ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「不起立界のジャンヌダルク」

http://www.news-postseven.com/archives/20110609_22486.html
今日は朝から衝撃的に面白いフレーズが目に飛び込んできた。
「不起立界のジャンヌダルク」

君が代不起立女教師 校内で日の丸君が代反対トレーナー着用

東京都の教育委員会は2003年、国歌斉唱を義務づける通達を出している。以来、都教委と、入学式・卒業式の国歌斉唱で起立しない「不起立教員」は、飽くなき戦いを繰り広げてきた。文部科学省によると、この10年間で国旗・国歌に関する職務命令違反で懲戒処分を受けた全国の教職員693人のうち、実に431人が東京都という突出ぶりだ。

 彼ら不起立教員の理論的支柱であり、「不起立界のジャンヌ・ダルク」との異名を持つ人物が、N教諭である。彼らの活動をウォッチするフリーライター山田祐氏が解説する。

「彼女はふだんから学校で『OBJECTION HINOMARU KIMIGAYO』(日の丸・君が代反対)と書かれたトレーナーを着用するなどして、度重なる君が代不起立で都教委から減給や停職といった処分を受けていました。私が見学に行った2008年の卒業式では、今回も不起立ならついに免職処分か、といわれていました。

 当日は、小中学部合わせて25名の卒業生しかいない養護学校に、数十人もの支援者が詰めかけ、『君が代不起立』『日の丸・君が代強制反対』といった物々しい横断幕やゼッケンが掲げられていました。一般生徒や保護者は戸惑った様子でしたが、彼女は拍手と歓声で支援者に迎えられ、式では不起立を貫いたのです」

 そして処分が決まる当日、N教諭は学校の窓から叫んだ。

「みんな聞いてー!(都教委は私を)クビにさせることはできなかった!」

 門の前の支援者らは涙を流し、「勝ったぞー!」と歓喜の雄叫びを上げたのだった。結局、彼女はその後も免職されることなく、停職中も「停職出勤」と称し学校に通っては校門前で「君が代不起立」のプラカードを掲げる日々を送り、今年定年退職を迎えた。

 退職にあたり、彼女は不起立教員の会報に「闘争」の歴史を綴っている。そこでは、かつて免職を恐れ、国歌斉唱の途中まで起立することにしてしまったときの経験をこう振り返った。

〈「国歌斉唱」と司会が発声するや、心臓はバクバク。生徒たちのかなりが私を凝視しています。やがて私の脳裏には、日本軍が侵略した中国で銃剣を持たされ、中国人の捕虜を「突け」と命令された初年兵の姿が出てきました。

 私は、「お前は突くのか」と問われているよう。「ここまで起つ」と伝えていた歌詞まで来て着席し、「突かなくてよかった。首にされたとしても、もう、金輪際こんなことはやめよう」と思いました〉

※週刊ポスト2011年6月17日号




今日は彼女の信念や考えについて意見をいうつもりはなく、

「不起立界のジャンヌダルク」というフレーズのインパクトにやられたことがいいたいだけです。

不起立界、という世界がこの世に存在していたことを初めて知りました。

ちなみにその世界は多分、教育の現場にしかないような気がします。なんか不思議な感じです。

不起立界、という文字を見つめると、立たないのはいったいなになのか、この不起立界に迷い込むともしかして一生たたないのか、などという不安やプレッシャーにさえ襲われてしまいます。

ジャンヌダルク、という言葉で意味しているのは、この先生が、不起立界を背負って立つ救世主、それもうら若き乙女の、ということでしょうか。

ちなみに本物のジャンヌダルクは19歳で亡くなられました、とのこと。

ちなみに、私は日本の国歌も国旗も、スウェーデンの国歌も国旗も好きです。

スウェーデンの国歌はこちら。

http://www.youtube.com/watch?v=MWW_tgqyiDY&feature=related

検索したらこんな漫画もヒットしました。


関連記事
スポンサーサイト

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ジャンヌダルク

「不起立界のジャンヌダルク」
というタイトルがどうして付いたのか、
私的にスッキリしません。

私はジャンヌダルクの人生を振り返ると言葉もでません。
全く、比較対象にならないです。

話は変わりますが、
この女性教諭は、児童生徒のことをあまり考えていない点で私はどうか、思います。
小さな子どもたちが、入学式や卒業式で教員が君が代を歌ったり歌わなかったり、
子どもたちがわからないことで怒鳴ったり叫んだり、教員に対して不信感を持つのは仕方ないと思います。
教師の仕事は児童生徒の人格に関わる大切な仕事です。

saki2524 | URL | 2011-06-10(Fri)08:56 [編集]


キモいっちゅうか...(苦笑)

アホすぎて言葉が出ないのですが、まるで歴史の授業中に軍歌をかけて、日章旗のハチマキしてるひとみたいですね。

だからこの手の輩が嫌いなんです。ウザい。

MB Da Kidd | URL | 2011-06-10(Fri)09:37 [編集]


キャッチ―なタイトルという意味では、ジャンヌダルク云々は成功したのではないでしょうか。

君が代に関しては地域によって扱いが違うので議論するつもりはありませんが、東京都の在り方は私には遺憾です。私の出身県、出身校は起立や斉唱を強制せず、「自分で考え、判断することが重要」という教育方針を貫きました。それには深く感謝しています。

Kai | URL | 2011-06-10(Fri)14:02 [編集]


歌いたくないのなら歌わなければいい、
それだけではないんでしょうかね。
デンマークのハンドボールのナショナルチームでも、ひとりだけ頑なまでに歌わない選手がいますが、彼は彼の考えがあってのことだと、誰もとがめないし(というかしょせんひとごとと関心がない)、本人もなぜ歌わないのか説明していません。
別に「反対」と書いたトレーナーを着るほど主張しなければならないことなんでしょうか。
「天皇崇拝」=「戦争」というのも安直すぎるような。というか、戦争で愛国心の完全拒絶に追い込まれたと思いますね。
ちなみにわたしは、去年のワールドカップの日本対デンマーク戦はどちらの国歌もうたいましたよ。テレビの前ですが。デンマーク国歌はあやういけど、、

els | URL | 2011-06-11(Sat)05:49 [編集]


Re: ジャンヌダルク

sakiさん

日本の国旗と国歌で軍靴の靴音を聞いたり、中国の少年兵を思い浮かべる人がいてもそれは自由でしょう。
ただ、そういった政治がらみの自己主張を教育現場で発現するのは、おっしゃるとおり生徒にとっては迷惑以上の何物でもないでしょうね。

ちなみに私は、「スウェーデンxx界の仮面ライダーカブト」を目指しております。

> 「不起立界のジャンヌダルク」
> というタイトルがどうして付いたのか、
> 私的にスッキリしません。
>
> 私はジャンヌダルクの人生を振り返ると言葉もでません。
> 全く、比較対象にならないです。
>
> 話は変わりますが、
> この女性教諭は、児童生徒のことをあまり考えていない点で私はどうか、思います。
> 小さな子どもたちが、入学式や卒業式で教員が君が代を歌ったり歌わなかったり、
> 子どもたちがわからないことで怒鳴ったり叫んだり、教員に対して不信感を持つのは仕方ないと思います。
> 教師の仕事は児童生徒の人格に関わる大切な仕事です。

Maggie Q2000 | URL | 2011-06-11(Sat)11:23 [編集]


Re: キモいっちゅうか...(苦笑)

MBさん

日本の教育界は、日教組や、今回紹介したような人たちがいますね。
定職出勤なんてすわりこみを学校でしてたらしいですが、まさに、生徒からしてもへんな人だったのでしょう。
私学にいけばこのような先生はいないでしょうね。

> アホすぎて言葉が出ないのですが、まるで歴史の授業中に軍歌をかけて、日章旗のハチマキしてるひとみたいですね。
>
> だからこの手の輩が嫌いなんです。ウザい。

Maggie Q2000 | URL | 2011-06-11(Sat)11:26 [編集]


Re: タイトルなし

kaiさん

たしかに、キャッチーさでは今年No1だったようにおもいます。
大学をでるまで自分の身近な学校関係の場所では、このようなことが議論になったことは一度もありませんでした。社会に出てももちろん一度もありませんでした。最初に留学したところは、自分の国の国旗と国歌が大好き(笑)なところでした。いますんでるところも、静かな支持を集めている、とうかんじですかね。
もちろん、生徒が立ちたくなければそれはそれでいいと思います。が、先生が立たないのはどうなんでしょうかね?意見が分かれるところでしょう。

> キャッチ―なタイトルという意味では、ジャンヌダルク云々は成功したのではないでしょうか。
>
> 君が代に関しては地域によって扱いが違うので議論するつもりはありませんが、東京都の在り方は私には遺憾です。私の出身県、出身校は起立や斉唱を強制せず、「自分で考え、判断することが重要」という教育方針を貫きました。それには深く感謝しています。

Maggie Q2000 | URL | 2011-06-11(Sat)11:34 [編集]


Re: タイトルなし

elsさん

歌わないのはかまわないでしょうけど、国旗掲揚と国歌斉唱では、起立して厳粛にするのが国際的な約束ですよね。それを、小学校中学校の先生が、式典で拒否するのは、やはり意見が分かれるところでしょう。
ドイツのナショナルチームのサッカー選手は移民が多く、国歌をまともに歌えない、もしくは、国歌の代わりにコーランを歌ってる、という記事をみたことがあります。移民国歌らしいなあ、と感じました。
k人的には、他の国の旗に過去をもちだして因縁をつけるのはいかがなものかと思います。それならユニオンジャックをみたくないインド人は沢山いるでしょうし、過去、デンマークやスウェーデンの国旗に組み込まれたノルウェーからしたらこの二つの国の国旗はどうなの、ということになるし。ましてや、日本人が日本の国旗をみたら軍国主義しか思い出さない、ていうのはどうなんでしょうね。

> 歌いたくないのなら歌わなければいい、
> それだけではないんでしょうかね。
> デンマークのハンドボールのナショナルチームでも、ひとりだけ頑なまでに歌わない選手がいますが、彼は彼の考えがあってのことだと、誰もとがめないし(というかしょせんひとごとと関心がない)、本人もなぜ歌わないのか説明していません。
> 別に「反対」と書いたトレーナーを着るほど主張しなければならないことなんでしょうか。
> 「天皇崇拝」=「戦争」というのも安直すぎるような。というか、戦争で愛国心の完全拒絶に追い込まれたと思いますね。
> ちなみにわたしは、去年のワールドカップの日本対デンマーク戦はどちらの国歌もうたいましたよ。テレビの前ですが。デンマーク国歌はあやういけど、、

Maggie Q2000 | URL | 2011-06-11(Sat)11:41 [編集]


なるほど。

ちなみに人生において君が代斉唱の場に教育現場で居合わせたことは一度ぐらいかもしれません。
右翼・左翼とか日教組とか云々するつもりはありませんが、校長の独断で君が代が流れ、誰も起立せず、誰も歌わず。

生徒会側がもっと議論してくれと抗議したようです。
自主性を重んじるいい高校でした。社会科の先生方もしっかりされてました。
でも、この話とトレーナー来て主張することとは全く別ですので、念のため。

Kai | URL | 2011-06-12(Sun)03:02 [編集]


Re: タイトルなし

> 右翼・左翼とか日教組とか云々するつもりはありませんが、校長の独断で君が代が流れ、誰も起立せず、誰も歌わず。

なんか、校長先生の物事の進め方に問題がありそうですね。

私は、歌う歌わないは個人の自由と思うのですが、やはり、国際的なスポーツの試合や何かの機会でどの国にもかかわらず国歌が流れたらまずか厳粛に起立すると思います。

Maggie Q2000 | URL | 2011-06-13(Mon)06:15 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。