもないと思いますが、文句をいわないスウェーデン人っていったい、、

で、Mission Impossible 1
1996年の作品。トムが若い!日本のドライブインシアターでみた思い出がある。私も若かった。はっきり記憶にあったのは、CIAの本部でイーサンハントが宙吊りになるシーン。後、ジャンレノが出てたのは思い出したし、プラハの水槽が割れたのも思い出した。オープニングの作戦は全く記憶に無かった。
最初のアクションの舞台はチェコのプラハ。プラハには2回いった。映画の舞台に行ったことがあるってのはなんかそれだけでうれしいよね。今回の場合はつい先月主演スターまで見ることができたからよりうれしい。で、後半なんと仕事で呼ばれて見られなかった。。

Mission impossible 2
2000年の作品。トムはまだまだ若い!
この作品は断片ながら、より記憶がある。最初のロッククライミング、女スパイとの最初の出会いとカーチェーシング。しかし、後半はそれほどでもなく、バイクのチェーシングは楽しめた。
そして、このシリーズのポイント、覆面を多用してはらはらさせるのも、知ってながらも面白い。天地茂シリーズを思い出すのは私がおっさんだからか?
そして、白い鳩と一緒にイーサンハントが敵の前に姿を現す(横切る)シーンが、1~3のシリーズの中でももっともかっこいいシーンと言えよう。
オープニングの舞台はスペインのセビリア。ここも行った。後のシドニーは昔行ったことがある。
主演女優は前シリーズの中ではあまり好きではない。

Mission Impossible 3
2006年の作品。ストックホルムでみた。
Maggie Q演じるゼーンがイーサンハントのチームの一員として出演。
この映画以降私のネットでの名まえがQ2000からMaggie Q2000に変わった思い出の一品。
といっても、映画の記憶は、あの上海での空を飛ぶシーンと、走るシーンと、奥さん頑張る、のシーン。
アメリカでの破壊的なアクションシーンの記憶はなかった。飛行機やヘリがでて橋がぶっこわれておもしろい。
舞台はベルリン、ローマ、バチカン、上海。上海以外は行った。

というわけで、それぞれの映画を見た頃の自分を思い出しつつ、トムのアクションを楽しみつつ、3作を見ました。

私の好きなアクションシリーズは007とこれです。



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

PageTop

01/07のツイートまとめ

MaggieQ2000

今日土曜日、快晴。昼は町にでもでてみようか?とりあえず。
01-07 18:10

Brannvin アルコール度数40%をちびちびやってます。
01-07 05:24

930 からの映画Mission Impossible 3が楽しみ。新番組The Voice Sverige、どうも面白いと思わないのだが、こちらの人にはIdolみたいなものなので受けるのだろうか?
01-07 05:24

PageTop

1973年のピンボール 村上春樹

「風の歌を聴け」の続編 古い作品なのでねたばれもなんでもありで感想をかきます。

風の歌を聴け、よりは個人的には面白いな、と思った。この本に関する記憶は、双子の女性、だけだったのだが、番号、うーん、207と208だったかな?と予想しながら読んだら1ずれてた(笑)

相変わらずこの作品でも鼠には全く感情移入できない。
主人公はなんやかんやいいながらもきちんと働いているのがいい。
いっしょに働いている20の女性も、悩みを海老をくいながら打ち明けてその後、自分なりの方向性を打ち出したのだろう。
作者は小説のはじめに、出口がなければ、文章を書く意味なんて何もない、と立場を表明している。
その出口、を作者がどう捕らえているのかは、それ以降の作品などで読者が見出さないといけないのだろうけど、私が覚えている限りでは世界の終わりとハードボイルドワンダーランドの「出口」は切ないものだったが、、

この作品でのクライマックス、ピンボール台との再会は結局彼にとって、その場所を立ち去るとき、振り返ることも無い、というものとなった。
自分が打ち込んだものとの関係性が数年後に全く変わってしまうということよくある。
とくに、人と人との関係においては。
結局、ピンボールとの再会は過去との決別となり、鼠は街をでて、双子はもといた場所に戻る。
突然主人公のところにやってきた双子の女性は何を意味しているのだろうか?
ジェイズバーは鼠と主人公にとっては入り口、だったのだろうか?

直子という女性の死や、霊園での鼠の死との距離、そしてどもりのある土星からの青年などは、数年後のノルウェイの森に繋がっているのだろう。

本にH1.12.6と鉛筆で読み始めた日が書いてあった。今年平成何年なのか海外にいるといつもわからなくなる。20年以上前の自分がどうこの本を捕らえたのかは全く記憶に無い。

今回の感想は、というと、まあ、前作、風の歌を聴け、よりは面白かったかな、という程度、かなあ。それぞれのエピソード、北に帰る女性との話や配電盤の葬式など、にあまり感銘しないのと、主人公が海老を食べながらいった言葉で彼への共感も無くなったからかなあ。というか、じゃあノルウェイの森のトオルはどうだ?といわれると似たようなもんかもしれないけど。

村上ファンは暇があれば読み返してください。

余談
私は村上龍と村上春樹は好きである。その前は、宮本輝と渡辺淳一が好きだった。
ためになる本、てなんなんだろうな?とふと疑問に思った。村上春樹のこの作品は少なくとも「ためになる本」ではない、し、じゃあ彼のそれ以降の作品でもためになる本は無かったようにも思う。私の好きな東野圭吾の作品がためになるか?というと推理小説とういのはためになるとかならないとかというものではないだろう。そう、娯楽。ためになるかどうかを基準とするなら、ある分野のきちんとした本じゃないといけないのだろう。しかし、そのような本はこちらでは手に入らないし、アマゾンを使うと関税がかかるから買う気もない。
宮本輝の一時期の作品は読んでしみじみするものがあったが、10年前から読むのをやめた。劣化した、と思ったから。それ以降の作品でおすすめがあれば教えて欲しい。渡辺淳一にいたってはもう読む気はない。

PageTop

風の歌を聴け 村上春樹

休日の午前、戸棚にあったので手にとって3時間で読めた。

ご存知、村上春樹さんのデビュー作。

彼の作品の中で読んだ順番までははっきり覚えては無いが、ノルウェイの森が最初のほうで、一番好きな作品は世界の終わりとハードボイルドワンダーランド。その後、彼の作品はアンダーグラウンドを除きだいたい読んだ、はず。ただ、ねじまき鳥は途中で挫折した。

彼のエッセーで、彼が神宮球場で野球を見ていてこの作品を書くことを決意した、というのを読んだことがある。そのころ彼はジャズ喫茶を経営していた。

で、この作品、風の歌を聴け。昔読んだはずだが、全くもって内容を覚えてなかった。

で、読み始めて、時折、記憶のどこかに沈んでいたフレーズを目にした。しかし、はっきり覚えていたのはこの会話だけ。

フランス人水兵との会話
「ミシェル・ポルナレフ。」
「糞(メルドー)だ。」

シェリーに口づけ、という歌はメロディーラインが好きだったので、へー、と思ったから記憶に残っていた。

で、作品は、主人公が夏に帰省してバーに通いつめて、そこから始まる暑いひと夏のお話。舞台は芦屋。書いてないけど。

群像新人賞受賞作品。

後の彼の作品にでてくるような表現がすでにある。

私も大学時代、夏と年末年始には帰省していた。最初の2年は、夏には高校時代の友達とあったり、一緒にドライブしたり海に行ったりした。その後、高校時代の連中との付き合いは徐々に減っていって、結婚式の二次会に参加したのが最後で、その後、1年前の同窓会まで全く交流がなかった。

で、大学時代の帰省の時の思い出は、海でナンパして失敗したことくらいかな。

で、この作品で、彼は何を書きたかったのだろう?青春のほろ苦さ、くらいなのだろうか。後日談も付いている。
一番面白い場面は、DJとのやりとり、かな。鼠の苦悩はちょっとわからない。3部作の残りもあるからこの週末に読んでみよう。21歳の時の大学生が抱える意識や見える景色、と、それから倍近く生きて見える景色、というのはどうなんだろう?若い頃は良かったとは思うけど、やり直したい、とは正直あまり思わない(笑)もちろん、明らかな失敗は修正できるだろうけど、その先にはまたどうせ別の失敗がまっていただろうし。若い頃のほろ苦さをかみしめる作品としてはやはりノルウェイの森が一番だろう。女性には余り人気が無かったり、海外ではポルノだという感想で片付けられたりしてるけど。

で、今回これを書きながら書評を検索して知ったこと
「ハートフイールドは村上氏が作り上げた架空の作家」
それすらわからなかった(笑)が、正直どうでもいいかもしれない。


で、感想だが、まあ、お勧めするほどのものではないけど、彼の出発点としては抑えておくべき作品でしょうね。

余談
1年前、映画ノルウェイの森をみて、ぶちぎれた(1年前のブログ日記参照)主演女優の酷さにである。
で、私の記憶では、この風の歌を聴け、の映画化された作品を見て村上氏が失望して、自作品の映画化は二度とするものか、と決意した、というのがあったのだが、今回検索したら、風の歌を聴けの映画監督、大森氏との対談の文章までヒットして、別にそれほど嫌な思いをしてないのかな、とも思った。小林薫主演作。みたことがあるかもしれないけど、全く印象に残らない作品。ただ、ノルウェイの森の映画化だけはやめて欲しかった。



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






PageTop

01/04のツイートまとめ

MaggieQ2000

雨がしとしと降っている。まあ、雪が降るよりは自転車通勤が楽なのでいいけど。朝には止んで欲しいけどね。
01-04 08:17

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -