ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

映画 インシテミル 7日間のデス・ゲーム ネタバレあり

インシテミル 7日間のデス・ゲーム すかさず見ました。
何の前情報もなく。原作を読んだ直後に。
日本では2010年公開の作品。まあ、海外にいるとこういうタイムラグはできますわな。

で、ヤフーで今検索したら、評価は5段階の2程度。罵詈雑言のレビューオンパレード笑

で、ネタバレ全開で私の評価というと、

基本的に頭が固いのか原作に忠実に映画も作ってほしい方なので、いきなり登場人物が原作の12人が10人になってる時点で残念。当然ストーリーも原作とは大幅にかわっていた。

綾瀬はるかはよかった。なにがって?それはみたらわかる。

石原さとみはよかった。彼女の演技を見たのってあまり記憶にないんだけど。
殺人の動機はほめられた物ではなかったが、原作にない殺されっぷりとその直前のホラーぶりは悪くなかった。

北王子欣哉の存在感はさすが。原作では若い馬鹿役なんだけどね。

原作では主人公は頼りないけどこんな感じでの感情露出はなかったんだけど、ま、原作のほうがいいかな。

ちなみに一番みたかったのは吊り天井での殺人なので、そのシーンは1回ではあるが満足。

武田真治のマッチョぶりにちょっと驚いた。

ラストの安東の死んだふりにはすっかりだまされたので得した気分。

そう、しょっぱなから驚いたのは、片平なぎさがこの30年間全く姿形が変わってないこと。スチュワーデス物語を思い出したわ(といってもほとんどの人はわからなくなったんだよね。)

で、彼女演じる役柄は原作では最後まで生き延びるキーパーソンなんだけど早々に殺されました、と。

巡回、殺人機械ガード。原作でのイメージとしては地上を動くんだけど天井のレールを動いてた。予算の関係か。
見た目は、もっとなんとかならんのか、という感じ。

レビューでは脚本が中学生のレベルとか色々かかれてました。まあ、ミステリーというよりはホラーという感じでしたね。原作もそんなところがあるけど。メモランダムの蘊蓄部分は削られて小説名だけ書かれてました。

というわけで、私の評価も5段階なら2、5というところでしょうか。

いやー 映画って 本当に いいものですね。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。