ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アンティークフェア Antikmässan (Stockholm International Antiques Fair)

木曜午前、用事がありストックホルムへ。

ランチはレストラン長野。おやじさんにフェリーの免税店でかったウオッカのおみやげをわたした。
毎週船でどっかにいってよ、と冗談をいわれる。

午後はアンティークフェアへ。今日から開催。いくのは初めて。
ひろいメッセ会場だが人がいっぱい。カフェも移動式ATMもあり、熱気あふれる。
家具などのアンティークから、食器、置物、絵画、などなど。
知人と二人遭遇した。リサラーソンが好きでそれを見に来た、といったら、ふたりとも、へー、それは意外、とびっくりされた。

後で、連れに、リサラーソンが好きだといったら驚かれたのだけど、こわもてのお兄さんが猫が好きだ、といってるようなものかなあ、と聞いたら、やくざがキティーちゃんが好きだといっているようなもんでしょう、と修正された。

会場の様子はこちらのブログのような感じ。

多くの作品を一気にみるとさすが疲れたけどそのうちターゲットを絞って2回とも結局同じ店で購入。
夕方会場を後にした。

夜、こちらの「開運!なんでも鑑定団」的な番組を見た。スウェーデンで最も古いダーラナホースや、有名な女流画家の作品などがでてきて、値段を鑑定する瞬間のスリルを楽しめる。で、今回はリサラーションのインタビューがあると新聞で情報をえていた。
彼女のインタビュー、有名な、女性が男性をもちあげている作品の説明から入り、軽く彼女の経歴の紹介、そして日本でのブレイクについて。彼女いわく、作品になにかよく説明できないけど魂(ソウル)のようなものがこもっているといわれたの。インタビュアー、へー、あなたの作品に「日本の魂」が入ってるんですか(笑)こんなかんじだった。

そこまで感じているかというと自分でもわからないけど、シンプルに表現された表情やたたずまいで、なんらかの感情がよみとれるのがおもしろい。そして、それは実は見ている自分の心の状態でもかわってくる。そんなところが魅力かな。
ちなみに一品一品、色も品質も違うしちょっとした筆の加減で子供も動物も表情ががらっとかわります。なので、こちらのネットオークションで買うのはそちらのほうが安くなるのはわかってますが私はする気がおこりません。現物をみて、まさに、びびっとくるかどうか、なにかが心を揺さぶるかで決めます。作品の魂というのもそういうところではないでしょうかね。

というわけで今回も買ってきたのですが、買いたかったリストのうちないもの、もうひとつだったものもあるけど、おおむね満足です。

写真は次のエントリーで。過去に買ったリサラーソン作品はこちらなど。



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして

はじめまして。
こちらノルウェーでもスウェーデンの「なんでも鑑定団」的な番組を放送していて毎度値段に驚かされています。
メッセの様子をリンク先から拝見しましたがリサラーション作品が山ほど並んでいて驚きました。
こちらではあまり見かけることができない(かえって日本のほうが手に入り易いかも)のでうらやましいです。
今回ビビッとされた作品、楽しみです。

ノルウェー在住ジジ | URL | 2012-02-17(Fri)20:42 [編集]


Re: はじめまして

ノルウェー在住ジジ さま

コメントありがとうございます。この国は戦争での被害がないので、火事などがなければ古いモノが保存されていることもあるのでしょう。
私も前回は去年Moraというところでのアンティーク市で見て以来でした。状態のいいものを買えばそれを持って日本にいって売れば必ず得をする、とわかってはいるのですが、そういう気にもならず、自分のために年1回だけ買うことにしております。
それではもうしばらくおまちを。

> はじめまして。
> こちらノルウェーでもスウェーデンの「なんでも鑑定団」的な番組を放送していて毎度値段に驚かされています。
> メッセの様子をリンク先から拝見しましたがリサラーション作品が山ほど並んでいて驚きました。
> こちらではあまり見かけることができない(かえって日本のほうが手に入り易いかも)のでうらやましいです。
> 今回ビビッとされた作品、楽しみです。

Maggie Q2000 | URL | 2012-02-19(Sun)01:48 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。