ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

etniska svenskar

数日前に職場にあった無料新聞のMETROの一面に、こちらの首相のラインフェルドさんがツイッターで叩かれた、という記事があったので読んだ。
日本語での説明はこちらのブログ参照。スウェーデン首相の失業率に対する発言

彼の言いたいことはスウェーデンに住んでいる人なら誰でも知っていることである。
失業率が高いとねちねちいわれて切れたのかもしれないが。
ようするに、数字として現れる失業率が高いのは移民系の失業率が高いからであって、普通の働ける年代の普通のスウェーデン人の失業率はそれほど高くない、ということである。

ただ、彼が叩かれたのは、「etniska svenskar」という単語を使ったことである。
これ、Googleで英語に訳すと「ethnic Swedes」となる。
ようするに、北欧の現在スウェーデンという国の土地に元から住んでいた人たち、ということである。

既に移民とその子孫が人口に占める割合が20%に迫る勢いのこの国、単純にスウェーデン人というとそれらみんなを指すのであえてその単語で区別したかったということはわかるのだが、これが格好の餌食となった。

私も適当な言葉が見つからないので、「スウェーデン原人」という言葉を以前自分で作った。

この国は別に海外での植民地経営を頑張ったわけではないので、第二次世界大戦の後もスウェーデンという国の人口のほとんどが「スウェーデン原人」だったのだが、労働力確保の移民(フィンランド、東欧などから)、そして戦争難民の積極的な人道的受け入れなどのため、あっというまに移民の割合が膨れ上がった。ついでに、激甘な配偶者審査とビザ発行と市民権獲得の容易さも指摘しておきたいが。

そして、スウェーデンの労働事情、雇用失業状況を語るにあたって、失業率が高いのは、失業率が高いサブグループがあるから、という当然の指摘すら、言葉の選択を誤るとその言葉だけが叩かれるという異常な事態となった、ということである。

何度も言いますが、私はこの国の政策はこの国の国民が決めることであり、その結果について、傍観しているだけです。

あと100年、200年単位でみると、スウェーデンという国のスウェーデン原人のしめる割合はマイナーなものとなるでしょうね。この国の人口は900万人強で、その15%近くがすでに移民系。さらに今でも移民の申請は殺到。中東アフリカ、そして私が大きく注目しているのは人口13億の中国からの人の移動です。
それもこの国の選択であり、そのような現状に対する意見ですらすでにタブーとなっております。

以前、日本人と話をしていて、この国の移民政策について意見したところ
「何を言っているの?あなたも移民なのよ!」
といわれたことはいつも心に刻み込まれております。

ただ、納税者としては言いたいことは山ほどありますが(笑)

今回の件はツイッターでもりあがったとのこと。
記事をみると、韓国から養子でこの国に来た知られたジャーナリストの女性が気分を害しているのが目に付きました。確かにこの国に養子として小さい頃にきた人たちは、そのエスニックなスウェーデン人グループでもなければ、失業率が高い移民のグループでもないですからね。
他の意見は当たり前のことを言ってるだけと言う印象。
当然、スウェーデン国籍保持者は、移民というバックグラウンドがあろうがスウェーデン原人だろうが、この国では同じだけの権利と義務をもつ、ということです。
だからこそ、安易な市民権発行や国籍を与えることは国の混乱を招くというわけです。

(余談ですが、今日のニュースで移民が多い町で若者達が警察に投石して問題になってました。インタビューでの彼らの行動がたいしたことでない、というようなエスニックなスウェーデン人でない方の意見も酷いものでした。)

しかし、現状でなぜ移民系の人たちの失業率が高いのか、という問題について真摯に議論して解決を探ると言うのがあるべき方向で、首相の真意もそこにあるわけです。

当たり前ですが、雇用側の理屈と、限られた職に適した人材を選ぶ際の選抜方法、そして仕事を求める側の資質、(教育の程度、語学力、競争力、そして社会適応能力)なども関わってくるでしょう。(以前スウェーデン原人にこの問題をふっかけたら、それは移民系が競争力が原人に比べて劣るからだ、というごもっともな意見で終了してしまいました)以前は、競争力どころか名前がスウェーデン原人らしくなかったら履歴書は紙飛行機となってゴミ箱に飛んでいく、というのが常識でしたが、今はどうなんでしょうかね?タクシーに乗っていて、ドライバー(中東系移民)同僚(シリア系移民)そして私(ジャミラ系移民)とでこの話題でもりあがったことがあります。

ひとにぎりの移民が奮起して勉強して高学歴となって社会の上部に進出している、ということは、日本でも同じ状況があるので分かりやすいことだとは思います。しかし、全体としてみるとやはり移民系の失業率の高さはなんとかせねばならないでしょうね。

(更に余談。この問題の中では非常にマイナーな位置しか占めませんが、日本語で語りにくいのは、もちろん、日本からスウェーデンへの移民者(殆どが女性)の就業についての問題もあるからです。これは他のブログの方がふれてますので私は書きません。)






関連記事
スポンサーサイト

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【etniska svenskar】

数日前に職場にあった無料新聞のMETROの一面に、こちらの首相のラインフェルドさんがツイッターで叩かれた、という記事があったので読んだ。日本語での説明はこちらのブログ参照。スウェーデン首相の失業率に対する発言彼の言いたいことはスウェーデンに住んでいる人なら?...

まとめwoネタ速neo 2012-05-22 (Tue) 09:57


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。