ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シカゴカブス 1-9 ワシントンナショナルズ

ワシントンDCに来た理由の2番目、
ワシントンナショナルズの試合を見ることでした。

ユニオンステーションから地下鉄を乗り継いでボールパークへ。

ワシントンナショナルズというチームの存在を知っているは日本ではメジャーリーグベースボールが好きな人くらいでしょうか。それもイチローや黒田選手がいるヤンキースが所属するアメリカンリーグではない方のリーグなので日本で試合が報道されることもないでしょうし。

私は子供のころから野球が好きで、中学と大学で野球をやりました。見るのも好きで、生まれた時からとある日本の球団のファンで今でも応援しております。高校野球も大学野球もプロも生で見たことがあります。
去年の夏、日本に帰ったときも、4球場で5試合の日本の野球の試合を見ました。
その中で自慢なのは、筒香選手のバックスクリーンへの昨季1号ホームランを見たことですが。

メジャーリーグと私の出会いは、ビッグレッドマシンの異名をとるシンシナチレッズの試合を生観戦したときからです。その日、平日午後の試合だったのですが、私の小学校の担任の先生の言葉「勝ち負けの試合の結果なんかどうでもいいから、アメリカの選手の素晴らしいプレーを見てきなさいね。」という言葉がずっと記憶に残っております。
そしてその言葉をそれからの観戦でも守ってきました。

メジャーリーグでは今回新しいヤンキースタジアムとこの日のワシントンの前まで合計7か所のスタジアムで生観戦したことがあります。まあ、本格的に好きな人はもっと沢山まわっていることでしょうけど。今回この翌日のボルチモアで10か所となりましたが。一番雰囲気がよかったのはやはり歴史を感じるシカゴとボストンです。
ちなみにマイナーリーグの観戦も楽しんだことがありますが、これは違う意味での楽しみと言った感じです。そういえばオープン戦もいったなあ。

新しい球場ももちろん魅力があります。ここワシントンもそう。

さっそくオフィシャルショップで帽子と背番号37番TSHIRTSを購入。背番号37番のピッチャー、ストラスバーグは球界を代表する素晴らしい若いピッチャーです。

この日の登板は背番号47番のジオゴンザレス。左の速球投手。

これもネットで買ってたシートは左翼ポール際。
びっくりしたのは、カブスのレフトを守っていたのがなんとアルフォンソソリアーノ
広島カープ、ヤンキース、レンジャースにいたことは知ってたけど2007年からシカゴだったんですね。
この日も4番打者でしたが3打席ノーヒットで最後は代打だされてました。

この試合、ワシントンが6ホームランでカブスを粉砕。カブスは最終回に1ホームランで9-1

日本はちっともホームランが最近でないという記事を見ましたが、残念ですね。
やはりホームランを見ることが、球場で試合を見る大きな楽しみの一つといっていいでしょう。

ボールの軌道を追いかけて、外野手の動きをみて、そしてボールがスタンドイン!ゆっくりグラウンドを走る選手、盛り上がる球場。最高です。

ワシントンは現在首位を走るチームですが、その打撃の破壊力を見せつけられました。優勝候補筆頭といっていいでしょうね。

この試合が終了するころには、私は一塁側のベンチの真上一列目にいたのですが、試合後、小さなバケツに入ったガムを選手がベンチ上の上の屋根に放り投げて子供たちがそれをゲットしてました。そういう私も7こゲット。

そしてそして、ボールも投げたのですがそれが私の目の前にきてなんなくゲット!

うれしいメジャー公式球ゲットとなりました。これが自身2こ目となりました。昔ゲットしたのは実家の部屋の段ボールの中ですが。

やはり野球の球場での生観戦はアメリカ旅行の大きな楽しみであり喜びですな。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。