ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

住宅事情 

スウェーデンの住宅事情
とくに、ストックホルムとその郊外のあたりは最悪である。

他の方のブログを引用すると(http://ljuskarin.blog87.fc2.com/blog-entry-15.html

(引用)
ストックホルムの賃貸住宅事情はかなり悪いです。
外国人や、スウェーデン人でも、若者、またストックホルム出身ではない人は
かなり不利な立場にあります。

正式な賃貸物件は、基本的にストックホルム市の住宅の機関の
登録制になっていて、登録した日から1日1ポイント、というふうに貯まっていき、
多い人から借りる優先順位が与えられる、というシステムです。
このことを「列に並ぶ」と言います。

その正式賃貸物件は、エリアにもよりますが、なんと平均待ち時間が8~12年!
これでは新しく引っ越してきた外国人がかなうわけがありません。

地方だと大丈夫ですが、いくつかの都市、特にストックホルムがひどい状況です。

私も2年ほど前から列に並んでいますが、
ひとつのアパートに対し、「あなたは520人中495番目です」
というような表示が出ると、何のためにこんなことをしているんだろうと
いうばかばかしい気分になります。
50番目くらいだとかなり上の気分になります。
しかしこれはひとつの物件に対しての人数…。

なので、「アンドラハンド」(セカンドハンド)と呼ばれる又貸し物件を借りる
場合がほとんどになります。
これは正式な賃貸物件(ファーストハンド)または購入した物件を持っている一般人が、
又貸しすることです。
住宅事情がこれだけ大変なので、一時的に仕事や留学でストックホルムを離れたり
する程度では解約せず、自分のものとしてとっておくために
一時的に又貸しします。
またその他の個人的な事情で貸し出す場合が多いです。
不動産会社の決まりで基本的には1年以上貸してはいけない
(少し延長は可ですが制限がある)こともあり長い間借りることはできません。
また大家の都合で突然追い出されることもあります。

不動産会社ではないので、貸し手の性格もばらばらで、
貸し借りも個人同士の責任であり、
知り合いではない限り、大家との相性は運といえるかもしれません。

知り合いづての他、ネットでセカンドハンドの広告が色々出ており、
私は今まではネットで見つけた物件がほとんどです。
良い大家もいましたが、ひどい大家もいました。
詐欺も横行しており、私の同僚はお金を騙し取られたあげく
アパートは借りられないというはめになったこともあります。

セカンドハンドといえ、ひとつの物件に何十人、何百人も殺到するため、
かなりの高倍率です。
ネットに載った20分後に電話をかけたら、もう借り手が決まっていたこともありました。
何ヶ月も毎日何時間も探し続け、それでも手に入らないのは
本当に精神に悪いです。
最悪の時は、アパート退去日の5日前にやっと次が見つかったこともありました。
来週住むところが無い、という不安ははかりしれません。
(まあ、最悪は知り合いの家に居候などという手がありますが…)

(引用終わり、というかコピー終わり)

この状況が私がここに来る前から今に至るまでずっと続いている。
そしてシステムが変わる気配もない。
新しい物件たててます、といってるが、状況の改善には程遠い。

ひとりの日本人の方が、こちらに留学先が決まっていたのに、来る直前になっても住むところが決まらずに困っていた。たまたまネットで私が日本人に貸したい人がいるという情報を見て、ほぼ絶体絶命のところで助けたことがある。たまたまである。

最近もこちらの方と結婚された日本人の方から相談を受けたけど、彼らですら見つけることができない。

ちなみに、去年は物件をセカンドハンドで貸し出そうとしてるおっさんが、まさに、エロティークな要求を女性に露骨にしていたということが数日間特集されていた。まあ、こっちのエロおやじが考えそうなことではある。



私が今住んでいる町も輪をかけて悲惨な状況がずーーーーっと続いている。

前回私がこちらに引っ越した時も住むところが見つからず青くなっていた。
まさに、たまたま、日本人の会合でつてを見つけてセカンドハンドで借りることができた。

今回も住むところが見つからず青くなっていたのだが
まさに、たまたま、住むところが見つかった。

この町の大学、入学が決まっている生徒が住むところが見つからないという冗談みたいなことが起こる。
数年前はしばらく敷地内にテントを張ってた。で、大学の学長から、みなさん、新入学の学生が住むところがなくて困ってます。つきましては、お部屋が空いている人は間貸ししてあげてください。という一斉メールが大学職員に送信されていた。

今週からノルウェーからきて一緒に働いている同僚も、住むところが見つからなくて困っている。ホテルも安くなく、結局施設の宿泊部屋にとりあえず泊まるしかない。本当に気の毒である。


まあ、そういうとほほな国も世界の果てにあるんだ、と日本の方は知っておいてもなにも得しない情報ですがどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いやあ。。。。ほんっとうに何にも改善していないのですね。お疲れ様です。いい加減アパートをもっと建設すればよいのに。土地なら有り余っているはずです。

もと隣人 | URL | 2014-04-04(Fri)21:20 [編集]


Re: タイトルなし

もと隣人様

コメントありがとうございます。
日本の不動産と同じようなシステムを導入したらあっさり解決すると思うんですけどね。
解決する気がないのでしょう。
私はなんとかぎりぎりのところで幸運にも乗り切っております。


> いやあ。。。。ほんっとうに何にも改善していないのですね。お疲れ様です。いい加減アパートをもっと建設すればよいのに。土地なら有り余っているはずです。

Maggie Q2000 | URL | 2014-04-05(Sat)00:05 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。