ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Telia

3月31日が引っ越し当日

3週間前、ネットで探した引っ越し業者に問い合わせ、必要事項を記入して送ったら
はい、予約完了、という返事がきた。

2週間前、その業者から、で、あんたどうするの?きちんと予約しないのならキャンセルするよ、と意味不明のメールが来て、そのおっさんが自ら送ってきた
「はい、予約完了」
のメールを送り返し、どうなっとんのや?と直接電話
すまんすまん、白板みたらなんも書いてなくてな、とか適当なことをぬかして
当日はだいたい昼前にはいくと思う。会社でる前に電話するわ。と。

先週金曜日、昼から確認の電話をかけてもずっと留守電。

そして3月31日

朝8時に電話がなる。
ああ、で、何時に来てくれるんだい?と聞いたら
もうお前のアパートの近くに来ている。とな。。。

昼前でもなければこちらに向かう前の電話もなし。アンビリ。

30日にほぼパッキングはしていたが倉庫に物を取りに行ったりどたばた。

ま、その後は手際よくトラックに荷物を入れて移動、新居にてスムーズに荷物を降ろしてもらう。
料金も時給制だが往復の時間も別にぼられてはない。
まあ、行く途中にガソリンスタンドによって彼らがちんたらホットドッグの朝飯食ったのだが、日本ならその時間は削れというだろうけどね。車の中ではサッカーのネタなどで話をあわせた。

で、この31日の夕方、テレビ見ようかと思ったら、ない。
どこを探しても ない。
業者のオフィスに電話。明日にならないと確認できんと。

で4月1日。引っ越しを実際した兄ちゃんの電話番号が残っていたので電話。
テレビあったかい?
残念ながらあった。今後の対策についてはオフィスと話をしてくれと。
オフィスにメールをしたら、明日持ってくる、と。



新しいアパートにはこちらの電話業者teliaの回線が引かれていて、そこにコンタクトをとってネットとテレビをひかないといけない。一択。3月終わりに中途半端にコンタクトをとったらそれこそ数日だけで1か月分請求されそうだと警戒して、4月1日に初めてネットでの申込み、申し込み画面をどんどん進めた。

何日から回線を使用したいか?との質問に
4月3日
と入れたら、ななんと

「4月15日より前には回線は使用できない」
とキタコレ

回線はすでに設置されていてお金の振込を確認したらそれ用の機材を送ってきてスイッチオンしたらええだけちゃいますの?
なんで引っ越し先でネットとテレビを使い始めるのに2週間またんといけませんの?

いつの時代のどこの後進国ですのここ?

もともとが国営の電話会社のこのふざけたビジネスを展開するtelia.
前のアパートのcomhemではこんなばかなことはなくすんなり回線が使えたのに。まさに、殿様商売。そのままつぶれてしまえといいたい。

スウェーデンよりもっといい加減な国はあるだろうけど、この国は日本人の視点からしたら、まあたいがいですわな、相変わらず。期待はしてないのだがさらにその上(下?)をいってくれる。





関連記事
スポンサーサイト

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。