ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

彼ひとりだけではない。

今日のメトロも昨日の続報

そのおっさんのところに1か月すんでたペトラさん(仮名)のインタビュー
おっさん、別宅にすんでてペトラさんに貸したものの、夜いすわり、性的なおさそいを持ちかけ、だんだん高圧的になり怖かったとのこと。
「彼がいたら眠ることもできなかったわ」が見出し。

昨日の記事でいろいろな反応がありその一部

「一人の女性が一人の男性のところに住まわせてもらっているのだが、男が裸で歩き回り、性的なもちかけをしてくるようになった。」
「私の大家は、私の10歳の娘が大きくなったら彼女でポルノフィルムをとりたい、なんていうのよ」

てなかんじ。ろくでもないのはあのおっさんだけではないという例。
ちなみに別の女性も部屋を見学にきたときにセクハラされて警察に届け出たとのことです。
いや~初対面の女性によくそんなことできるよねえ。。

ちなみに昨日からの新聞でほかの気になった記事

「こちらの移民向けの学校SFIの生徒数が、2005年から2倍に増えました」

これが何を意味しているか?新規生徒も増えただろうし、卒業できなくて残る生徒も多い、ということが考えられる。もちろん、教育にかかる費用は、本人が負担しないだけで、市が負担している。挙句の果てに、早く卒業したらボーナスというわけのわからないルールができた。

「昨年、ストックホルムで住居侵入で捕まった容疑者の3分の1が18歳未満」

人数まで書いてた。17歳 42人、 16歳 22人、 15歳 18人 14歳 7人。
この国の教育はどうなっているのかな?

「武装した強盗が襲撃を中止」

銃のようなものと斧で武装した二人組が現金輸送車を襲撃しようとして、とちゅうで止めた模様。警察はこの二人を追ってます。

ちなみに、貴金属店、銀行、現金輸送車強盗の記事も日常茶飯事。たまたまいあわせた警察と銃撃戦もこれまたたまにおこります。ストックホルム郊外のモールにいくとそういうとばっちりをいつうけるかわからないので、あまり出歩く気もなくなります。

ほか、とある町の病院が金がないので病棟を閉鎖したり人を減らしたりと今まででもたいがいクオリティーが低かったのにさらに酷いことになり、これに対し看護師らが抗議のデモをしたというテレビとネットのニュースも注目しております。この国は今後ずっとこんな感じの下り坂なんじゃないか、というのが私の予想です。ありときりぎりすのきりぎりすさんにハッピーエンドはちょっと似合わないしね。





関連記事
スポンサーサイト

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

怠ける原因をつくるのはちょっと...

ヨーロッパはみんな社会主義国ですからね。財政大丈夫なのか?という懸念があります。みんな英国病に20年遅れでかかってるんじゃないかって気も。アメリカはアレですが、日本ぐらいがバランス取れててちょうどいいんじゃないかと。

MB Da Kidd | URL | 2013-01-30(Wed)10:16 [編集]


Re: 怠ける原因をつくるのはちょっと...

MBさん

コメントありがとうございます。今後財政は全然大丈夫そうではないです。まあ、ヨーロッパにも下には下がいるのであまり目立たないとは思いますが。若者の失業率も高いし、犯罪もしゃれにならないようなのが起こってるし、どうなることやら、です。

> ヨーロッパはみんな社会主義国ですからね。財政大丈夫なのか?という懸念があります。みんな英国病に20年遅れでかかってるんじゃないかって気も。アメリカはアレですが、日本ぐらいがバランス取れててちょうどいいんじゃないかと。

Maggie Q2000 | URL | 2013-01-31(Thu)06:52 [編集]


新聞のおもしろネタ紹介、ありがとうございます。どの国にもいろんな側面があると思いますけど、スウェーデンに恋している若者をまた最近数名間近で見てしまい、何にも言えず・・・。彼女たち、このブログ読んでるかな〜。読んでも信じてくれるかな〜ってくらい、スウェーデンラブ♡っぽいです。
どの国がいいとか、この国のここが嫌だとか、国を物差しにするのではなく、まずは自分自身はどうか、自分は充実しているか、好きな自分であるか、というところに意識が向くといいんじゃないかなと、その若くて可愛い女の子達の話しを聞きながらぼんやり考えていました。
スウェーデンならではのおもしろ新聞ネタ、今後も楽しみにしています。

よしこん | URL | 2013-01-31(Thu)12:30 [編集]


Re: タイトルなし

よしこんさん

コメントありがとうございます。なぜか最近どの記事も刺激的です。
昔、某国立大学の院生が、スウェーデンが好きなのでスウェーデンで留学したい、なにで留学がいいでしょうね?みたいなことを書いてて、は?まずはやりたいことがあってそれを出来る施設を探すのが筋じゃないの?といつものことながらおせっかいで書いたら、私の中ではなんら問題ない、と言ってました。まあ、いろいろな人がいていろいろな考えがあるもんだ、とその時思いました。
あと、スウェーデンに3,4年学生として滞在しても、こちらで1,2年仕事している人とは見える景色も違うので、スウェーデン素敵!のまま帰国ということも多いと思っております。ま、それはそれでいいんじゃないかと思いますが、こちら永住の人が嫌な点は見て見ぬふりでいい情報だけ流すというのはいかがなもんかなあ、とは思いますが、まあ、それぞれのキャラクターがありますしね。
私はネガティブな情報をかき集めてるわけではなく、スウェーデンでもっとも読まれている新聞のその日の記事を紹介しているだけなんですけどね。

> 新聞のおもしろネタ紹介、ありがとうございます。どの国にもいろんな側面があると思いますけど、スウェーデンに恋している若者をまた最近数名間近で見てしまい、何にも言えず・・・。彼女たち、このブログ読んでるかな〜。読んでも信じてくれるかな〜ってくらい、スウェーデンラブ♡っぽいです。
> どの国がいいとか、この国のここが嫌だとか、国を物差しにするのではなく、まずは自分自身はどうか、自分は充実しているか、好きな自分であるか、というところに意識が向くといいんじゃないかなと、その若くて可愛い女の子達の話しを聞きながらぼんやり考えていました。
> スウェーデンならではのおもしろ新聞ネタ、今後も楽しみにしています。

Maggie Q2000 | URL | 2013-02-01(Fri)06:58 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。