ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クヴェートリンブルクへ

12月13日木曜日

朝ライプチヒを発ち、クヴェートリンブルクへ

クヴェートリンブルク

知ってる人がいたらきっとユネスコ世界遺産おたく。わたしは知らなかった。ライプチヒとベルリンの間の観光地を探したらヒットした町。
そういう私も、ユネスコ世界遺産、というブランドには弱く、思わず訪ねてしまう。

この町の説明はこんな感じか。WIKIより引用
「ロマネスク街道の秘都と呼ばれている。司教座教会(聖セルヴァティウス教会)、シュロスベルク(城山)、旧市街は1994年に極めて重要な文化財であると評価され、ユネスコ世界文化遺産のリストに登録された。」

まず、駅、笑うくらい酷かった。こちらのブログ参照

私が困ったのは、駅にコインロッカーがなくて、トランクを雪道それも石畳を町中まで引いて歩かねばならなかったこと。町の広場横のインフォメで預かってくれたのでまじで助かった。もし預かってくれなかったら丘の上の城山教会までの道のりはしゃれにならなかっただろう。

で、町は小奇麗で古いいいかんじ。雪の中、タリンやスウェーデン北部の町を思わせる旧市街。そして、ここでも派手さはないが、クリスマスマーケットが賑わっていた。

まずは丘に登り教会と城を見る。そして降りて、ホットワインとご当地マグカップ、ホットドッグ。
さらにシチューを屋台で食べる。その後、2つの教会を訪ね、カフェで一息ついて、5時間の訪問を楽しんだ。

ここからベルリンまで3時間。ライプチヒからも3時間。この町に来るとしたら、私と同様、ライプチヒからベルリンへの途中でいくか(電車は乗り換え必要)、東欧ドライブ旅行でよるか、かな。世界遺産マニアの方々、お忘れなく。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。