ライフ イン スウェーデン

スウェーデンでの日々の雑感、旅行記、サッカー観戦記、などなど。

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

蛇にピアス ネタバレあり

旅先で読んだ一冊

蛇にピアス 金原ひとみ

2004年芥川賞受賞作品 11年熟成させてクロアチアのビーチで読む。ちなみにWalkman SMAPを聴きながら。


アマゾンの評価はまさに酷評オンパレード。
解説で彼女を推した村上龍も分からないと書いてる部分もある。
ま、これ19歳の時に書いたのならやっぱ凄いと思います。彼女の経歴見たらその後も賞とってますが、期待どおりに成長し世にこれといった作品を作っているかと言うとやはり、大成しなかったと結論していいかと思います。
この本でおもしろい表現は幾つかあったのですが、iPhoneでそれ指摘するの面倒なので。

ただ、最後の殺人者は予想させないよううまく書いていたので(伏線張りまくりながらも)そこは評価したいです。
ただ、主人公のその後の行動が?なんですけどね。
そこだけと若さ(当事)で将来性を買って(書きながら虚し)星2、5

今となっては、過去の芥川賞話題作品ツアーの一つとしての価値くらいでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
| このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。