ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ベルリン、そしてアーランダにて。

12月14日
ベルリンにて
まず、絵画館Gemäldegalerieへ。ここも2回目

ここでも15世紀の宗教的な絵画から、フェルメール、ルーベンス、レンブラントなどの絵を鑑賞。
今回 Gerard ter Borchの作品、そのサテン生地のスカートの描写にびっくりした。
といっても、彼の作品はドレスデンでも見ているはずなのだが、人間の記憶なんてあやふやなもの。
一回見てもだいたいその絵を説明せよ、といわれても難しい。だから、2回でも3回でも美術館には足を運ぶ意義はある。
やはり、生でみるというのはネットで画像を見たりするよりもはるかにいい。その絵の展示環境も大切だし、至近距離、絵具ののり具合がわかる距離で見るのもいいし、一歩離れる、そして5歩離れる、数m離れる、巨大な絵なら10数m離れる、それぞれで同じ絵でも印象が変わってくる。歴史に残った名画名作を生でみることができる、そういった意味ではヨーロッパに住んでいるということはそれだけでラッキーな事である。

ランチを美術館のカフェでとり、新美術館に行き、その後は楽器博物館へ。こちらの展示も充実していた。

その後、電車でブランデルブルク門へ移動、そこから大通りを歩き、途中、ベンツのディーラー付設のカフェで休憩、そして川沿いまであるきそこにあるクリスマスマーケットを楽しみ、夕食はラーメン。その後アレクサンダー広場のクリスマスマーケットをみて、電車で戻り、スーパーで買い物して、ドイツでの観光終了。

今朝の飛行機でストックホルムへ戻る。空港で荷物が回ってくるまで30分待たされる。酷い空港だ。

この空港の荷物が回るベルトコンベアーの構造もひどい。不必要にも1m強の長さをきつい傾斜で荷物が落されて、それがベルトコンベアーの側壁に叩きつけられる。まるでトランクの耐久性テストである。当然トランクや中身へのダメージはあるだろう。私のトランクも角がいつのまにかへっこんだのだが、この空港でではないかと疑っている。ちなみに、空港従業員の荷物の扱い方、トランクを飛行機から貨車に積むのに無意味に放り投げるのも何度も見た。プロとは呼び難い蛮行であった。

そうそう、アーランダ空港にSL(ストックホルムローカルトラフィック)の電車、ペンデルトーグが12月8日より乗り入れとなった。それにのろうとして定期で自動改札を抜けようとしたらxがでて抜けられない。SLの職員いわく、この改札を抜けるのに75SEK必要だ、と。
「おかしいじゃないですか。SLのバスでMarstaまででてそこから電車に乗り換えるのにはこの定期で追加金なしでOKなのに」
と言ったけど、そう、あちらはOKだけどここで電車をのるには75SEKという返事。同じエリアで別ルートで同じSLをつかってそれだけ金額の差があるというのは全く納得できないし、意味もないんでいつものようにバス、電車乗り継ぎで帰った。ストックホルムは雪だった。やりのこした仕事などが思い浮かび、現実に戻されてちょっと暗い気持ちになったがしゃあない。

旅は楽しかった。ドイツ東部のクリスマスマーケット巡り。まあ、規模と中身の充実さにおいておススメです。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。