ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スウェーデンサッカーリーグ Brommapojkarna vs Malmo

スウェーデントップリーグ アルスベンスカン 第11節 Brommapojkarna vs Malmo at Grimsta IP

ブロンマポイカルナはブロンマというストックホルムの西のはずれにある町のチーム。
このチームの試合は、以前ストックホルムに住んでいるときに何度か見に行ったことがある。
その時このチームは2部で、一部に上がれそうだったので応援にいっていた。
その後あがったりさがったりで今年はトップリーグ。残念ながら降格候補の一角。
そして、マルメはスウェーデンの強豪。ズラタンがいたチームとしても有名。
今年も優勝候補の一角。この試合もマルメの圧勝が予想された。
このチームの日本語の情報に関しては、こちらのブログが詳しい。
私のブロンマポイカルナの以前の観戦記はこちら。写真の日付は2005年7月10日となっている。月日は流れる。


Grimsta IPへは地下鉄の駅を降りてから歩いて15分くらい。

IMG_8785_convert_20130603011808.jpg

入り口入ってすぐの場所。すでにキックオフ。


IMG_8806_convert_20130603011841.jpg

赤と黒がブロンマポイカルナ、略してBP、水色がマルメ。


IMG_8814_convert_20130603011909.jpg

ほぼ最前列で観戦。以前はいなかったのだが、今回は小規模ながらもサポーターの集団らしき一団がいて、時折声をだしていた。ピッチの反対側にはマルメのサポーターがいたが、今回はどうもこじんまりとしていてあまり激しくなかったという印象。
私は別にどちらを応援していたわけでもないのだが、マルメの攻撃に注目。

そうそう、私は実は昨年の公式戦最終戦、AIK vs Malmoの試合を今は取り壊されたロスンダスタジアムで観戦した。AIKが勝って優勝の望みのあったマルメの野望を粉砕した日。

トップには29番、10番が張っていた。その下に7番のモヒカン。



IMG_8833_convert_20130603011943.jpg

マルメの選手を見渡すと、一人だけ背番号の上に名前を入れてもらえてない選手がいた。この39番の選手。
期待の若手なのだろうととりあえず連写。

IMG_8834_convert_20130603012018.jpg


IMG_8835_convert_20130603012049.jpg

この選手については後で紹介。
彼のプレーはチームの連動性の中でも何の問題もないそつのないものだった。


IMG_8859_convert_20130603012228.jpg

モヒカン君の名前はMagnus Eriksson 今年からマルメでプレー。


IMG_8869_convert_20130603012315.jpg

目の前でコーナーキック。
彼はスウェーデン代表歴もあるスウェーデン人選手。Jiloan Hamad


IMG_8870_convert_20130603012409.jpg

ちなみに応援は、時折、ビエルスカBP(我々はBPを愛する)と声をだしたり、とか、このようにコーナーを蹴るときに大きな声を上げるとか、まあ、普通のおとなしいものであった。子供たちもたくさんいて、配っていた風船で遊んでいた。

IMG_8875_convert_20130603012559.jpg

アフロのマスコット。望遠レンズでとったのでどアップになった。

試合は前半0-1。フリーキックを直接決めた。

ハーフタイムにホットドッグとコーヒー。


IMG_8902_convert_20130603012648.jpg

後半は場所を変えて、またマルメの攻撃がみられる方へ。

しかし、後半早々、カウンターからブロンマポイカルナが得点。1-1となる。

マルメがせめて、ボールを奪ったらそこからカウンターを組み立てていて後半開始後は何度かボールを持ったが、結局この後右サイドから崩されてゴールを決められ1-2、その後も劣勢でとどめの中央からのミドルシュートを決められて1-3の敗戦。まあ、チーム力からいっても妥当な結果と思われた。

そして、この日はここからが楽しかった。

控室からマルメの選手の勝ったぞーという大騒ぎの声が聞こえた。

IMG_8997_convert_20130603012719.jpg

このふたりのイケメンが試合後ずっとみんなの相手をしていた。マルメの彼もBP出身。
子供も大人も寄って行って写真とサイン。私もサインをもらった。


IMG_9024_convert_20130603012750.jpg

選手が控室からバスや車に乗り込むのだがみんな目の前を通った。子供たちが寄って行ってサインをねだる。私もひとりおっさんながら子供の後でサインをもらった。
モヒカン君に、いい試合だったね、と声をかけたら、俺自体はあまりよくなかったんだ、でもまあ勝ったからいいか、といっていた。
はっきりいって、服を着替えたら誰が誰だかわからない。一人の選手に、サインをもらい、番号もよろしく!といったら、ああ、といいながら39と書いた。慣れてないのだろう。そうしてたら、写真右のちょんまげが寄ってきて、彼にインタビューを始めた。その内容で、彼にとってこの試合が、アルスベンスカンリーグのデビュー戦だった、ということを知った。
で、帰って調べたら、なんと17歳。だからマルメの公式サイトでもまだ選手として載ってない。
Erdal Rakipという選手でまだプロ契約をしていない若者。ニュースでは、このままでは海外のクラブにもっていかれる可能性もあると指摘してあった。彼自体はマルメでプレーしたいそうだけどね。

このまま成長して数年後、彼のデビュー戦を見てその時もらったサインがこれだ、と自慢したいものだ。


他、8番、10番、33番の選手や4番の元スウェーデン代表ダニエルのサインももらっていい気分になった。
ストックホルムの他のスタジアムでこれほどマルメの選手が観客に近く接することができる場所はない。AIKもユールゴーデンもヨーテボリマルメをライバルとして敵視しているので馬鹿なサポーターが危険である。その点、こののどかなスタジアムでこんな感じでトップリーグの選手と話したりサインもらったりできて、このBPの試合を見る勝ちはあるな、と思った。ぜひとも残留してほしいものである。

あ、マルメの監督もみたな。でかかった。


IMG_9027_convert_20130603012828.jpg

ほのぼのとしたスウェーデンのストックホルム近郊でのサッカー観戦でした。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。