ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ミラマーレ城

milamare.jpg
ミラマーレ城

トリエステ駅前からバスに乗る。バスは北西のビーチサイド沿いに走る。1キロ以上にわたって水着のみなさんがみえた。泳げるエリアが広そうだ。
バスの終点でおりて歩くとそこにトリエステ城
この城はWIKIによると
「オーストリア大公で、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の実弟マクシミリアンの元で働いていたカール・ユンケルが、1856年から1860年の間に建てた」お城とのこと。

そして、マクシミリアン1世(1832年7月6日 - 1867年6月19日)は、ハプスブルク=ロートリンゲン家出身のメキシコ皇帝(在位:1864年 - 1867年)。

WIKIによると、1864年にナポレオン3世がオーストリア皇帝の弟であるマクシミリアンを傀儡としてメキシコの帝位に就けた。そして最後は若くして銃殺される。
その彼が3年程度住んでいたお城だが、コンパクトでさらに各部屋も見所があり、入場料6ユーロ以上の価値はあった。内部の写真を撮れないのは残念だったが。

なぜ若きハプスブルク家の皇帝の弟はメキシコに渡ったのか?どんな思いだったのか、という疑問がずっと頭をもたげ、後で検索してみた。帝位につくことに周囲も反対するものもあり、また、最後危険が迫ったときに亡命を勧められたが自らメキシコに残ったとのこと。
美しい海辺の城に住んで人生を過ごすよりも、危険は伴うが新しい場所で皇帝として生きる、ということに魅力を感じてそれを選んだのだろう。それは男としては理解できる。危険が迫った段階でも亡命しなかったことに関してまでは彼の気持ちを推測することは難しいが。

彼の賭けは結果として失敗に終わり、悲劇のメキシコ皇帝として名前を残した。

お城に、ハプスブルク家が支配した領域を示す世界地図があった。ヨーロッパは大雑把に言ってもスペイン、ポルトガル、オランダ、オーストリアからハンガリー、イタリア北部やクロアチアなど、そしてメキシコ、ブラジルのあたりも含まれている。ちなみにウィーンに行くとハプスブルク家の残した遺産で観光が成り立っているようなものである。
サラエボ事件から第一次世界大戦へ、そして敗北でハプスブルク家の中欧支配は終了した。

ヨーロッパでは今なお王室の残る国はいくつか残っている。私はそういった国が好きである。これは好みの問題であるが。スウェーデンもそのひとつである。

トリエステ城にも当時の各国の王様の肖像画が一同に飾られている部屋があり、そこにスウェーデン=ノルウェー王の絵もあった。そういうのを見るのは楽しいものである。

お城を後にして、バスでまた市内に戻った

続く

余談、これを書いている8月18日、涼しいスウェーデンに戻ってきました。
なのでここから写真つきです。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。