ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スイス旅行 ルガーノ散策

さて、ルガーノの説明。

スイス観光局のHPによると
「スイスのイタリア語圏であるティチーノ州最大の都市。ファッショナブルで文化レベルも高く、質のよい美術館や歴史的な建物、近代建築などが各所にあります。カフェやレストラン、ショップが並ぶ旧市街やエレガントな雰囲気の湖岸を散策してみましょう。 鉄道駅は町の高台にありますが、湖畔に近い町の中心地にはケーブルカーで結んでいます。モンテ・ブレやモンテ・サン・サルヴァトーレ、モンテ・ジェネローゾなど周囲にある山々で楽しむ眺望やハイキング、 通称ルガーノ湖と呼ばれているチェレーズィオ湖でのクルーズも人気です。モルコーテやガンドリアなど湖畔に点在するかわいい港町をはじめ、谷間の村々などの小さな町へも、湖船やバス、鉄道で簡単に足をのばせます」

まず、駅からホテルへ移動したかったのだが、コピーした宿の地図をみてもさっぱりわからず、うろうろして他の宿のフロントにも聞いたりしてやっとたどりつく。
そう、駅からでているケーブルカーの反対側の駅の横。
ちなみにケーブルカーも鉄道のスイスパスが有効なので乗り放題。

チェックインして湖畔を散策。



3889_convert_20111113010738.jpg


3890_convert_20111113010825.jpg


3891_convert_20111113010914.jpg


こんな感じです。鉄道の駅に戻ってそこの横にあるスーパーで買出し。

ここで、おおきめのパンをレジに持っていったところ、そこにあった値札と違う料金を打たれた。
え、あそこに書いてた料金と違うんですが、、
といったところ、いや、これであってる、と。
でも、きちんと見てこっちは買ってるんですが、、
といったところで、レジの若い女が早口のこちらが理解できない言葉でまくしたててきた。
当然こっちは理解できないし納得もできない。
レジにならんでいた次のお客さん、若い女性が、パンが置いている場所が変わったかもしれないが、それはよくあることで、打ち込んだ値段がこのパンの料金だ。とこの人は言っている、と英語ですまなそうに翻訳してくれた。
間違いなくイタリア語でまくしたててるのだろうけど、スイスに来て、初日にレジで打ち間違えられたことはあるが、逆切れされてわめかれたのは初めてだった。ここはスイスというかイタリア文化圏なんだとしみじみ思った。

夕食は、その横のピザ。この値段はスイスにしては安くてなかなかいけた。これもイタリア圏。
(町にはおいしそうなレストランもあったんですけどね、値段がやはりね、、)

でホテルに帰って、エレベーターで待ってたら、ホテルの従業員が何か物を持って乗っていた。小さいエレベーターなので彼女がいるのでは入れない。通常ならここで従業員が降りると思ったが、なんと彼女はそのまま仕事か何かを続けて二回続けて乗れなかった。これにはフロントの女性が顔色を変えてやってきてソーリーと謝ったが、さすが、イタリア文化圏の人はまずは自分のことしか考えないなあと感心した。

という、スイスであってスイスで他の地域で体験したことのないことを立て続けに経験しました。

続く



クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。