ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

Södermalm again

週末夕方またスーデルマルムに舞い戻ってきました。



チェコビールが楽しめるバー、Soldaten Svejk



IMG_9235_convert_20150331035146.jpg

ダークビール

一杯ひっかけて、そこから今日の待ち合わせ場所へ

IMG_9238_convert_20150331035331.jpg

BLY 実ははじめて。


IMG_9253_convert_20150331035436.jpg

キリンビール、サッポロビールで乾杯。
そして、この3品を食いつつお話。




IMG_9254_convert_20150331035507.jpg

素敵なトイレの内装



IMG_9267_convert_20150331035626.jpg

ほくほく


IMG_9273_convert_20150331035656.jpg

そして日曜メニュー。これはとんこつゆずラーメン。

この後バーで2次会。

やっぱり日本人会日本食会は海外生活で欠かせませんな。明日への活力。もちろん要らないという人もいるとは思いますが。




にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

今日もワンクリックよろしく!!






スポンサーサイト

PageTop

Afterwork bowling

職場の同僚の異動の季節、間隔は短いが昨日またアフターワーク
ボーリング場が併設されているスポーツバーに集合
今回は、ボーリングの後食事。ボーリング1時間ハンバーガーチョコパフェのセットメニュー



最後にボーリングしたのがいつなのか思い出せない。
ストックホルムで数年前にしたのが最後か。
真ん中のピンになかなか当たらない

DSC06900_convert_20150328053136.jpg

最後にストライクをやっと一回。。

次の途中で時間切れ。

空きっ腹で怪しい灯りの下でビール飲みながらのボーリングでした。みんなのストライクとかスペアで盛り上がれるのでよろし。古典的だが今だいける遊戯ですな。

IMG_9210_convert_20150328053014.jpg

フライドポテトが絶品だった。日頃食わないので余計に美味しい。

ビール飲んでパフェくって、アイリッシュコーヒー飲んで、お話(といってもいつものごとく聞いてるだけだが)
平日だったので遅くならない時間に退場。



にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村


いよいよ3月も終わり、一年の4分の1が過ぎましたねえ。。

PageTop

10 years after

3月24日
この日付は忘れられない。
2005年3月24日
スウェーデン、という北欧の国に夜、到着した。
様々な思いを抱えて、アーランダからストックホルムに向かうバスからの景色を見ていた。
海外へ日本から引っ越したのはこの時が2回目である。
1回目に引っ越して、その国で3年過ごして日本に戻る時は、まさかまた他の国に住むなんて全く思ってもいなかった。
そして、殆ど事前情報もないスウェーデンへ来た。
行くことが決まってから、英語や日本語でのスウェーデン語の本は買って、スウェーデンから来ていた留学生にスタバで会って教えてもらったり、数少ない日本でのスウェーデン教室を見つけて通ったりした。
今回は、片道のチケットしかなかった。スウェーデンでだめなら、もう、次はイメージできていなかった。
もちろん、日本に帰ればどこかで稼いで生きていくことはできたしこれからもできるのだが
その自分もイメージできていなかった。
スウェーデンのホテルに着いたら、テレビ画面に、xxxさま、ようこそ!という表示がでていた。
小さなことだったが、嬉しかった。
飛行機から持って帰ったサンドイッチをその夜食べた。
それが8年前の3月24日だった。

------------------
上の文章は、2年前の当ブログからの引用。全文はこちら
http://lifeinsweden09.blog65.fc2.com/blog-entry-1701.html

感想はあまりかわってない。ようするに、スウェーデン語はまだまだしんどい。というか、これからもっと理解できるようになれるのかどうか、わからない。今のままではだめだろう。
仕事に関しても、まだまだである。研究は、自転車をこいでるようなものなので、立ち止まったらこけるだけである。
あと、違いは、2年前はストックホルムにいた、ってことか。今はでもどり。2回目の某ユートピアで、ストックホルム計5年、こちら計5年、となった。

片道切符でこの国にきたのだから、あの日から10年たった今日、スウェーデンにいること自体は、素直にめでたいことだと思う。しかし、遠回りしてやっとスタート地点にたっただけ、でもある。
この地で自分にしかできないことがあるはずで、それを見いだし、やり遂げることが、自分の天命なんだろう。
明日交通事故で死ぬかもしれない。週末バーで刺されるかもしれない。来年のことはわからない。しかし、だからといって、今日、明日やるべきことは変わらないんだろうなと思う。

昔の留学先の先輩の言葉がいつも心に残っている。
「xx君。勝負はこれからだよ。」


にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村





PageTop

Lunch そしてAfter Work

金曜日

この日の午前でMeeting終了。職場から駆けつけ最後のプレゼンを聞いて、閉会。また来年。

そしてランチ

IMG_9087_convert_20150324052100.jpg

スープとサラダ。今日はパンはなしで。 



IMG_9090_convert_20150324052157.jpg

魚。昨日の夜も魚だったが味付けを変えていて悪くなかった。



IMG_9093_convert_20150324052244.jpg

バーカウンターと手前のソファー


そして職場に戻って仕事をして、今日は、職場のアフターワーク。

こちらは、仕事の後に、突然じゃあ一杯これから、ということはほとんどない。数日前から壁に張り紙して、参加者を募るってかんじか。もちろん親しい間柄同士はまた別だろうけど。


IMG_9102_convert_20150324053237.jpg

会場に4時集合。ホテルのバーである。


DSC06828_convert_20150324052435.jpg

バーと言っても一階全てを解放してある。
ビールを買ってきてテーブルでみんなで飲んで歓談。といってもほとんど聞いてるだけだが。

みんな飲みっぷりがすごいよね。若い女性ががんがんビールやワインやカクテルいってます。一方私はビール一本で様子見。

2時間半くらいここで飲んで、数人はここでさようなら、残りは場所を変えて夕食へ。金曜夜、何カ所か入ったけど9人の場所は確保できず、流れ流れて別のバーへ。



DSC06855_convert_20150324052608.jpg

目の前の二人の夕食


DSC06861_convert_20150324052729.jpg

私の夕食


DSC06863_convert_20150324052859.jpg


2次会から参加のお兄ちゃん、たまたま来た別の部署のおっさんらも合流、ここでもみんな飲みまくり。
私はビールとアイリッシュコーヒーで十分だったが。



DSC06877_convert_20150324052945_20150324053414cbc.jpg

のりのりライブも楽しみました。

で、午前1時の閉店までここにいて、そこから5人でバーガーキングに移動、午前2時前に解散。外は雪景色。
10時間の長丁場、若者たちの体力には参りました。。



にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村



PageTop

Dinner

木曜日 プレゼンの後職場に戻って仕事の続きをして、19時にホテルに戻る。

すでにみなさんの前にはワインが。

そして前菜



パンの上にキノコと葉っぱのトッピング。
美味しいのだが、パンまで全部食ってたら食の小さい日本女性ならこれだけで十分てなかんじ。
私はパンを半分残した。



DSC06818_convert_20150322075607.jpg

そして何人かのスピーチタイム。

スウェーデンでのこういう食事は、前菜、 メイン、 デザート、 終わり、である。

前菜からメインの間の時間はけっこうあり、歓談のお時間である。実際はひたすら聞いてるだけだが。



IMG_9070_convert_20150322075402.jpg

メイン。魚とその下にはポテト、コロッケの中身みたいな感じか。魚(鱒かな)もクリームソースも味も香りも問題なし。全部平らげました。

食後もデザートがくるまで結構時間がある。
隣に座っていた同僚と話。
彼のパートナーは男性で、そのことはずっとオープンである。
FBでその彼の名前が同僚と同じになっていたので、いつからなのかと聞いたら2年前からとのこと。
出会いについてとか、他ちょっとつっこんだ質問などこの機会にしてみた。

日本でも話題の同性婚、こちらにいると、何が問題なのかという気になる。


IMG_9074_convert_20150322075453.jpg

デザート。結構甘いプリンにトッピング。そしてコーヒー

美味しくいただきました。



にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

今日もワンクリックよろしくお願いします!





PageTop

Regional meeting

先週の木曜日の昼から次の日にかけて、私の施設主催のリージョナルミーティングが開催されたので参加。地域といっても、スウェーデンの中部の広大なエリアなので西はカールスタッドなどノルウェー国境までのエリア、北はダーラナのモーラまで中部の主要エリアが含まれます。100人弱参加。最新の知見の報告や意見交換、歓談の重要な会です。各地域との密な連携が不可欠な分野です。

ミーティングの前にランチタイム。
会場ホテルのレストランは、Marcus Samuelssontという有名コックさんの名前があるお店。




IMG_9054_convert_20150322072257.jpg

サラダバー

IMG_9055_convert_20150322072333.jpg

きのこのスープと、パン。ホテルのパンはだいたい美味しいので日頃のダイエットはおいといてとりあえず食べます。同じテーブルにはいつも電話で話をしていたカールスタッドの女性。やはり、こうやって一度、電話でしか知らない相手とあって直接お話をするというのは大切ですね。特に向こうからしたら、この日本人は何者?と思われていることも多いでしょうから。

IMG_9057_convert_20150322072412.jpg

メインディッシュはこちら、ひき肉を固めて焼いたものですが、美味しくいただきました。スウェーデン料理のいいところどりといった感じでした。


IMG_9059_convert_20150322072510.jpg

ミーティングは午後スタート。私も15分間のプレゼン。スウェーデン語でのプレゼンは久々でしたが、まあ、なんとか無難に発表と質疑応答を乗り切りました。

写真は私の前の発表です。

夜はディナーパーティーです。 


続く



にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

ワンクリック、よろしくお願いいたします!




PageTop

在スウェーデン大使館発 広域情報(テロの潜在的脅威に関する注意喚起)

> Subject: 広域情報(テロの潜在的脅威に関する注意喚起)
> Date: Fri, 20 Mar 2015 02:35:00 +0900
>
> 【在スウェーデン大使館発】
>
> 1 18日(現地時間),チュニジアの首都チュニスにおいて,郊外にある国民議会議事堂を数名の武装集団が襲撃し,更に隣接するバルドー国立博物館において,襲撃及び複数の観光客を人質に立てこもる事件が発生しました。現時点で,邦人については,3名の死亡,3名の負傷が確認されています(3月19日付スポット情報「チュニジア:国民議会議事堂及び博物館における襲撃・人質拘束事件の発生に伴う注意喚起」参照)。本事件については,これまでのところ,いかなる組織からも犯行を認める声明は発出されていません。
>
> 2 本事案との関係は明らかではありませんが,チュニジアにおいては,特に多くの自国民がISIL(イラク・レバントのイスラム国)に外国人戦闘員として参加し,その後帰還していることが明らかとなっており,帰還した戦闘員が自国内でテロを起こすとの懸念が存在しています。チュニジアの他,サウジアラビア,ヨルダン,モロッコ等のアラブ諸国についても,国によって数のばらつきはあるものの,ISILに参加した戦闘員が帰還しているといわれています。また,欧米諸国も決して例外ではなく,スウェーデンからも公安当局によって確認されるだけでも百数十名が外国人戦闘員としてISILに参加し,既に帰還した者も数十名いると報じられています。このような外国人戦闘員問題は,各国におけるテロの潜在的脅威となっています。
>
> 3 ついては,以上の脅威について十分に留意し,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。また,テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。
>
> 4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3ヶ月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届の提出をお願いいたします。
> (http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html )
> また,短期の旅行や出張などには「たびレジ」の登録をお勧めします。
> (詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#  参照)
>
> 5 テロに関しては以下もご参照下さい。
> (1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
> (2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
> (パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載)
>
> (問い合わせ先窓口)
> ○外務省領事サービスセンター
> 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
> 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
>
> (外務省関係課室連絡先)
> ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
> 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
> 電話:(代表)03-3580-3311(内線)3680
> ○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
> 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
> 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2306
> ○外務省 海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/
>                  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)


PageTop

It's a Friday night! March 2015

2時間スーデルマルムを歩いて、そしてこの日の夕食会場へ




日本食レストラン 三代目加藤

実はこちらでのお食事も10年ぶり。


13人のみなさん集合、今回は若い女性もいて幹事さん有能

IMG_9019_convert_20150320074138.jpg

どどんとお造り盛り合わせ


IMG_9021_convert_20150320074226.jpg

どどんと好き焼き

IMG_9023_convert_20150320074300.jpg

どどんと具

日本食と日本からの皆さんとのひととき、この日も最高でした。
お店のご主人ありがとうございました。

この後、日本人の方々の企画するジャパナイトに数人が移動。

知人の方々に挨拶。

しかし、2回目の企画、人気爆発でバー店内ちょうこみこみ。

しばらくして既に顔面汗だくの一次会の幹事さんが、

おちつけるところに いどーしましょー

とのことで、移動。

移動場所は、まさに、灯台下暗しの超穴場バー


IMG_9027_convert_20150320074401.jpg

最高の立地条件、中央駅目の前のホテルのバーにして、こんでないのでゆったりとビール飲んでみなさんと楽しいひとときを過ごし、私はシンデレラエキスプレス終電で気分よく帰宅しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村






PageTop

スーデルマルム散策 2



再び西に向かって歩く。
大きな教会が見える。
Högalids Kyrka という教会。この島にしばらく滞在していたときも散歩でここまで歩いた。


IMG_8957_convert_20150318070147.jpg

中に入った。多分、初めてだと思う。プロテスタントらしいシンプルな教会。



IMG_8973_convert_20150318070241.jpg

夕日を浴びる



IMG_8987_convert_20150318070404.jpg

再び東へ。
まるで月面のような場所がある。
ここがまた、景色のいい場所。
時間は1730すぎ



IMG_9004_convert_20150318070657.jpg






IMG_9007_convert_20150318070747.jpg




IMG_9012_convert_20150318070826.jpg

さようなら月面


さあ、10年前から時計を戻し、パーティーはこれから!

続く

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村





PageTop

スーデルマルム散策

先週末、ストックホルムに行って、まず、スーデルマルム島を散策した。

ちなみにグーグルマップではゼーデルマルムと表記されているが、ま、濁らないのでそれは間違いで、セーデルマルムならまだ許せる。

島の西に緑地があり、そこを歩く。




まだ雪は残っているが、たいしたことはない。



IMG_8906_convert_20150318055053.jpg

IYHF Youth Hostel Zinkensdamm
私にとって思い出の深い場所である。
2005年の3月下旬に、アーランダ空港に到着。最初の数日はナッカのホテル、そして、続いて、帆船のユースホステルに一泊した後、アパートが4月の半ばに入居できるまで私はこのZinkensdammに滞在していた。荷物が色々あったので個室だった。到着したのがイースターだったのでしばらく職場は誰もいなくて、このホステルから最初の通勤をした。ボスの Welcome to Sweden! という言葉も懐かしい。





IMG_8898_convert_20150318054945.jpg

小径を歩く。どうしても、あの日、月並みだけど、不安と期待と様々な感情が入り交じって歩いた日を思い出す。




IMG_8928_convert_20150318060454.jpg

丘の上の運動場
私は最初の2年すこし、この運動場を本拠地とするアマチュアサッカーチームに所属しており、結構ハードに練習の日々を送った。その運動場に7年半ぶりに訪れた。
当時は砂のグラウンドだったが、きれいに人工芝で整備されていて、見違えっていた。




IMG_8929_convert_20150318060605.jpg
このエリアには、小屋と庭園がたくさんある。庭いじりが好きなスウェーデン人には春が待ち遠しいのだと思う。



IMG_8943_convert_20150318060748.jpg

この島の北からは、対岸のストックホルム市街が見渡せて、抜群の景色である。

このように市庁舎を見下ろす感じとなる。

続く


余談

【厳選】スウェーデン在住の日本人ブロガー まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2142660763078354301

に当ブログが紹介されてました。素直に嬉しいです。

他のブログには一言コメントがあるところが、ライフインスウェーデンにはノーコメント(笑)
そりゃあ総統など好き放題いってるブログですからね。
リストから削除されないようがんばります!

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村


PageTop

サウジと女性人権問題で対立 武器輸出停止


<スウェーデン>サウジと女性人権問題で対立 武器輸出停止

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150314-00000076-mai-int

引用開始
【ロンドン小倉孝保】女性の地位向上などを柱にしたスウェーデンの「人権外交」にサウジアラビアが内政干渉と反発し、対立が深まっている。スウェーデンはサウジに武器を輸出しない方針を決め、サウジが11日、大使を召還する事態に発展した。

 スウェーデンのマルゴット・バルストロム外相が先月、サウジを独裁国家と呼んだうえ、同国の女性に対する扱いを非難した。これに対しサウジは9日、アラブ連盟(本部・カイロ)で予定されていた同外相の演説を禁止した。演説で女性の地位向上を求めることが事前にわかり、サウジ政府は自国への内政干渉と受け止めたようだ。

 これにスウェーデンが反発し、5月に期限切れとなるサウジとの防衛協力協定を延長しないと10日に発表した。これで武器提供は終了する。サウジは昨年、スウェーデンから3900万ドル(約47億円)分の武器を購入している。

 サウジは女性の社会的地位が極めて低いことで知られているが、世界最大の武器輸入国でもあり、米英などは人権問題に目をつぶり武器輸出を優先させている。昨年10月に発足したスウェーデンの中道左派政権は、武器輸出よりも人権を重視する外交姿勢を鮮明にしたと言えそうだ。

引用終わり

関連ニュース引用

平和愛するも 「独裁者に武器販売」、スウェーデンの矛盾

http://www.afpbb.com/articles/-/3015652

一部引用
「紛争調停や寛大な対外援助で世界的に評価されるスウェーデンは、一方で世界の主要な武器輸出国であり、人権侵害で非難されている複数の国家を顧客にしている。
 スウェーデンは国民1人当たりの武器輸出量でイスラエルとロシアに次ぐ世界第3位で、好景気の軍需産業は、その取引相手の一部国家をめぐり、国民に倫理的な懸念をもたらした。」
「冷戦終結とともに西側諸国からの需要が減少したことを受け、サウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)、パキスタンなど人権侵害で非難されている国家への武器売却が増えていると批判する声がある。」
「最も物議を醸した取引の1つは、米軍など世界各国の軍隊で使用されているサーブ製のカールグスタフ・ロケットランチャーが、本来であればスウェーデンが取引を行わない相手であるミャンマーの軍事政権やソマリアのイスラム過激派組織アルシャバーブ(Al Shebab)の手に渡った可能性が報告されたという出来事だった。」

引用終わり


感想
武器輸出に関しては私は何とも思わないが、今回、サウジと決裂した理由には正直、笑ってしまった。
同僚のイラン人(スウェーデン国籍もち)もあきれ果てていた。

再び引用
「スウェーデンのマルゴット・バルストロム外相が先月、サウジを独裁国家と呼んだうえ、同国の女性に対する扱いを非難した。これに対しサウジは9日、アラブ連盟(本部・カイロ)で予定されていた同外相の演説を禁止した。演説で女性の地位向上を求めることが事前にわかり、サウジ政府は自国への内政干渉と受け止めたようだ。これにスウェーデンが反発し、5月に期限切れとなるサウジとの防衛協力協定を延長しないと10日に発表した。」


別にサウジアラビアの女性の権利が問題がないという気はないが、一国の外務大臣の仕事としては失礼きわまりないし、乱暴すぎるし、失うものも多いだろう。サウジは地域の大国であり、周辺の国とスウェーデンとのこれからも推して知るべし。女性の人権とあの地域の宗教が関係があることは明らかだからね。そして、サウジアラビアにとってはスウェーデンが売らなければ他の国から買うだけだから、別に痛くもないだろう。後、サウジがダメなら他のUAEパキスタンへの輸出もやめるべきだろう。

先週の夜のニュースの大きな話題だったが、マスコミは、巨大な水槽の前で、今回失う水の量はこれくらい程度です、とたいしたことがないという政府の太鼓持ちをしていた。マスコミが左寄りが好きなのはこの国でも前からそうだからまあそうなるかな。

というわけで、武器輸出大国スウェーデン、別の顧客を探さないとね。

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村


PageTop

気温上昇 路上の変化

週末の気温が14度。
これは、3月上旬の気温としては高杉。

地球温暖化の影響か?

その影響で、ストックホルムの王立公園の桜が一部咲き始めたとのこと。

冬にスリップ防止で撒いていた砂と砂利で現在路上に砂塵が舞っており、今日自転車で走ると目を開けられないくらいでした。

最近の町の変化といえば、ルーマニアからきているロマ人の物乞いが、Sofiaという雑誌を売り出したこと。
私の町の路上のロマ人率が非常に高くなってきて、彼らが一斉に売り出したのですが、正直、間違った解決策だと私は思いますけどね。スウェーデン人のホームレスがSituationという雑誌を売るのとはまた意味が違う。
EU内の厳然とした経済格差、そして、貧しいルーマニアからスウェーデンだけでなく多くの国にこのように物乞いが移動している現実。この数年スウェーデンでもひどくなる一方なのですが、どうも根本的解決を政府も自治体もする気がないのができないのか、まさに手をこまねいているという状況ですね。

どうなることでしょう?

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村


PageTop

アンダルシアに憧れて

最近雪が溶けて、自転車での移動が再び可能になり、行動範囲が広がりました。
路上には滑り止めの砂と砂利が残って、砂塵がまってますが、これも作業車がなんとかしてくるのを待っているというかんじですかね。2月終わり、日も長くなってきました。

で、金曜日の夜、知人夫婦(旦那がスウェーデン人)とストックホルムのレストラン、アンダルシアで夕食会でした。


アンダルシア、といえば

アンダルシアに憧れて 近藤真彦 を真っ先に思いだすのが私たち世代。

https://www.youtube.com/watch?v=eqi4XFUJKWQ

余談ですが、この時マッチは私生活で色々あって精神的に参ってました。
人生色々、地雷女も色々、

スペインは何回か旅行しましたが、いいところですね!

このストックホルムのスペイン料理屋は初めてなので楽しみにしておりました。

タパスを何種類か頼んでスタート



パエリア、エビ、貝、いか、ガーリックトースト、と魚介類を楽しみます。

DSC06803_convert_20150301083341.jpg

これは羊。あまり得意ではないのですが、これは美味しかったですね。
ラムソーセージも食べましたがぴりっと刺激的でこれもいけました。


DSC06805_convert_20150301083440.jpg

ビールの次はサングリアを注文


DSC06807_convert_20150301083543.jpg

生ハムなどのプレート、ヤギのチーズのパイ、でしめました。

フロアでは生演奏、そして飛び入りで女性が踊っておりました。美味しいスペイン料理そしてスペイン的な雰囲気を楽しめるなかなかいいレストランでした。


IMG_8672_convert_20150301083700.jpg



その後2件バーを回り、これは2件目、中央駅目の前のホテルのバーで飲んだアイリッシュコーヒーで暖まりました。

基本、こういった集まりでは政治的な話はしないのですが、昨日は例外で、スウェーデンの今とこれからについて色々考えを話しあいました。
私は、この国の国民でないのですが、永住者なので、豊かで美しい国であり続けてほしいとは思っております。まあ、大丈夫でしょう。政治的には色々変化はこれからの10年でありそうですが。

今日で2月も終わり、3月に突入。自分にとってまた新たな挑戦の春、となりそうです。



にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -