ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

映画 アベンジャーズ ネタバレあり

デルタ航空でみた映画

ネットでの解説文
「解説、人気シリーズ「アイアンマン」や「キャプテン・アメリカ」「マイティ・ソー」「ハルク」から各ヒーローが集合するアクション大作。自ら開発したパワードスーツをまとったアイアンマンとして戦う、億万長者で天才発明家のトニー・スターク、70年間の眠りから覚めた伝説の戦士キャプテン・アメリカ、神の王の息子で神々の国アスガルドから追放されたソー、怒りにより巨人ハルクに変身する科学者ブルース・バナー、女スパイのブラック・ウィドウ、エリートエージェントで弓の達人ホークアイは、人類史上最大の敵の襲来に備えた「アベンジャーズ」として召集される。それぞれの戦いで心に傷を負っていた彼らは、チームとして戦うことを拒むが……。ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・エバンス、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナーら、これまでの作品で各キャラクターを演じてきた豪華キャストが集結。」

日本よ、これが映画だ

というキャッチコピーが傲慢だ!ということでやりだまにもあがっていた話題作。

私が上の人気シリーズでみたことがあったのはアイアンマンとハルク、なのでそれ以外のヒーローはここが私にとっては初めて、そういう意味では、彼らの背景のストーリーを知らない分はもったいなかったのかもしれない。

なので、ロキとソーの関わるストーリーはよくわかってなかった。

空母がそのまま空を飛ぶ、という実写はなかなか壮観だった。これが落ちそうになったときのアイアンマンの頑張りは素晴らしかった。やはり一番のヒーローはアイアンマンで、しかし格闘に関しての究極の戦力はハルクといったところか。それ以外の方々は局地戦での活躍。しかし、最後の最後では女性も花をもっていったが。

ラストのマンハッタンでの格闘シーン、ちょうどマンハッタンの旅行の帰りだったので面白く見ることが出来た。

このきれいな女優さん、ファンだったよな、だれだったけな?と思っていて検索してスカーレットヨハンソンとしって納得。

というわけで、スター勢揃いアクションものとして、やはり単純に楽しめる娯楽作品だったと思いますよ。

日本の特撮映画製作のみなさんも、昔はゴジラなどでがんばっていたので、これからも行けるはずと思います。

余談ですが、先日、ウルトラセブンの映像、最終回のハイライトをYoutubeでみて感動で涙と鼻水にあふれました。アンヌ隊員最高!

ちなみにアイアンマンの主人公、トニースタークのスタークという単語はスウェーデン語で「強い」という形容詞だが、ドイツ語でも似たような意味である。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。