ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

映画 自虐の詩 ネタバレなし

jigyaku_01.jpg

来週またストックホルムのゲストハウス霞仙に泊まる用事があるので、借りていたDVDをみた。

自虐の詩、主演は阿部寛と中谷美紀、原作は4こま漫画。

写真のちゃぶ台返し、まさに、昭和、という感じ。(映画の時代設定は平成だが)
そう、巨人の星の星飛雄馬の父、一徹の必殺技でもあった。

前半豪快にちゃぶ台がひっくり返される。このまま返し続けて終わるのか、と思ったら、中盤から予想外のストーリーが。そして、子供の頃のエピソード、波乱の展開、そして、、

中華料理屋の主人の切ない横恋慕には、世の男性は共感するだろう。そして、二人の脇をかためる、西田敏行の演技も楽しめた。
舞台となる日本の景色もやはり懐かしいねえ。スウェーデンにはこんな部屋はないなあ。

中谷美紀さんはやはり素敵です。阿部寛もかっこよかったし。

何箇所かで泣かされました。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。